【2020/03】新型MacbookAir&iPadProの変更点や違いを解説【MagicKeyboardが欲しい】

apple-newsアイキャッチ

どうも!Appleの発表を心待ちにしていた もとゆき(@gudaogudao)です!

ついに新製品が発表&発売となりました

今回発表された製品はこちら

  • MacbookAir
  • iPadPro11インチ
  • iPadPro12インチ
  • MagicKeyboard(iPadPro用キーボード)

いや〜秋頃かと思ってたんですが、リーク通り3月での発表&発売となりましたね!

 

MacbookAirは発売・iPadProは3/25発売・MagicKeyboardは5月頃発売となりました

今回はこの4つの新製品の旧型との違いや変更点、購入すべきか否かも含めてまとめていきます!

ちなみにこっそりとMac miniもSSD容量が増えました

新型MacbookAirの旧型との変更点・違い

MacbookAir
Apple公式より

まずは新型MacbookAirの旧型との変更点や違い確認していきましょう

新型旧型
CPU(プロセッサ)第10世代Intel
1.1GHzデュアルコア Corei3
第8世代Intel
1.6GHzデュアルコア Corei5
ストレージ256GB〜2TB SSD128GB〜1TB SSD
メモリ8GB or 16GB (LPDDR4X)8GB or 16GB (LPDDR3)
外部出力最大出力:6Kディスプレイ最大出力:5Kディスプレイ
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.2
オーディオDolbyAtoms
指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ

順番に解説していきます

 

CPU(プロセッサ)

CPUは第8世代から代わり、第10世代が採用されています

仕様上は1.6GHzから1.1GHzに下がって見えますが、2世代新しいコアになったことで実際の処理速度はおよそ2倍に引き上がっているとのこと

Turbo Boost使用時の最大周波数も3.2GHzとほぼ同じなので、高負荷な処理でも安心して使えそうです

 

またCTOでCPUスペックを上げると最大Corei7に変えることもできます

こちらはなんと4コアCPUになるので圧倒的な性能向上が見込まれます

もはや『Air』の名前が相応しくないほど、過去の『Pro』並の性能になってきましたね

 

ちなみにCPUのカスタマイズに関してはこちらの記事にまとめています

ご興味のある方はぜひどうぞ

【2020年】 MacbookのPro以外はCPUのカスタマイズ不要【Airは標準でOK】

MacbookのPro以外はCPUのカスタマイズ不要【Airは標準でOK】アイキャッチ

【2020年】 MacbookのPro以外はCPUのカスタマイズ不要【Airは標準でOK】

 

ストレージ

SSD容量は最低スペックが128GBから256GBに増量

最大容量も1TBから2TBに増えました

個人的にはシステムバージョンアップなどを考えれば256GBは欲しいところなので、最低スペックを256GBにしたのは高評価

 

メモリ

メモリの搭載量は変わりませんが、規格が変わっています

これにより応答速度、効率の向上につながっている可能性が高い

 

ちなみにメモリの搭載量に関してはこちらの記事にまとめています

ご興味のある方はぜひどうぞ

MacbookAirのメモリ増設は不要【8GBでOK】

MacbookAirのメモリ増設は不要【8GBでOK】アイキャッチ

MacbookAirのメモリ増設は不要【8GBでOK】

 

外部出力

MacbookAir
Apple公式より

最大5Kディスプレイの出力が可能でしたが、6Kディスプレイの出力が可能になりました

ほとんどの人は6Kディスプレイなんて持ってないし、わりとどうでも良いアップグレードかなとは思いますが、デザイナーなど嬉しい人には嬉しいかもですね

 

Bluetooth

バージョンが4.2から5.0に上がっています

省エネ性能は上がっているので素直に嬉しいですよね!

 

オーディオ

MacbookAir
Apple公式より

DolbyAtomsに対応したことで、映画やドラマ(AppleTV+)をさらに迫力満点で楽しめそうです

また『指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ』を搭載したのは、おそらく集音性の向上をはかっているのかと

 

静かな環境なら外部マイクスピーカーやイヤホンマイク無しでもWeb会議したり、youtube用の動画作成したりを高いクオリティでできるかもですね

今後のテレワークや動画市場の伸びを考えての搭載なのかも!

 

スポンサーリンク

新型MacbookAirは買い?

MacbookAir
Apple公式より

上記で新型MacbookAirの旧型からの変更点や違いをまとめてきました

感想としては『順当に進化したな』というイメージ

プロセッサやメモリ規格など、基礎的なハードウェアスペックを底上げしたおかげで、より快適に動作できるようなアップグレードですね!

 

また価格も安くなっています

基本スペック:104,800円(税別)

性能向上し、容量アップし、価格も安くなっているのは好印象

カラーバリエーションも変わらず3色から選ぶことができます

  • シルバー
  • スペースグレー
  • ゴールド

 

とはいえ旧型(現行販売)のMacbookAirを使っている人は入れ替えの必要はないかな、というのが正直なところ

性能向上したとはいえ、そこまで大きなものではありませんし、MacbookAirでできることは限られます

また旧式Airの範疇を超えるような動画編集や高度な画像編集など負荷の高い処理をするならMacbookProを購入したほうが良さそう

 

ということで新型MacbookAirは良い製品だけど、最近の機器を持っている人は入れ替えする必要は無しです!

 

スポンサーリンク

新型iPadProの旧型との変更点・違い

iPadPro
Apple公式より

続いて新型iPadProの旧型との違いや変更点を見ていきましょう

新型旧型
CPU(プロセッサ)A12Z BionicA12X Bionic
ストレージ128GB〜1TB SSD64GB〜1TB SSD
重量(WiFi・Cellular)11インチ:473g
12.9インチ:643g
11インチ:468g
12.9インチ:633g
カメラ12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
WiFiWiFi6WiFi5
LiDARスキャナ×

順番に解説していきます

 

CPU

順当進化でいえば『A13X Bionic』や『A14』になるかと思わせて、まさかの『A12Z』 Bionicプロセッサ

Aシリーズプロセッサとしては初めての『z』のついたCPUです

A12Xでは7コアだったGPUコアが8コアになったよ!

 

ただ公式HPや発表を見ている限りだと性能の向上幅は小さそう

なにせ『A12』が元になっていますからね、まぁA12Xで十分すぎる性能だったわけですが

 

ストレージ

ストレージの最小サイズが64GBから128GBに変更になりました!

正直iPadProを買う人で64GBを選ぶ人は限りなく少ないと思うので英断でしょう

ストレージは増えても価格は安くなっているところはすごい!

 

重量

iPadPro
Apple公式より

重量はわずかに増えてます、5〜10gほど

ほとんど誤差だから良いんですけど

 

カメラ

iPadProカメラ
Apple公式より

ついにiPhone11シリーズと同様に広角レンズと超広角レンズのダブルになりました

iPadで写真や動画を撮る人にはうれしいですね

ちなみにマイク性能も向上しているとのことで、本気でiPad一台で映画や動画を撮影できる環境を整えようとしているのかもですね

 

WiFi

新型iPadProはついにWiFi6に対応しました

WiFi6では光回線を超える最大1.2GHzの通信ができますから、進化の凄みを感じます

ちなみに新型MacbookAirはWiFi5止まりなので、iPadProの方が一歩進んでますね

 

WiFI6について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ

WiFi6とは何?他の無線ルーター・メッシュWiFiとの違いを解説

wifi6解説記事アイキャッチ

WiFi6とは何?WIFi5やメッシュWiFiとの違いを解説

 

LiDARスキャナ

LiDAR
Apple公式より

来るくると噂されていましたが本当に来ました『LiDARスキャナ』

LiDARスキャナとは『Light Detection and Ranging』の略

最大5メートル先から反射した光を計測し、精密に空間把握する技術

自動運転などの分野に欠かせない技術となっている

Appleの想定している主な用途はAR

カメラで写した環境にバーチャルの物体やキャラクターを投影します

iPadPro
Apple公式より

ゲームや家具の配置などに活躍しそうです

 

個人的にはこのスキャン機能で部屋の測量→3D図面の作成までできれば最高だな〜と思ってます

今後に期待!

 

スポンサーリンク

新型iPadProは買い?

iPadProのFacetime
Apple公式より

上記で新型iPadProの旧型からの変更点や違いをまとめてきました

こちらも順当進化ですが、CPUの性能向上幅が小さかったことは意外でした

せっかくだからA13を改良すれば良かったのにな

 

もちろん製品としては『ほとんどのノートパソコンよりも高速』と謳うだけあって圧倒的な処理速度と高機能・高付加価値

ですが旧型(11インチなら第1世代)からの入れ替えが必要かといえば、違いは小さいのでそこまでではないかも、、、

どうしてもLiDARが欲しい人以外は個人的には入れ替えする必要はありません!というのが結論

 

ただ後述しますが、ただでさえノートパソコン不要になりつつあったのにMagic Keyboardの登場でマジでノートパソコン不要になりました

今iPadを持っていない人やiPadAirやノーマルiPadを使っている人から見たらマジで価値観変わるほどの性能・ユーザー体験ができると思うのでMagic Keyboardとセットの購入がオススメ!

 

スポンサーリンク

MagicKeyboard(iPadPro用キーボード)の登場でついにパソコン不要に

MagicKeyboard
Apple公式より

今回の発表の最大の目玉がMagicKeyboardの登場です!

MagicKeyboardとはiPadPro向けの『トラックパッド』を搭載したキーボード&ケース

iPadOSの登場でiPadでマウスが使えるようになったりと、ノートパソコン化は進行していました

とはいえ手軽に持ち運べるのがiPadの良いところなのにマウス持ち運びはナンセンスだな

ですのでトラックパッドさえ内蔵されたら名実ともに『ノートパソコン』に君臨できたわけです

 

そこで今回ついにキーボード兼ケースにトラックパッドがつきました!

MagicKeyboard
Apple公式より

これによりノートパソコンと同じ状態が実現し、むしろノートパソコンよりも高性能なこと・用途が幅広いことを考えると『もうノートパソコンいらないよね?』

というか世の中の80%くらいの人はノートパソコンからiPadProに乗り換えた方が良いレベル

 

MagicKeyboardの特徴がこちら

  • 1mmのシザー構造による反応のよいタイピング
  • 内蔵のトラックパッド
  • フローティングカンチレバーによるディスプレイの角度調整
  • パススルー充電できるUSB-Cポート
  • 折りたたむとiPadケース(カバー)になる

トラックパッドはもちろん、ディスプレイの角度調整やパススルー充電できるUSB-Cポートはアツい

MagicKeyboard
Apple公式より

これでハブとか無しで、充電しながら外部モニターに出力・一眼レフカメラに接続、とかできるようになりましたね!

マジでパソコン、持ち運びのガジェットが減って嬉しい

 

そして上手いのがMagicKeyboardは『オプション』という位置づけ

iPadProをクリエイティブ用途で使うだけなキーボードなんていらない

でもあくまで『オプション』なので必要に応じて『ノートパソコン化』できるのがユーザービリティをあげてますよね

 

ある意味Surfaceに近づいたなとは思いますが、Surface(Windows)はノートパソコンとしては優秀ですがタブレットとしてはイマイチ

iPadProはiPadOSの登場で苦手だった『パソコンライクな使い方』も克服し、ついにハードウェアの面でもパソコンに近づいたことで『タブレットでもあり、ノートパソコンにもなれる』最強のデバイスに生まれ変わりました!
MagicKeyboard
Apple公式より

MagicKeyboardは前世代のiPadProシリーズにも対応しているので、今iPadProを使っている人はいますぐSmartKeyboardFolioを窓から捨てて、買いなおしにいくべきレベル

※ただし発売は5月

私も予約待ちですw

 

ちなみにiPadはノートパソコン化しなくていいよ!って人はそもそもiPadProが必要ない可能性もあります

心当たりのある方はこちらをどうぞ

iPad Proをほとんどの人がいらない理由【3つある】

iPad Proをほとんどの人がいらない理由【3つある】アイキャッチ

iPad Proをほとんどの人がいらない理由【3つある】

 

スポンサーリンク

新型MacbookAir&iPadProの変更点や違いまとめ

iPadPro
Apple公式より

先日iPadProを買ったものとしては買い替えがほとんど必要ないレベルで喜ぶべきなのか、進化の小ささを悲しむべきなのかはわかりません

が、Appleの発表はいつもワクワクさせられますね!

そして今回はなによりもMagicKeyboardの発表と内容にめちゃくちゃ興奮しました!

ついにこれでMacbookは無しでも生活できるかも、、、そんな予感あふれるデバイスの登場ですね

 

ちなみにまだ前機種をお持ちでない人はMacbookAirもiPadProも前機種を購入するのも一つの選択肢かなと思ったりします

毎度のことながら性能の向上はそれなりの用途で使う人しか体感で感じることはできないし、比べないとわからないレベル(用途によっては体感も変わらない)

 

iPadProでいえばLiADRがいるか、カメラも超広角がいるか、WiFi6がいるか、それくらいで決めても問題なし

上記の件くらいしか違いはないから予算的に厳しい方は前機種購入もアリです!

 

そもそもiPadProが良いか、iPadAirが良いかなど、どんなiPadが欲しいか悩んでいる人はこちらの記事を参考にどうぞ

iPadの選び方を解説【完全版】Air・mini・Proどれを買えばいいの?

iPad-choices-eye-catching

iPadの選び方を解説【完全版】Air・mini・Proどれを買えばいいの?

 

ただiPadに関しては今回最大のハイライトMagicKeyboardは既存のSmartKeyboardFolioから速攻で買い換えるべきレベルなのでしっかりと準備していきましょうね!

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です