WiFi6とは何?WIFi5やメッシュWiFiとの違いを解説

wifi6解説記事アイキャッチ

どうも!WiFiジャンキーのもとゆき(@gudaogudao)です

WiFi6って何?
WiFi6は通信が爆速になるWiFiの新しい規格のことだよ!

最近話題の『WiFi6とは何か』を解説していきます

4K動画のストリーミングもサクサクだし、たくさんのスマホやタブレットを接続しても速度は落ちにくいですよ!

WiFi6とは何?

WiFi

『WiFi』とは『無線通信規格』の1つで正式名称は『IEEE802.11』と言います

今まではWiFiの世代ごとの定義は『IEEE802.11n』や『IEEE802.11ac』と表記されていました

末尾の『n』とか『ac』が世代を表していました

この世代の表記はぶっちゃけわかりにくかったので、昨今では改めて規格の名前をナンバリング化されることになりました

旧規格新規格
IEEE802.11nWiFi4
IEEE802.11acWiFi5
IEEE802.11axWiFi6

そして最新のWiFi規格が『IEEE802.11ax』と定義付けされていましたが、上記のナンバリング方式に変更されたことで『WiFi6』に変更になりました

つまりWiFi6とはWiFIの最新規格のことだよ!

それでは従来のWiFiとWiFi6との違いを解説していきますね

 

スポンサーリンク

WiFi6とWiFi5・4との違い

WiFi

従来のWiFi5や4とWiFi6との大きな違いは速度(スピード)

他にもいくつか違いがあるので順番に解説していきます

 

スピードの違い

WiFi-通信速度チェック

WiFi6ではかなり高速な通信を可能にしています

旧規格新規格最大通信速度
IEEE802.11nWiFi4300Mbps
IEEE802.11acWiFi56.93Gbps
IEEE802.11axWiFi69.6Gbps

WiFi4からWiFi5への進化も凄まじいですが、WiFi6では最大通信速度も10Gbpsに迫りました

また実測に近い実効スループットでは1Gbps以上とほぼ光回線級です

WiFi5から比べても圧倒的に早いから4K動画の再生もサクサクだよ

 

2.4GHz帯に対応

WiFi
WiFi4からWiFi5への進化に比べるとインパクト薄くない?
WiFi6がすごいのは『2.4GHz』にも対応したところだよ!
詳しく解説していくね!

WiFi5では高速通信を行うためには5.0GHz帯の周波数を使うしかありませんでした

しかし5.0GHzにはメリットもあるけどデメリットも、、、

2.4GHz5.0GHz
メリット
  • 遠くまで届きやすい
  • 遮断物に強い
    (壁や天井など)
  • WiFi対応デバイスの
    ほぼ全てに対応
  • 電波干渉に強い
  • 2.4GHzより通信速度が速い
デメリット
  • 電波干渉に弱い
  • 5GHzより通信速度が遅い
  • 遮断物に弱い
    (壁や天井など)
  • WiFi対応デバイスでも
    対応していないものがある

上記の通りで5.0GHzは障害物に弱い特性があったので屋内など壁の多いところでは不向きでした

ただWiFi5は5.0GHzにしか対応していなかったので環境によってはWiFi5を使えずに、速度の遅いWiFi4を使うしかないところもしばしば、、、

しかしWiFi6からは5.0GHzだけではなく2.4GHzにも対応しました!

2.4GHzに対応したことで幅広い機器や環境で高速な通信を楽しめるようになったよ

 

MU-MIMOに対応

WiFi

WiFi6ではアンテナ周りも進化しています

その1つが『MU-MIMO』

WiFi4では『MIMO』という規格を採用していました

MIMO:送信側と受信側の複数のアンテナでデータを通信する

このMIMOの採用によりデータ通信は圧倒的に早くなりましたが、それを進化させたのは『MU-MIMO』です

MU-MIMOの『MU』はマルチユーザーの意味

MU-MIMO:MIMOの進化版・複数のデバイスとの同時接続が可能

1つの無線ルーターに複数のデバイスが同時にアクセスするとMIMOの場合は順番に処理していきますが、MU-MIMOの場合はアンテナの数だけ同時に処理していきます

これにより通信速度だけではなく、実際につかった時の接続時間などが圧倒的に高速になったのがWiFi6の特徴です

 

スポンサーリンク

WiFi6とメッシュWiFiとの違い

WiFi

WiFi6以外にも最近流行りのWiFiに『メッシュWiFi』があるのはご存知ですか?

WiFi6とは前述したように『WiFiの規格』のこと

対してメッシュWiFiというのは『ネットワークの形』のことを指しています

meshWiFi

メッシュWiFiとは一般的なWiFiのようにアクセスエリアを増やす時に中継機を親機と子機のような関係性ではなく、同じSSIDやパスワードをもったクローンを増やしていくようなイメージのWiFiです

つまり『網目状に張り巡らせたWiFi』のことを『メッシュWiFi』といいます

中継器とは異なり、設定も簡単にアクセスエリアを増やし、しかも安定した通信を可能にします

WiFi環境を新しく構築したり、改修したりする人には絶対おすすめです

メッシュWiFiについて詳しくは別の記事で解説してるよ

【完全解説】メッシュWiFiのメリット・デメリットを解説!向いてる人や向かない人・部屋などもまとめました

メッシュWiFiのメリット・デメリットまとめ記事アイキャッチ

【完全解説】メッシュWiFiのメリット・デメリットを解説!向いてる人や向かない人・部屋などもまとめました

 

メッシュWIFiの良さはわかったけどWiFi6対応のメッシュWiFiはあるの?
WiFi6に対応したメッシュWiFiも発売してるよ!

WiFi6に対応したメッシュWiFiルーターがこちらの【AX1800 Deco X20

価格も手頃なのに最先端の高速通信を簡単に手に入れれるので対応デバイスをお持ちの人には間違いなくオススメ!

iPhone11やiPadProなどに対応しています

ちなみに【AX1800 Deco X20】のレビューも書いているのでよかったらご覧ください

【TP-Link DecoX20 レビュー】WiFi6に対応したメッシュWiFiルーター【AX1800】

【TP-Link DecoX20 レビュー】WiFi6に対応したメッシュWiFiルーター【AX1800】

 

スポンサーリンク

WiFi6がおすすめな人・おすすめ出来ない人

PC

WiFi6は高速で通信できるのですぐに買うべき!というわけではなかったりします

ということでWiFi6がおすすめな人をまとめました

  • 対応デバイスを持っている
  • 通信測度は早ければ早いだけ良い
  • WiFiで4K動画をストリーミングしたりオンラインゲームしたい

対応デバイスはまだ少なくiPhoneだと11シリーズ以降が対象です

ルーターだけ高速にしても恩恵は受けにくいので自分の持っているデバイスが対応しているのかどうかは確認しておきましょう

Macbook

PC関係ではSurfaceシリーズなどは全商品対応しつつあるので、お持ちの方はぜひどうぞ!

 

ちなみにおすすめ出来ない人はこんな人です

  • 通信速度にこだわらない
  • 対応デバイスを持っていない

早いとは言いながらもほとんどの人にはまだまだWiFi5を使えれば十分だったりします(1000Mbps以上出るので)

そして対応デバイスを持っていないと意味がないので今後のことを考えてWiFi6ルーターにするなど、明確な理由がない場合はWiFi5以前の製品でもOKですよ

 

スポンサーリンク

WiFi6は今後のスタンダード

iPhoneとキーボード

WiFi6に関してまとめてきました

まだまだ対応機器は少ないですが、WiFi6は今後のスタンダードになることは間違いありません

5Gの始まりとともにモバイル通信環境は早くなる一方ですが、WiFi6はさらに速いです

対応デバイスにあわせて快適なWiFIライフをぜひどうぞ!

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です