【激安】Amazon5日間のビックセール開催中【27日〜】

【無線LANルーターの選び方】5つのポイントで解説【おすすめWiFiも紹介】

どうも!WiFiにこだわるもとゆき(@gudaogudao)です。

  • 無線LANルーターって種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない
  • 無線LANルーターが欲しいけど何から選べばいいのかな?
  • 無線LANルーターの選び方・注意すべき点ってある?
種類も多いし何を選べばいいかわからないよね、この記事では無線LANルーターの選び方やポイント・注意点を解説していくね!

多すぎる無線LANルーターや多機能すぎて何を基準にWiFiを選べば良いのかわからない、、、

そんな方に向けて『無線LANルーターの選び方』を解説しました!

この記事を読めば無線LANルーターの全てがわかりますよ!

無線LANルーターの選び方を解説【おすすめWiFiルーターも紹介】

wifi

無線LANルーターの選び方に付いて解説していきます。

まず大事なことが2つ

  1. どこに無線LANルーターを置くのか
  2. どこまで電波(WiFi)届けるのか

上記の2点です

 

無線LANルーターは機械によって電波の届く距離や、電波の強度が異なります。

そのため無線LANルーターをどこに置くのか、どの部屋で使いたいのか、そこまで届くか、も検討しておく必要があります

製品によっては『3LDK用』などと書いてあるので1つの目安にしてね
Buffalo

下記では無線LANルーター選びのポイントを解説していきますが、置き場所なども電波の強度は頭に入れておいた方がよいですね

ちなみに後述しますが、広い家や事務所などでどの部屋でもWiFiを接続したい時は『メッシュWiFi』がオススメです。

メッシュWifiルーターとは何?中継機との違いや仕組みやおすすめを解説!

メッシュWiFi仕組みと中継器との違いを解説記事アイキャッチ

メッシュWiFiルーターとは?中継器との違いや仕組みを解説!

 

スポンサーリンク

【無線LANルーターの選び方】5つのポイント

wifi

無線LANルーターの選び方をポイントにわけて解説していきます。

それがこちら

  • 2.4GHzか5GHzか
  • 通信規格
  • ビームフォーミング
  • アンテナ数
  • WiFi6対応にするかどうか

順番に解説していきます

 

2.4GHzか5GHzか

どちらも対応しているのがベストですが、無線LANには2.4GHzと5.0GHzの2つの周波数帯があります

違いはこちらです

2.4GHz5.0GHz
メリット
  • 遠くまで届きやすい
  • 遮断物に強い
    (壁や天井など)
  • WiFi対応デバイスの
    ほぼ全てに対応
  • 電波干渉に強い
  • 2.4GHzより通信速度が速い
デメリット
  • 電波干渉に弱い
  • 5GHzより通信速度が遅い
  • 遮断物に弱い
    (壁や天井など)
  • WiFi対応デバイスでも
    対応していないものがある
2.4GHzでは壁や天井などの遮蔽物に強く、電波も遮蔽物を回り込むので遠くまで電波は届きやすい

Wifi対応機器として販売しているものほぼ全てが2.4GHzに対応しているので、『使えない!』ということが少ないのも特徴です

ただし電子レンジや冷蔵庫といった生活家電の電波干渉に弱いのがデメリット

そのため冷蔵庫の近くに無線LANルーターを設置したり、電子レンジを使用するとつながったりつながらなくなったりする可能性があります

 

5GHzは電波干渉に強いのが特徴

しかも遮蔽物が無いと2.4GHzよりも遠くまで電波が飛びます

 

また通信速度がめちゃくちゃ速いのが最大のメリット

2.4Ghz製品では一般的なものだと300Mbps程度の速度が主流

ですが5.0GHzの場合は1000Mbps以上の通信が可能です。

速いものだと4803Mbpsの通信も可能です

電波干渉に強く、速度が速いというのが最大のメリットだよ!

 

ただしデメリットもあります

5.0GHzは遮蔽物(壁や天井など)に弱く、2.4GHzよりも実環境だと電波が飛びにくい

また対応していない機器もあるということ注意が必要です

とはいえ最近のスマホやタブレットであればまず対応していないことはないのでご安心を

 

通信規格

WiFiには通信規格があるのはご存知ですか?

『IEEE802.11ac』という呪文のようなものが通信規格です

一覧にしてみました

IEEE802.11nWi-Fi4
IEEE802.11acWi-Fi5
IEEE802.11axWi-Fi6

以前までは『IEEE802.11ac』みたいなややこしい名前でしたが、最近は『Wi-Fi5』のようなシンプルな名前に変更されています。

現状最速の規格が『Wi-Fi6』だよ!

通信機器によっては『Wi-Fi4(802.11n)』にしか対応していないということもありますし、『Wi-Fi6(802.11ax)』にも対応している場合もあります

ご自身のデバイスに合わせて選択していきましょう

 

『Wi-Fi5』以上で800Mbps以上のものがおすすめです

今後の主流になる『Wi-Fi6』に関しては詳細はこちらをご覧ください

WiFi6とは何?他の無線ルーター・メッシュWiFiとの違いを解説

wifi6解説記事アイキャッチ

WiFi6とは何?WIFi5やメッシュWiFiとの違いを解説

 

ビームフォーミング

『ビームフォーミング』とは無線LANルーターが接続するデバイス(例:iPhone)に対して、最適な電波を届けたり、速度を向上させる技術

遠く離れた場所にいても電波を集中して飛ばしてくれるので、今までよりも遠くの部屋にも電波が届きやすいです

『Wi-Fi5(802.11ac)』以降の機種のみ対応しています

子機側ではiPhone6以降であれば対応しており、AndroidスマホではGalaxyS7以降で対応しています

 

アンテナ数

無線LANルーターには必ずアンテナがあります

外付けのものはわかりやすいですが、一見アンテナが見えないタイプも本体の中にアンテナを内蔵しています

このアンテナの数を用いてWi-Fi4から搭載した『MIMO』やWi-Fi5の『MU-MIMO』によって複数のデバイスとの通信を高速化しています

MIMOやMU-MIMOに対応したWiFiルーターなら複数デバイスの接続でも安心!

アンテナが外付けのタイプは向きを変えることで、特定の方向の電波を強くすることも出来るので家や部屋の形によって好きにカスタマイズできるのでオススメです

 

Wi-Fi6対応にするかどうか

先ほども少し触れましたが、今後主流になってくる通信規格は『Wi-Fi6』です

WiFi6とはWiFiの次世代規格

最大で9.6Gbpsの通信速度で圧倒的に早い通信を楽しむことができる

ただし現在は対応端末は比較的少なめ、ですが今後発売される製品の多くはWi-Fi6に対応し主流になります。

 

 

iPhoneだとiPhone11以降が対応端末になります

対応端末をお持ちの人は異次元の通信速度を楽しめるWi-Fi6がオススメだよ

ちなみにWiFiではWiFi6対応機の場合はWiFi5以下の全ての通信規格に対応しています

また接続は対応している規格の最新のものがマッチングされるので、現在WiFi6対応デバイスを持ってなくてもルーターだけ変えるのもアリですよ!

 

『Wi-Fi6』に関しては詳細はこちらをご覧ください

WiFi6とは何?他の無線ルーター・メッシュWiFiとの違いを解説

wifi6解説記事アイキャッチ

WiFi6とは何?WIFi5やメッシュWiFiとの違いを解説

 

スポンサーリンク

広い家・エリアで無線LANルーターを選ぶならメッシュWiFiがおすすめ!

meshwifi

広い家やエリアで無線LANルーターを使うなら『メッシュWiFi』がオススメです

メッシュWiFiというのは今までの親機と中継機でWiFiのエリアを広げていくのではなく、親機の『クローン』を配置していくことで手軽にWiFiのエリアを広げる無線LANルーターです

網目状にWiFiを張り巡らせていくので『メッシュ』WiFiといいます

メッシュWiFiルーター同士は無線で接続されるので、設置もめちゃくちゃ簡単です

家中のWiFiが圧倒的に安定するのでおすすめ!

 

詳しくは下記記事にて解説しています

メッシュWiFiルーターについて詳しくはこちら

メッシュWifiルーターとは何?中継機との違いや仕組みやおすすめを解説!

メッシュWiFiルーターのオススメはこちら

メッシュWifiルーターのおすすめ3選!徹底比較していきます!

 

スポンサーリンク

おすすめの無線LANルーター3選

iPhone

シーンごとに合わせてオススメな無線LANルーターを紹介していきます

メッシュWiFiについては別の記事でオススメをまとめていますのでそちらをご覧ください

メッシュWifiルーターのおすすめ3選!徹底比較していきます!

メッシュWiFiおすすめ3選紹介記事アイキャッチ【TP-Link】

【徹底比較】メッシュWiFiルーターのおすすめ3選!価格・通信速度・トライバンド・WiFi6対応など機能面も比べたよ!【2020年最新版】

 

一人暮らしで使うのにおすすめな無線LANルーター

一人暮らしで使うならBuffaloの『WSR-1166DHPL』がおすすめです

特徴はこちら

  • 2.4GHzと5.0GHzに対応
  • Wi-Fi5に対応(866Mbps)
  • ビームフォーミング対応
  • MU-MIMO対応

WSR-1166DHPLは一人暮らしで価格も安く、Wi-Fi5に対応した速度の速い無線LANルーターが欲しい人にはオススメです

 

一軒家やマンションで家族で使うのにおすすめな無線LANルーター

一軒家やマンションで家族で使うのにオススメな無線LANルーターは『WXR-1900DHP3

特徴はこちら

  • 2.4GHzと5.0GHzに対応
  • Wi-Fi5に対応(1300Mbps)
  • ビームフォーミング対応
  • MIMO対応
  • 干渉波自動回避機能
  • アドバンスドQoS

WXR-1900DHP3も価格は控えめですが通信速度も早く、アンテナも外付けのため部屋や家の形に応じて電波の向きを変えられるのでオススメです

また電波干渉を自動で回避してくれる機能や通信の有線順位をつけて混雑が発生しないようにしてくれる『アドバンスドQoS』など様々な機能に対応しています

 

WiFi6に対応した高速通信が可能でおすすめな無線LANルーター

WiFi6に対応した高速通信が楽しめる無線LANルーターが欲しいならTPLinkの『AX6000

特徴はこちら

  • 2.4GHzと5.0GHzに対応
  • Wi-Fi6に対応(4804Mbps)
  • ビームフォーミング対応
  • MU-MIMO対応
  • アドバンスドQoS
  • バンドステアリング
  • ウィルスセキュリティソフト搭載

AX6000』の最大通信速度はなんと4804Mbps(5GHz)

ずば抜けています

しかもトレンドマイクロのウィルスセキュリティソフトも搭載しているのでアンチウィルス対策もばっちりです

もちろん基本性能もずば抜けて高いので高速通信を楽しみたい人にはオススメです!

 

スポンサーリンク

無線LANルーターをAmazonで買うならギフト券で得をしよう!

Amazon-Gift

無線LANルーターをAmazonで購入するならギフト券の利用をオススメします。

Amazonギフト券の購入で最大2.5%のポイントをゲット!

しかも初回チャージなら1000円分のキャッシュバック付き!

詳しくは知りたい方はこちらをどうぞ!

Amazonギフト券とは?Amazonで買い物するなら最大ポイント2.5%還元!初回チャージで1000円分のポイントも!

\\\詳細・チャージはこちらから///

キャンペーンは終了する可能性があるのでお早めに

 

スポンサーリンク

まとめ:無線LANルーター選びはポイントを押さえて選ぼう!

以上で無線LANルーターの選び方についてのまとめは終わりです

機能や通信速度はもちろん、用途によって選ぶべき無線LANルーターは変わります

自分の用途に合わせて適切な無線LANルーターをしっかりポイントを押さえて選んでいきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です