【新型】iPhone12って買うべき?各モデルの違いは?iPhone11など旧モデルと比較【mini Pro ProMax】

どうも!iPhone12を心待ちにしている もとゆき(@gudaogudao)です!

いや〜ついに発表されましたねiPhone12

今回は4機種発表ということでした

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max

ただiPhone11までの流れと変わりProとProMaxにもサイズ以外にも違いがありややこしい、、

iPhone12

ということでこの記事ではiPhone12(mini Pro ProMax)の違いや旧モデルとの比較をまとめていきます!

カンタンにまとめるとこんな感じ

  • iPhone12とiPhone12 miniの違いはサイズ
  • iPhone12(mini)とProの違いはほぼカメラ周り
  • ProとProMaxの違いはカメラ

ではまとめていきます!

iPhone12(mini Pro ProMax)の共通スペック

iPhone12

まずはiPhone12シリーズの共通スペックを見ていきましょう

大きな違いのあるカメラ周りについてはここでは割愛します

CPUA14 Bionicチップ
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
モバイル回線/WiFi5G/WiFi6(ax)
セキュリティ認証FaceID
ディスプレイ素材Ceramic Shield
防水性能IP68

新型のiPadAirに搭載されるものと同じA14 Bionicプロセッサを装備したパワフルなモデルです

  • 118億個のトランジスタ
  • 業界初の5nmチップ
  • 16コアNeural Engine(毎秒11兆の演算処理)
  • 最大80%高速になったNeural Engine
  • 最大70%速い機械学習アクセラレータ

正直iPhoneXSくらいですでに持て余すくらいのCPUパワーだったので、すでにノートパソコン以上の性能は詰まっていると見て大丈夫なほどパワフルです

 

またディスプレイは4機種ともにOLEDディスプレイを搭載しているため、一番安価なiPhone12miniからiPhone12ProMaxまで全て同じキレイな画面を楽しめます

セキュリティ認証はiPadAirで搭載された指紋認証は案内されず、従来どおりFaceID(顔認証)のみとなりました

個人的には電源部に指紋認証も仕込んでおいてくれれば神だったのに

また防水性能もiPhone11同様にIP68なので浸水しても大丈夫なレベル

IP68:最大水深6mで最大30分間

これからは今回の発表で特徴的だった部分を解説していきます

 

ガラス割れしにくく頑丈になった【Ceramic Shield】

iPhone12

事前リークでは『ゴリラガラス』なんて言われていましたが、iPhone12シリーズからは【Ceramic Shield】と呼ばれる頑丈なガラスを搭載

ナノセラミックをガラスに組み込んだそうで今までの4倍の耐落下性能を誇るとのこと

わざわざ発表するくらいだから相当自信がありそうだね

 

待望の5G対応

iPhone12

まだか、まだかと待ち望んだ5Gにもついに対応

発表会ではベライゾンのお偉いさんが出てPRしていくほどに5Gには力を入れているそう

技術的な話だと5Gには速いミリ波と4G程度のsub6の2つがありますが、日本版はミリ波に非対応ということでココは残念

ただしdocomo au softbankの3キャリアの5Gには対応とのことなのでそこは期待したいと思います

 

ワイヤレス充電の新規格【MagSafe】

iPhone12

昔のMacの充電機みたいな名前ですが、今回のiPhone12で初めてお目見えしたワイヤレス充電の新規格が【MagSafe】

なんと最大15wでの給電が可能とのこと

ちなみにiPhone11に付属していた充電器は最大5w

つまりワイヤレスなのに有線充電の3倍速いんだよ!
ちなみに従来の充電規格Qiでは速くても10wだったため【MagSafe】は1.5倍速いことになります

またMagSafeがそのまま使用できるケースやカード入れなども発売されます

iPhone12

そのうち磁石で取り外しできるスタンドやリングホルダーなんかも出そうですね

 

スポンサーリンク

iPhone12シリーズ各モデルの違い・比較

iPhone12

iPhone12シリーズ各モデルの違いを見ていきましょう

iPhone12 miniiPhone12iPhone12 ProiPhone12 ProMax
ディスプレイサイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
カメラの数233
カメラの種類超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.2絞り値
Apple ProRAW×
センサーシフト
光学手ブレ補正
×
LiDARスキャナ×
ストレージ64・128・256GB128・256・512GB
本体サイズH131.5mm
W64.2mm
D7.4mm
H146.7mm
W71.5mm
D7.4mm
H146.7mm
W71.5mm
D7.4mm
H160.8mm
W78.1mm
D7.4mm
重量133g162g187g226g

まずはサイズです

iPhone12とiPhone12Proはディスプレイサイズが同じです

また今回久々登場の小さいサイズのでminiですが初代SEと二代目SEのちょうど中間のようなサイズ感です

  • iPhoneSE(1代目):H123.8mm×W58.6mm×D7.6mm
  • iPhoneSE(2代目):H138.4mm×W67.3mm×D7.3mm
初代iPhoneSEファンにはたまらないサイズですよね!

iPhone12やPro・ProMaxは本体サイズはiPhone11とほぼ同じ(若干デカイ)ですがベゼルが狭くなったことで画面サイズが大きくなりました

iPhone11とiPhone12の比較は後ほどまとめます

 

またストレージも各シリーズ大きな差がないため機種を選びやすくなったなという印象

昔はSEを買おうとしたらストレージ最大で64GBしかなくて断念したりもしたもんです

次に大きく違う部分をまとめていきます

 

LiDARスキャナの搭載:オートフォーカスの高速化

iPhone12

すでにiPadProシリーズで導入されている三次元スキャナのLiDARがiPhone12Pro・ProMaxに搭載されました

LiDARはAR機能や部屋などのサイズの測定に使うイメージでしたが、今回Appleが提案したのがカメラとしての利用

つまりLiDARで距離を測定することでオートフォーカスを早めるというアプローチです

LiDARをオートフォーカスに利用することで速度はもちろん、暗いところでのピント合わせも速く正確なものにします
この使い方は想定外だったけどかなり使えそう!

またこの機能により『ナイトポートレートモード』にも対応しています

カメラ好きにはたまりませんね

 

ProとProMaxでもカメラ・レンズが違う(Maxのみセンサーシフトあり)

iPhone12

iPhone12とminiではiPhone11同様に広角と超広角の2つのカメラを装備していますが、iPhone12Pro以上では望遠レンズも搭載

またProとProMaxでは搭載するカメラも違います

iPhone12 ProiPhone12 ProMax
広角焦点距離26mm
センサーサイズ1.4µmピクセル1.7µmピクセル
F値ƒ/1.6絞り値ƒ/1.6絞り値
光学手ブレOISセンサーシフトOIS
望遠焦点距離52mm65mm
F値ƒ/2.0絞り値ƒ/2.2絞り値
光学手ブレOIS

カンタンにいえばProMaxの方が良いレンズがついてます

センサーサイズも大きいためより明るくキレイな写真を撮ることができます

また最大の特徴の一つがProMaxにはセンサーシフトする機構がついており、動画撮影時などの手ブレをレンズを動かすことで劇的に軽減します

元々iPhone自体手ブレ少ないと思ってたんだけどコレはすごい!ビデオカメラ級だね

 

Apple ProRAWで高精細な写真をそのままいじれる

AppleProRAW

iPhone12Pro以上でApple ProRAWという新規格の画像データを生成可能になりました

Apple ProRAWではiPhoneのアプリでそのまま画像の調整ができるので今までのような大掛かりな設備やデバイスは必要なくなります

かなりプロ向けな内容になるから一般的にはあんまり需要ないかも、、とはいえ撮った写真の色や露光を後から調整できるのは旅行先など失敗できない写真には便利

 

スポンサーリンク

iPhone12とiPhone11の違い・比較【Pro・ProMax】

iPhone12

iPhone12とiPhone11を比較しました

iPhone12iPhone11
ディスプレイサイズ6.1インチ6.1インチ
ディスプレイ種類Super Retina XDRディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
ディスプレイ素材
Ceramic Shieldガラス
CPUA14 BionicチップA13 Bionicチップ
モバイル回線/WiFi
5G/WiFi6(ax)4G/WiFi6(ax)
セキュリティ認証
FaceID
カメラの数2
カメラの種類超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
ストレージ64・128・256GB
防水性能
IP68
本体サイズH146.7mm
W71.5mm
D7.4mm
H150.9mm
W75.7mm
D8.3mm
重量162g194g

順当に進化している感じですね

かなり小さく・軽くなって頑丈になりつつもスペックアップしています

 

次にiPhone12ProとiPhone11Proを比較

iPhone12ProiPhone11Pro
ディスプレイサイズ6.1インチ5.8インチ
ディスプレイ種類Super Retina XDRディスプレイ
ディスプレイ素材
Ceramic Shieldガラス
CPUA14 BionicチップA13 Bionicチップ
モバイル回線/WiFi
5G/WiFi6(ax)4G/WiFi6(ax)
セキュリティ認証
FaceID
カメラの数3
カメラの種類超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
Apple ProRAW×
LiDARスキャナ×
ストレージ128・256・512GB64・256・512GB
防水性能
IP68
本体サイズH146.7mm
W71.5mm
D7.4mm
H144.0mm
W71.4mm
D8.1mm
重量187g188g

Proモデルも順当なスペックアップをしつつ、LiDARやProRAWなどでiPhone12やminiなどと差別化しているイメージです

 

最後は最高峰機種での比較

iPhone12Pro MaxiPhone11Pro Max
ディスプレイサイズ6.7インチ6.5インチ
ディスプレイ種類Super Retina XDRディスプレイ
ディスプレイ素材
Ceramic Shieldガラス
CPUA14 BionicチップA13 Bionicチップ
モバイル回線/WiFi
5G/WiFi6(ax)4G/WiFi6(ax)
セキュリティ認証
FaceID
カメラの数3
カメラの種類超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.2絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
Apple ProRAW×
センサーシフト
光学手ブレ補正
×
LiDARスキャナ×
ストレージ128・256・512GB64・256・512GB
防水性能
IP68
本体サイズH160.8mm
W78.1mm
D7.4mm
H158.0mm
W77.8mm
D8.1mm
重量226g226g

iPhone12 Pro MaxはiPhone12シリーズのフラッグシップだけあって全機種とは大きくスペックが異なります

何よりもこの小さなボディにセンサー駆動式の手ブレ技術を搭載したのがすごいですよね

 

スポンサーリンク

まとめ:iPhone12シリーズを買うべき人【mini Pro ProMax】

iPhone12

iPhone12シリーズについてまとめてきました

今回の発表はかなり楽しんで見ることができました

 

iPhone12シリーズは4機種それぞれが『サイズだけ違う』分ではないのでかなり幅広い選択肢の中で選んでいけるのではないかなと思います

とはいえ性能的にはminiでも十分すぎるほどなので基本的にはサイズで選んじゃっても大丈夫

 

ちなみに主観ですが各iPhone12がオススメな人はこんな人

  • iPhone12mini:初代SEのサイズ感が好きな人
  • iPhone12:強いこだわりはないけど画面は大きい方が良い人
  • iPhone12Pro:LiDARを使いたい・夜間にポートレートを撮影したい人
  • iPhone12ProMax:カメラをゴリゴリ使い動画や高精細な写真を撮って遊びたい

こんな感じかな、と

写真の性能は今までのiPhoneレベルで十分!って人は迷わずiPhone12かminiにするのがオススメです

個人的にはminiのサイズが一番好きですが、ガジェット好きな私はLiDARを使いたい(ただカメラはそんなに使わず出来るだけ小さいサイズが良い)のでiPhone12Proにしようと思っています

当ブログでもiPhone12Proとminiをレビュー予定ですのでお楽しみください!

 

ちなみにiPhone12シリーズ全てで空間オーディオに対応したのでAirPodsProを組み合わせると映画館の音響を楽しめるのが良いですね

iPhone12発売後は売り切れが予想されるので早めの購入がオススメですよ

【AirPosPro レビュー】ノイズキャンセリングは耳栓レベル!空間オーディオで映画やドラマを楽しむのに最適なワイヤレスイヤホン

【AirPosPro レビュー】ノイズキャンセリングは耳栓レベル!空間オーディオで映画やドラマを楽しむのに最適なワイヤレスイヤホン

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です