【Anker PowerCore Slim 10000 PDレビュー】PD対応USB-CとUSB-Aに搭載した薄型モバイルバッテリー

【Anker PowerCore Slim 10000 PDレビュー】アイキャッチ

どうも!もとゆき(@gudaogudao)です

高速充電のPD対応USB-CとUSB-Aの2つのポートを搭載した超薄型モバイルバッテリー『Anker PowerCore Slim 10000 PD』をレビューしました!

  • 出来るだけ薄いモバイルバッテリーが欲しい
  • iPadProや最新のiPhoneを高速充電できるモバイルバッテリーが欲しい
Anker PowerCore Slim 10000 PDが薄くて軽くて、高速充電にも対応しているからオススメだよ!

 

Anker PowerCore Slim 10000 PD』の特徴はこちら

  • 圧倒的な薄さ・軽さ
  • iPhone8〜なら30分で最大50%充電できる高速性
  • iPhoneXSなら最大2.4回の充電が可能な大容量
  • モバイルバッテリーの充電もPDで高速

それでは開梱や付属品の確認、商品レビューをしていきます

Anker PowerCore Slim 10000 PDの外観と付属品レビュー

では『Anker PowerCore Slim 10000 PD』の外観と付属品を写真で紹介していきます

まず箱がこちら

Anker PowerCore Slim 10000 PD

箱のサイズのわりにシンプルすぎて最初パチモンに当たったかと思いました笑

中身がこちら

Anker PowerCore Slim 10000 PD

内容物は下記の通りです

  • モバイルバッテリー本体
  • 専用ポーチ
  • USB-Cケーブル
  • 説明書など

USB-Cケーブルは試しにMacbookを充電するのに使ってみたら30w近く出たのでかなり質は良さそう

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore Slim 10000 PD』の本体はiPhoneとほぼ同じくらい

『Anker PowerCore Slim 10000 PD』

さすがにiPhoneと比較すると少し厚みはありますがバッテリー容量は4〜5倍なのにこの薄さはすごいです

Anker PowerCore Slim 10000 PD

インターフェイスは至ってシンプルで表面にボタンがあり、このボタンを押して充電スタート

Anker PowerCore Slim 10000 PD

ボタンの中にはLEDのライトが搭載されていて、押すとバッテリー残量がわかるようになっています

Anker PowerCore Slim 10000 PD

ポートはUSB-CとUSB-Aの2つ

Anker PowerCore Slim 10000 PD

出力はこちら

  • USB-A:最大12w出力
  • USB-C:最大18w出力(PD対応)

USB-Cポートでは18wの給電に対応しているのでiPhoneもiPadもフルスピードで充電可能

iPhone11に付属でついてくる充電器だと5w給電なので比較するとおよそ4倍近いスピードで充電可能です

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore Slim 10000 PDの実測レビュー

Anker PowerCore Slim 10000 PD

今回はiPhoneXSへの充電を試していきます

Anker PowerCore Slim 10000 PD

iPhoneシリーズはLightningケーブルを採用しているので今回は『USB-C→Lightning』のケーブルを使います

今回使ったのは先日レビューしたこちら

【爆速充電】Anker『PowerLine+II USB-C&ライトニングケーブル』購入レビュー!iPhoneをわずか30分で50%回復!

【爆速充電】Anker『PowerLine+II USB-C&ライトニングケーブル』購入レビュー!iPhoneをわずか30分で50%回復!アイキャッチ

【爆速充電】Anker『PowerLine+II USB-C&ライトニングケーブル』購入レビュー!iPhoneをわずか30分で50%回復!

2020年1月6日

 

実測した結果がこちらです

Anker PowerCore Slim 10000 PD

16wほどでの充電が可能でした

Anker PowerCore Slim 10000 PD』のUSB-Cポートの最大出力が18wであることを考えればかなり良い結果です

残量30%くらいからスタートしたので0%からならもっと良い結果が出たかもしれません

 

ちなみにiPhoneXSに充電した結果、10分で18%から19%ほど充電できました!

そしてUSB-Cポートは『モバイルバッテリー自体の充電』にも使用できます

USB-Aポートから充電した場合は満充電で9時間かかるのに対して、わずか3.5時間でフル充電可能です

『Anker PowerCore Slim 10000 PD』

Anker公式より

最大18wのPD対応のおかげでモバイルバッテリーへの充電も早いのも嬉しいところ

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore Slim 10000 PDの特徴

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore Slim 10000 PD』は薄型・軽量にもかかわらず大容量・高出力を実現したモバイルバッテリーです

しかもUSB-CとUSB-Aの2つのポートも搭載し、価格も手頃

特徴や魅力がたくさんあるのでそれぞれまとめていきますね

 

圧倒的な薄さ

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore Slim 10000 PD』の最大の特徴はその薄さです

約149×68×14mm

わずか1.4cmの薄いボディ

体感的にはiPhoneと大きく変わらないので持ち運びに便利です

また重量も212gとかなり軽量な仕上がりです

350mlのジュースよりも軽いよ!

 

USB-AとUSB-Cの2つのポート

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker公式より

Anker PowerCore Slim 10000 PD』はUSB-AとUSB-Cの2つのポートに対応しています

最近のデバイスはUSB-Cの採用が多くなってきたとはいえ、まだまだUSB-Aポートの製品も多いので2つ使えるのはありがたいですね

ちなみにUSB-Cは高速充電のPD充電に対応して最大18wの充電が可能

 

USB-AポートもAnker独自のPowerIQを搭載し、最大12wの出力に対応しています

これによりPD対応していないスマホにもUSB-Aポートの限界までの高出力で充電可能

また低電流モードも搭載し、イヤホンやウェアラブル機器などの小型デバイスにも最適な電流で充電可能

 

10000mAhの大容量

Anker PowerCore Slim 10000 PD』の容量は10,000mAhです

iPhone11の場合3,110mAhなので約3.3倍の容量ですね

※ただし実容量は少なくなるので実際は約2回分ほどです

理由はこちらにて解説しています

【騙されないで!】モバイルバッテリーの実容量と表記容量を比較!実際の容量が少ない理由も解説していきます

【騙されないで!】モバイルバッテリーの実容量と表記容量を比較!実際の容量が少ない理由も解説していきます

2019年4月21日

 

高速充電のPDに対応

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker公式より

今回『Anker PowerCore Slim 10000 PD』を購入した一番の要因がこの『PD充電』に対応していることです

モバイルバッテリーなのにiPhoneやiPadを最大18wの高速充電ができるので捗りまくりです!

PD対応したことでMacbookやニンテンドースイッチにも充電することができます

 

しかもUSB-Cポートは『モバイルバッテリー自体の充電』にも使用でき、9時間かかる充電を3.5時間まで縮めれるのは嬉しいです

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore Slim 10000 PDレビューまとめ

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore Slim 10000 PD』の実機レビューをしてきました

思っていた以上に薄く軽いので持ち運びがラクで気に入ってます

またPD対応で最大18wの高速充電が可能なので外出先でiPhoneやiPadのバッテリー不足で困ることもなくなりました!

もちろんMacbookやニンテンドースイッチにも使えるので汎用性も高い

しかも価格も安いので手軽に買えるのも良いところですね

ぜひ薄く軽くUSB-PDに対応したモバイルバッテリーが欲しい人にはオススメですよ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です