【買って後悔無し】iPadPro11インチと9.7インチを徹底比較!

【買って後悔無し】iPadPro11インチと9.7インチを徹底比較!アイキャッチ

どうも!もとゆき(@gudaogudao)です。

先日iPadPro9.7インチから11インチに買い替えました

【買い替えて正解】iPadPro11インチを購入しました!【開封フォトレビュー】

買い換えるまでは色々悩んでましたが『ええい買ってしまえ!』と買ってからは『本当に買い替えて良かった』と感動しきりです笑

ということで今回はiPadPro11インチと9.7インチの違いを徹底比較していきます

iPadProが欲しい方や今ほかのiPadを使っていて不満な部分がある人には必見です

iPadPro11インチと9.7インチを徹底比較!

iPadPro11andiPadPro9.7

今回iPadPro9.7インチから11インチに買い替えたので違いを比較していきたいと思います

体感して感じる主な違いはこちらです

  • ディスプレイサイズの違い
  • ディスプレイ性能や色味の違い
  • CPU・性能の違い
  • セキュリティの違い
  • アクセサリの違い

細かいことは後述するとしてまずはスペックからおさらいです

 

スペックの違いを比較

iPadPro11インチと9.7インチのスペックの違いを比較していきましょう

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
画面サイズ11インチ9.7インチ
解像度2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
2,048 x 1,536ピクセル
264ppi
ディスプレイ性能
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 1.8%の反射率
  • 600ニトの輝度
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
リフレッシュレート120Hz60Hz
本体サイズ247.6 x 178.5 mm240 x 169.5 mm
重量468g437g
厚み5.9 mm6.1mm
CPU(プロセッサ)A12X  BionicチップA9Xチップ
メモリ4GB(1TBのみ6GB)2GB
オーディオ4スピーカー4スピーカー
ApplePencil◯(第2世代)◯(第1世代)
SmartKeyboard◯(Folio)
セキュリティ機能FaceIDTouchID
カメラフロント:7メガピクセル
リア:12メガピクセル
フロント:5メガピクセル
リア:12メガピクセル
ベンチマークテスト(マルチ)169585186

2世代ほど跨いでいるのでほぼ全ての面で圧倒的な性能差です

大きな変化はディスプレイ関係ですね

iPad登場以来10年近く変わらなかったホームボタンを廃止し、極小ベゼルを実現し、本体サイズはほとんどかわらないのにディスプレイサイズが大きくなりました

もちろんディスプレイ自体の性能も大幅に向上しているところも見逃せません

 

またCPUやメモリといった基本性能も大幅に向上したことにより出来ることの幅が大幅に広がりました

 

スポンサーリンク

iPadPro11インチと9.7インチはディスプレイサイズを比較

iPadPro11andiPadPro9.7

iPadPro11インチではホームボタンの廃止などのデザイン変更に伴い、極小ベゼルを採用しています

そのため本体サイズはiPadPro9.7インチやiPadPro10.5インチとほぼ同じなのにディスプレイサイズは大きくなっています

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
画面サイズ11インチ9.7インチ
解像度2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
2,048 x 1,536ピクセル
264ppi
本体サイズ247.6 x 178.5 mm240 x 169.5 mm

 

iPadPro11インチの前世代機iPadPro10.5インチの時はデザインも同じでしたし9.7インチから見るとディスプレイの大きさは感じにくかったです

そんな反面10インチ以上になったことでMicrosoftOfficeが無料で使えなくなることもあったので購入は見送りました

CPU性能もそこまで大きく違いませんでしたしね

 

11インチと9.7インチでは明らかにディスプレイの面積が違います

イメージは2周りくらい大きい感じですね

ちなみに9.7インチのiPadを使っていた時の感覚(距離感)でiPadPro11インチを手に持って使うと画面のサイズがデカくてビビります笑

10.5インチの時はこんな違和感を持たなかったのでおそらくデザイン変更も大きな要因ではないかと思ってます

 

スポンサーリンク

iPadPro11インチと9.7インチはディスプレイ性能や色味を比較

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
ディスプレイ性能
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 1.8%の反射率
  • 600ニトの輝度
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
リフレッシュレート120Hz60Hz

iPadPro11インチでは9.7インチに比べて圧倒的にディスプレイ性能が向上しており、これに合わせて色味などもかなり改善されています

変更点は上記表をご覧ください

 

特に600ニトの輝度で表示できることから9.7インチと同じように画面の明るさを最大化しても実際の明るさは大きく異なります

また色味なども改善されており、同じものを表示してもまるで別の物のようです

左がiPadPro11インチ・右が9.7インチです

iPadPro11andiPadPro9.7

光の加減などもありますが、iPadPro11インチの方が明らかにくっきりとした色使いですね

 

そして感動したのがリフレッシュレートの120Hzです

iPadPro9.7では半分の60Hzでしたのでちょうど倍

リフレッシュレートとは『画面を1秒間に何回表示できるか』みたいなものです

つまり数字が大きくなればなるほど表示回数が増えるので滑らかに見えるわけ

パラパラ漫画で枚数が少ないのと多いのと違いみたいなもんです!

リフレッシュレートが120Hzだとただ画面をスクロールしたり左右に移動するだけでもめちゃくちゃ滑らかに動きます

動いている最中も文字の一つ一つを認識できるレベルでヌルヌルに動くので目が疲れにくいところが良いです

 

またApplePencilの応答速度も速いので今まで以上に『紙とペン』感を味わうことができます

というよりもはや紙とペンとの違いがわからないくらいの高反射

 

スポンサーリンク

iPadPro11インチと9.7インチはCPU・性能を比較

iPadPro11ベンチマーク
iPadPro11インチ

iPadPro11インチではiPadPro9.7インチやiPadPro10.5インチからかなり大きくCPUや性能を向上させています

CPUやA9Xから変更され、iPhoneXSで採用されてA12Bionicプロセッサをベースに改良したA12X Bionicプロセッサ

ベンチマーク比較だとなんと約3倍の性能です

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
CPU(プロセッサ)A12X  BionicチップA9Xチップ
メモリ4GB(1TBのみ6GB)2GB
ベンチマークテスト(マルチ)169585186
ベンチマーク比較何それ?

こんな人も多いかもしれませんので、簡単に言えば処理速度が3倍になった!くらいに思っておくとわかりやすいかも

 

また動作メモリも4GBと9.7インチの2GBに比べて倍なので動作はサクサク

9.7インチではiPadOSになって使えなかった機能や、固まって動かなくなった重たい作業も問題なし

 

ちなみにAppleではiPadProの性能は『世の中の93%のノートパソコンより高速』と言い切っています

つまりお手元のノートパソコンよりもはるかに高性能なので写真や4K動画の編集なんかもお手の元

下手にノートパソコン買うくらいならiPadProをおすすめします笑

 

スポンサーリンク

iPadPro11インチと9.7インチはセキュリティを比較

iPadPro11

iPadPro9.7インチではホームボタンを使って指紋認証する『TouchID』でパスワード解除などを行なっていました

iPadPro11インチからはiPhoneXから導入された顔認証システムの『FaceID』に変更になっています

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
セキュリティ機能FaceIDTouchID

実はワタシiPhoneに関しては『TouchID』の方がいまだに好きです

『TouchID』ならiPhoneをポケットから取り出す時にホームボタンを持って取り出せばすぐに使える

ですが顔認証だとポケットから取り出した時に画面を顔の前に出してからのパスワード解除になるのでワンテンポ遅れるんですよね

なのでいまだにiPhoneの『TouchID』の復活を待望しているのですが、iPadに関しては違います

 

iPadに関しては『TouchID』はもはや不要、『FaceID』のみで十分

というか『FaceID』とiPadの親和性が高すぎるんですよ!

 

iPadの場合はポケットなんかに入れることもなければカバンから取り出すときもホームボタンを持つこともありません

というのはiPadの場合はSmartKeyboardなどで画面が保護された状態で持ち運ぶからですね

 

つまり使用する時は必ず目の前に来てからSmartKeyboard(カバー)を開けて使い始める

この時に『TouchID』だといちいちホームボタンに手を伸ばさないといけないんですよ

 

ですが『FaceID』ならそんな必要は無し!

今まで通りiPadを使い始めれば自然と解除されます

 

またWebブラウザでパスワード認証する時なんかもいちいちホームボタンに手を伸ばす必要がないため、ものすごいシームレスにパスワードの入力が完了します

パソコン使っててマウスとキーボードで操作してるのに、パスワードを入れる度に画面に触れないといけない(手を伸ばさないといけない)と思うと面倒でしょ?

そんな面倒が『FaceID』なら無くなりますよ!

 

スポンサーリンク

iPadPro11インチと9.7インチはアクセサリを比較

iPadPro11

iPadPro11と9.7インチでは使用できるアクセサリも異なります

iPadPro11インチiPadPro9.7インチ
ApplePencil◯(第2世代)◯(第1世代)
SmartKeyboard◯(Folio)

特に大きく進化しているのはApplePencilですね

ワイヤレス充電に対応し、マグネットでの接続に対応

しかもタッチ機能内蔵でペンと消しゴムをシームレスに切り替え出来るのが最高です

 

また新しくなったSmartKeyboardFolioではiPadとの接点の箇所が側面から背面に変更されたことで、背面まで保護してくれるカバーに変更になりました

タイプする時の角度も2段階で設定できるのは嬉しいです

 

アクセサリについては詳しくはこちらをご覧ください

iPadPro11インチと一緒に買うべき必須アクセサリは2つ【開封レビューも】

iPadPro11インチと一緒に買うべき必須アクセサリは2つ【開封レビューも】アイキャッチ

iPadPro11インチと一緒に買うべき必須アクセサリは2つ【開封レビューも】

 

9.7インチと比較した結果【iPadPro11インチ最高!】

iPadPro11andiPadPro9.7

上記でiPadPro9.7インチと11インチの違いや進化したところを比較してきました

もちろん2世代も間を挟んでいることもありますが、9.7インチと比較すると圧巻の高性能で本当に気持ちよく使えています

 

どんなアプリもキビキビ動くのはもちろんのこと、ただディスプレイをスクロールするだけでも性能の高さを感じさせる鮮明で精細な画面

目にも優しく滑らかに動くのには感動すら覚えます

写真や動画の編集などもラクラクにこなせるその性能の高さは『世の中の93%のノートパソコンより高速』というのもうなずけます

 

また『FaceID』やApplePencil2などとの親和性もバツグン

もはや怖いもの無しです

 

iPadPro11インチ自体はすでに発売から1年経過していますが、いまだこれ以上の性能・使い勝手を誇るタブレットはAppleには存在しません

発売時期でいえば1年以上後に発売されたiPhone11シリーズやMacbookなんかに比べても優れているiPadPro11インチ

 

今iPadPro9.7インチや10.5インチを使っている人、iPadやiPadAirを使って不満がある人にはおすすめの一台ですよ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です