【イヤホンマニアが解説】AirPods Pro(エアポッズプロ)の良いところ(メリット)も悪いところ(デメリット)もまとめていくよ!

AirPods Proを徹底解説!良いところ(メリット)も悪いところ(デメリット)もまとめていくよ!アイキャッチ

どうも!イヤホンマニアの@gudaogudaoです。

ついに発売されましたねAppleのワイヤレスイヤホンの進化版AirPodsPro(エアポッズプロ)

何を隠そう私は数千円のイヤホンから数十万円のカスタムIEMと呼ばれる自分の耳型に合わせたイヤホンを持つほどのイヤホンマニアなんだよ!

そこで今回は自分の耳型に合わせて作った15万円のイヤホンを持つ僕がこのAirPodsProを徹底解説していきます!

良いところも悪いところもまとめていくので、お好みに合わせて購入をどうぞ!

【5%還元対象】[新品] Apple AirPods Pro MWP22J/A 4549995085938 エアポッズプロ

AirPodsPro(エアポッズプロ)がAirPodsから良いところ(メリット)

AirPods

さあ発売となりましたAirPodsPro(エアポッズプロ)

最近Apple製品は上位機種に『Pro』と付けがちですね。

名前から分かるようにご存知AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsの上位機種がこのAirPodsProですが、一体何が変わったのかまとめてみました

それがこちら

エアポッズプロのメリット
  • 『うどんっぽさ』が消えた
  • カナル型に変更
  • イヤーチップ3サイズに付属
  • ノイズキャンセリングの搭載
  • 外部音取り込みモードの搭載

順番に見ていきます。

 

『うどんっぽさ』が消えた

最初に大きいのはデザインの変更ですね。

以前のAirPods(エアポッズ)がこちら

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)

初代AirPodsはその特徴的なデザインから『うどんのようだ』『ちんあなご耳から出てるよ?』といった残念な評価だったのは事実。

一部の敬虔なアップル信者は『一周回ってカッコ良い』という人もいたが、ハッキリ言おう『ダサいぞ』

 

Appleもイヤホンも大好きな私ですら購入することはなかった耳からチンアナゴの出てくるイヤホン、それがAirPodsだ。

音も良いわけでもなく、見た目もダサい、そんなイヤホン誰が欲しいのか疑問(とはいえ世界的にはかなり売れたけど)

 

そこで今回発売されたAirPodsProはデザインも改修され『うどん』と表現されていたマイク部分はかなり短く全体的に丸みを帯びたデザインに変わった。

これなら付けていてもそこまで違和感を感じないかも

 

個人的にはこのデザインの変更は立派な購買動機になる。

 

カナル型に変更

一般的にイヤホンの形は様々だが、今回AirPodsProでも採用された『カナル型』は遮音性が高く、耳の穴にフィットするので音も正確に聞き取りやすい。

また私は耳が小さくAirPodsのような形状だと耳が痛くなり外れがちなのですが、カナル型は耳の内部でガッチリ固定してくれるのでスポーツした時にも外れにくい。

ちなみに生活防水にも対応しているので多少の水濡れにも汗でも壊れないのは嬉しい。

 

イヤーチップ3サイズに付属

耳の穴は千差万別

AirPodsProでは3サイズのイヤーチップが付属しています。

なんでも今回のAirPodsの開発にあたり、数千を超える人の耳型を採取して最適化したとのこと

きっとあなたの耳型にも合うでしょう。

 

ノイズキャンセリングの搭載

AirPodsPro最大の魅力がこのノイズキャンセリングの搭載と後述する外部音取り込みモード

ノイズキャンセリング効果によりカフェや地下鉄の中でも周りの音を消して、自分の聞きたい音楽だけに集中することができます。

ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホンで言えばSONYのWF-1000XM3が最強だと言われていましたが、今回ついにそれを打ち破るワイヤレスイヤホンが登場しましたね。

ただ後述しますが音質はWF-1000XM3の方が良いです。

 

外部音取り込みモードの搭載

イヤホンをつけていると例えばコンビニでお会計をする時、友達に急に話しかけられた時なんかに困りませんか?

当然イヤホンを外さないと話できないですもんね。

ましてノイズキャンセリングで周りの音を消していれば余計に困ります。

 

AirPodsProでは『外部音取り込みモード』にも対応しました。

これは外部音を取り込むことでイヤホンをつけたままでも外の音を聞いたり、会話したりするのに便利です。

イヤホン装着時の『困った』を解消できるのは嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

AirPodsPro(エアポッズプロ)の悪いところ(デメリット)

AirPods

上記では主にAirPodsProの特徴やメリットを解説してきましたが、悪いところ(デメリット)もまとめていきたいと思います。

AirPodsProの悪いところ(デメリット)はこちら

エアポッズプロのデメリット
  • 高い
  • 音質が良くはない

以上2点です。

順番に見ていきます。

 

AirPodsProは高い

まぁ同等機種のWF-1000XM3(音質ははるかに上だけど)に比べると変わらないですがいわゆる『ワイヤレスイヤホン』が欲しい層で考えると少し高いかなと思います。

だって、イヤホンに30000円近くも払えますか?笑

私はイヤホン好きなので惜しみなく出せますけど、一般の人には少しハードルの高い買い物ではないですかね

 

ちなみにその割高感の最大の理由は音質かなーと思います。

ということで次の『音質が良くない』で解説します。

 

音質が良くない

一般的には知られていませんが、イヤホンにも様々なトレンドや技術が搭載されておりスペックを見るだけでもある程度は想像することが出来ます。

高級イヤホン(1万円以上)にはBAドライバーというものが搭載されていることが多く、このBAドライバーにより緻密で精細な音を再現することが出来ます

 

ですがAirPodsProは仕様上もそこまで精細な音や広い音場を体験できるとは言い難く、音質は期待できません。

音質は旧来のAirPods(EarPods)以上くらいじゃないですかね?

 

正直3万円も出せばもっと音質の良くて見た目もカッコ良いワイヤレスイヤホンを購入することが出来ます。

特にオススメなのがAVIOTのTE-BD21f

色はブラック・シルバー・ピンクの3色

完全ワイヤレスなのに3ドライバのハイブリッドイヤホンで、防水・コード掛けなどにも対応した完璧なイヤホンです

圧倒的な高音質と機能性の高さが魅力

いつも聞いている曲なのに、いつも聞こえない音が聞こえる体験ができますよ!

正直これを1度つけるともう他の完全ワイヤレスイヤホンの音はショボく感じますよ!

にも関わらず価格はAirPodProの半分以下!

 

詳しくはこちらの記事でまとめているのでよかったらどうぞ!

【AVIOT TE-BD21fレビュー】完全ワイヤレス史上:最高音質のハイブリッドトリプルドライバ搭載

【AVIOT TE-BD21fレビュー】アイキャッチ

【AVIOT TE-BD21fレビュー】完全ワイヤレスイヤホン史上初:最高音質のハイブリッドトリプルドライバ搭載

 

スポンサーリンク

AirPodsPro(エアポッズプロ)をAmazonで購入するなら
ギフト券を活用しよう!

AirPods

AirPodsProをAmazonで購入するならギフト券の利用がオススメ!

Amazonギフト券の購入で最大2.5%のポイントをゲット!

しかも初回チャージなら1000円分のキャッシュバック付き!

これを利用しない手はありません!

 

※詳しくは知りたい方はこちらをどうぞ!

Amazonギフト券とは?Amazonで買い物するなら最大ポイント2.5%還元!初回チャージで1000円分のポイントも!

Amazonギフト券とは?Amazonで買い物するなら最大ポイント2.5%還元でお得!アイキャッチ

Amazonギフト券とは?Amazonで買い物するなら最大ポイント2.5%還元!初回チャージで1000円分のポイントも!

\\\詳細・チャージはこちらから///

 

スポンサーリンク

AirPodsPro(エアポッズプロ)がオススメな人・オススメできない人

ヘッドフォン 男

以上でAirPodsProについてのまとめは終わりですが、最後にAirPodsProを購入するのにオススメな人を紹介していきます。

こんな人にオススメです。

エアポッズプロがオススメな人
  • Appleが好き
  • AirPodsProの形が好き
  • ノイズキャンセリングが欲しい
  • 外部音取り込みモードが欲しい
  • Appleの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい

 

対してオススメできない人はこんな人です。

エアポッズプロをオススメできない人
  • Apple製品にこだわりがない
  • ノイズキャンセリングが欲しいけどAppleじゃなくてOK
  • 外部音取り込みモードが欲しいけどAppleじゃなくてOK
  • 完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけどAppleじゃなくてOK
  • 音質が良いワイヤレスイヤホンが欲しい
  • 見た目もカッコ良いワイヤレスイヤホンが欲しい

上記の通りです。

 

正直Apple製品にすべき理由がない人は完全ワイヤレスでノイズキャンセリング・外部音取り込みモードが欲しいならSONYのWF-1000XM3がオススメです。

 

またとにかく音質の良くて、見た目もカッコ良いワイヤレスイヤホンが欲しいという人ならAVIOTのTE-BD21fがオススメ

AirPodsProの半分以下の価格で完全ワイヤレスイヤホン史上、圧倒的ナンバーワンの最高音質を楽しめます

 

ということで最後になりますがどうしてもAirPodsProが欲しい人はすぐに手に入れてスタバでドヤ顔しましょう!

【5%還元対象】[新品] Apple AirPods Pro MWP22J/A 4549995085938 エアポッズプロ

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)

ちなみにオススメのイヤホンを用途別に解説した記事もあるのでよろしければご覧ください!

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】アイキャッチ

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です