【AVIOT TE-BD21fレビュー】完全ワイヤレスイヤホン史上初:最高音質のハイブリッドトリプルドライバ搭載

【AVIOT TE-BD21fレビュー】アイキャッチ

どうも!高級イヤホンを多数所有しているもとゆき(@gudaogudao)です

ついに有線イヤホンいらないんじゃないか?ってくらい高音質な完全ワイヤレスイヤホンを手に入れたのでレビューしていきます

購入したのは【AVIOT TE-BD21f

特徴はこちらです

TE-BD21fの特徴
  • 完全ワイヤレスイヤホンとして世界初
    ハイブリッドトリプルドライバ搭載
  • AAC・aptXの高音質コーデックに対応
  • TWSプラス対応で低遅延・省電力
  • 片耳5.4gの軽量ボディ
  • 最大7時間の連続再生に対応
  • ケースの充電と合わせて最大25時間の再生が可能
  • AVIOT専用のSpinFit社製イヤーピース付属
  • 紛失防止用のストラップ付属
  • IPX5の防水性能

完全ワイヤレスイヤホンなのにダイナミックドライバーとBA2つ搭載したハイブリッドイヤホン

構成がイヤホンマニアを震えさせるほどガチです

なのに同スペックの有線イヤホンよりも圧倒的に安いのも驚き!

2大巨塔として名高いAirPodsProやWF-1000XM3も裸足で逃げ出すほどの圧倒的な高音質です

ぶっちゃけ高音質なワイヤレスイヤホンが欲しいなら【AVIOT TE-BD21f】一択です!

AVIOT TE-BD21fの外観と付属品

AVIOT TE-BD21f】の仕様はこちら

AVIOT TE-BD21fの仕様

BluetoothのバージョンBluetooth5.0
BluetoothプロファイルA2DP,AVRCP,HFP,HSP
BluetoothコーデックSBC,AAC,aptX
連続再生時間7時間
合計再生時間25時間
充電時間約2時間
重量片耳約5.4g
防水等級IPX5
ドライバー9mmダイナミック型ドライバー

BA(バランスドアマチュア型)×2基

最大の特徴は完全ワイヤレスイヤホンとしては世界初となるハイブリッド・トリプルドライバー

低音域のブーストで『高音質っぽい』音を出す巷のイヤホンとは異なり、限界まで高音質にこだわり設計して作られています

フラットなバランスでも音像定位感や広がりを感じさせ、自然な音場感を再現しているのはまさに『高音質イヤホン』の名に恥じません!

ぶっちゃけ音質は完全ワイヤレスの中で圧倒的ナンバーワンです!

ということで外観から見ていきましょう

AVIOT TE-BD21f

今回購入したのはシルバーなので箱もシルバーなのかしら?

いかんせん凄い高級感!

ではご開帳

AVIOT TE-BD21f

左側にはイヤホンの仕様や、開発の経緯などもまとめてあります

こういうの読むとワクワクするんですよね

そして左側には本体が見えますね

AVIOT TE-BD21f AVIOT TE-BD21f

カッコ良い

付属品一覧がこちら

AVIOT TE-BD21f
TE-BD21fのタッチ操作
  • 本体
  • ケース
  • 充電ケーブル
  • 紛失防止用ストラップ
  • イヤーピース(6種類)
  • 持ち運びポーチ
  • 掃除布
  • 説明書
  • 保証書

購入のきっかけの一つになったのが『紛失防止用ストラップ』だったりします

詳しくは後半で解説しますね

 

では本体のイヤホンから見ていきましょう

AVIOT TE-BD21f AVIOT TE-BD21f

ABIOTのマークの部分は浅めのボタンになっていてここを押し込むことで操作することが可能です

  • 再生・停止
  • 曲送り・戻し
  • 音量
  • 着信対応・着信拒否
  • 音声アシスタント
  • 電源ON・OFF
AVIOT TE-BD21f AVIOT TE-BD21f

内側にはL・Rがわかるように刻印されています

ちなみにRは赤色なので一目でわかるようになっているのも嬉しいですね

 

お次はケースを見ていきましょう

AVIOT TE-BD21f

サイドにはL・Rがわかるように刻印されており、充電のインジゲーターもあるので充電状況もこちらで把握可能です

AVIOT TE-BD21f

イヤホンを収めたのがこちら

AVIOT TE-BD21f

イヤホン同士の間に余裕があるのでさらに音質向上を目指すために『レゾナンス・チップ』をつけても収まりそう

※実際につけている人もいるので大丈夫みたいです

AVIOT TE-BD21f

充電部はUSB-Cです

※USB-C→USB-Cのケーブル・充電器では充電できませんでした、おそらく電圧の問題の可能性が高いので付属の充電ケーブルを利用しましょう

 

購入動機にもなった紛失防止用のストラップがこちら

AVIOT TE-BD21f

イヤホンにはめるだけで『左右一体型ワイヤレスイヤホン』のように使えます

AVIOT TE-BD21f

この発想はなかった!

便利すぎてびびる

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-BD21fの特徴【実機レビュー】

AVIOT TE-BD21f

AVIOT TE-BD21f】の特徴や、実際に使った感想などをまじえて解説していきます

まず特徴がこちら

TE-BD21fの特徴
  • 完全ワイヤレスイヤホンとして世界初
    ハイブリッドトリプルドライバ搭載
  • AAC・aptXの高音質コーデックに対応
  • TWSプラス対応で低遅延・省電力
  • 片耳5.4gの軽量ボディ
  • 最大7時間の連続再生に対応
  • ケースの充電と合わせて最大25時間の再生が可能
  • AVIOT専用のSpinFit社製イヤーピース付属
  • 紛失防止用のストラップ付属
  • IPX5の防水性能

盛り沢山です

その中でも一番すごいのが『完全ワイヤレスイヤホン・世界初となるハイブリッドトリプルドライバ搭載』です

もう圧倒的な高音質!

有線イヤホンを超えた!と言えるくらいお気に入りです

 

ハイブリッドトリプルドライバーで圧倒的な高音質

AVIOT TE-BD21f

AVIOT TE-BD21f】は完全ワイヤレスイヤホンとしては世界初となるハイブリッドトリプルドライバを搭載します

9mmダイナミック型ドライバー

BA(バランスドアマチュア型)×2基

有線イヤホンでも数万円以上する高級イヤホンにしか搭載されないBAを2基も搭載

しかもダイナミック型のドライバーも合わせたハイブリッドドライバーのおかげでお互いの長所を生かし、短所を補い圧倒的な高音質を実現しています

 

具体的にはダイナミックドライバが歪みの少ない低音域を迫力よく鳴らし、中高音域の再生が得意なBAドライバで中音と高音をきらびやかに彩ります

BAドライバの特徴を活かし、解像度の高い音で全ての楽器の音を粒立って聴かせ、定位もバツグン

たまたま視聴したyoutubeでの秦基博の『ミルクティー』ではあまりの定位の良さに思わず誰か部屋に入ってきたのだと振り返ってしまいました笑

解像度が高すぎると聴き疲れしてしまうこともありますが、【AVIOT TE-BD21f】はハイブリッドイヤホンとしてダイナミックドライバの役割もうまく活きています

というのはBA2基の高解像だけではなく、ダイナミックドライバの迫力と余裕のある低音のおかげで『音を楽しむ』ということを忘れない音作りになっています

もちろんダイナミックドライバ自体も高品質なので低音も1つ1つ粒立って聴こえます

 

全体を通して言えることは全ての楽器・音が高解像度に粒立って聞こえるにもかかわらず全体としても纏まっているので長時間の使用でも疲れず楽しめる印象です

比較的どんなジャンルでも合いますが、ボーカル曲や楽器を楽しむ系の音楽に向いてるかも

ポップスやロック、JAZZ、なんでもござれの万能イヤホンです!

個人的には聞いてるとあまりに良い音すぎて自分も歌い出したくなり、カラオケ欲がハンパなく高まりますね笑

 

低音が得意なダイナミックドライバと高精細で解像度の高いBAドライバの組み合わせて1万円台の完全ワイヤレスイヤホンとは到底思えないほどの高クオリティイヤホンです

 

AAC・aptXの高音質コーデックに対応

AACに対応していることでiPhoneでも最高音質を楽しむことができます

またaptXにも対応しているのでAndroidデバイスでも高音質の転送方式なのは嬉しいところ

 

音切れ・遅延もなし

AVIOT TE-BD21f

AVIOT TE-BD21f】ではTWSプラスに対応したことで低遅延・省電力を実現しています

TWSプラス:左右独立通信規格
安価な完全ワイヤレスに多いリレー伝送の場合イヤホンからイヤホンにデータ転送するため、遅延や音切れの原因になりやすい
TWSプラスの場合は直接LとRのイヤホンにデータ転送するため低遅延・省電力

TWSプラスに対応したおかげで音切れや遅延もほとんど感じることはありません

 

片耳5.4gの軽量ボディ

ぶっちゃけ軽すぎて付けていることを忘れるレベルです

こんなに軽いのにハイブリッドトリプルドライバの完全ワイヤレスイヤホンとは驚きますね

 

最大7時間の連続再生+ケースの充電と合わせて最大25時間

AVIOT TE-BD21f

AVIOT TE-BD21f】は最大7時間の連続再生に対応しています

実際にエージングするためにつけっぱなしにしておきましたが、7時間以上連続再生できました

ケースの充電と合わせれば最大25時間の連続再生が可能なので、外出先で電池切れはまずないですよ!

 

AVIOT専用のSpinFit社製イヤーピース付属

AVIOT TE-BD21f

AVIOT TE-BD21f】は高音質を追求し、イヤーピースすらも別注の製品が付属しています

SpinFit社のイヤーピースをTE-BD21f用にカスタムしたイヤーピースで高音と低音の締まりを改善しています

イヤホンの良し悪しはイヤーピースで大きく変わるので専用カスタムが付属するのは最高!

 

紛失防止用のストラップ付属

AVIOT TE-BD21f

個人的に購入動機になったのがこのストラップですよ!

左右一体型のワイヤレスイヤホンだと使わないときも肩にかけておけるから外しても無くなる心配がなくてジムや運動中に気に入って使っていました

ですが、この【AVIOT TE-BD21f】では完全ワイヤレスながら左右一体型のようになる紛失防止のストラップを付属するという発想の転換!

イヤホンの片側が落下しても両方のイヤホンがつながるから紛失する可能性がなくなるよね

このアイディアは全く思いつかなかったな〜

ということで完全ワイヤレスとしても左右一体型としても両方の良さを生かせる最高のイヤホンです

 

IPX5の防水性能

音質・使い勝手含めてスキのないイヤホンですが、防水性能も完備!

IPX5に対応しています

IPX5:あらゆる方向からの噴流水でも影響がない
検査方法:直径6.3mmの注水ノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水

つまり水道で洗えるレベルってことですね

運動して汗をかいても洗って清潔を保てるのは最高!

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-BD21fレビューまとめ

AVIOT TE-BD21f

最強の高音質完全ワイヤレスイヤホン【AVIOT TE-BD21f】をレビューしてきました

ハイブリッドトリプルドライバーの実現する解像度の高さ・抜群の定位感・イヤホンとは思えない音場の広さ

それに付け加えて水洗いできる防水性能や紛失防止のストラップ、長時間再生可能な大容量のバッテリーなどマジで死角なしのイヤホン

それを『完全ワイヤレス』で実現するAVIOTの高い技術力と情熱に驚きました

 

そして何よりも『音楽が楽しい』と思える素晴らしいイヤホンです

正直これを超える完全ワイヤレスイヤホンは現れるのか、、、というくらい感動し気に入っています

 

しかも何がすごいかってこの性能で20,000円をラクに切ってることですよ!

ふつうに同じクオリティの有線イヤホンを買おうとしたら3万円以上しますからね!

 

ということで高音質な完全ワイヤレスイヤホンをお求めの方は【AVIOT TE-BD21f】一択ですよ!

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

ちなみに持ち運び用のケースが欲しい人はこちらもご覧ください

【Aenllosi】AVIOT TE-BD21fのハードケースを購入!耐久性バツグンで持ち運びに便利!

【Aenllosi】AVIOT TE-BD21fのハードケースを購入!耐久性バツグンで持ち運びに便利!アイキャッチ

【Aenllosi】AVIOT TE-BD21fのハードケースを購入!耐久性バツグンで持ち運びに便利!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です