メッシュWiFiルーターDecoM4購入レビュー!有線・ブリッジなどの設定も解説!【TPLink】

メッシュWiFiルーターDecoM4購入レビュー!有線・ブリッジなどの設定も解説!アイキャッチ

どうも!@gudaogudaoです。

このブログでも何度か紹介してきたTPLinkのメッシュWiFiルーターDecoM4ですが、今までは仕事用に納める時によく使っていました。

今回は自宅への導入です!

ということでDecoM4の実機レビューです。

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK

メッシュWiFiって何?

メッシュwifi イメージ
引用元:TPLink公式サイト

まずはメッシュWiFiを知らない人、メッシュWiFiが何か忘れた人向けに説明です。

メッシュWiFiとは『網目状に張り巡らせたWiFi』のことだよ

通常WiFiが届く範囲を広げようと思うと、親機を強力なものにするか『中継機』を利用するかと思います。

この場合は親機と子機という形になるのですが、この状態だとアクセスポイント(WiFiの発生源)ごとにSSID(無線機器の名前)とパスワードで認証していくなど少し面倒

遠い中継機の方に接続されていて、通信が遅い!なんてこともあります。

 

対してメッシュWiFiでは親機と子機という関係ではなく、どちらも同じクローンのような存在になります

親機・子機ではなく『クローン』だから設置や設定も楽チンなんだ!

 

メッシュWiFiのメリット

メッシュWiFiのメリットがこちら。

メッシュWiFiのメリット
  • SSID・パスワードの設定が不要
    アクセスポイントごとの認証が不要
  • チャンネル設定も不要
  • 増設が簡単
  • どの部屋でも均一に電波が届く
  • ルーターの負荷分散になる

一番の特徴は1つのSSIDに1つのパスワードで複数のアクセスポイントが運用でき、WiFi同士の切り替えもシームレスに行われるところです。

どんな部屋でも安定した電波をキャッチできるようになるのは嬉しいですね。

 

またルーターの負荷分散につながるので、複数デバイスを接続している時などは通信速度も早くなりやすいです。

ほとんどのケースでデメリットは無いので便利に活用できますよ!

メッシュWiFiのメリットデメリットについて詳しくはこちらをどうぞ

メッシュWifiのメリット・デメリットを徹底解説!これからのWifiはメッシュ一択!

メッシュWifiのメリット・デメリットを徹底解説!これからのWifiはメッシュ一択!

 

ということで今回はそのメッシュWiFiでもあるTPLinkのDecoM4を購入しました。

次に実機のレビューに入っていきたいと思います!

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK

 

スポンサーリンク

DecoM4の外観と付属品など一覧【TPLink】

ではTPLinkのメッシュWiFiルーターDecoM4を見ていきましょう。

箱は大きめです。

DecoM4

開けてみるとこんな感じ

DecoM4

構成はメッシュWiFiルーターの本体が2つと電源ケーブルが2つ。

そしてLANケーブルが1つです。

DecoM4

本体はトール型でカッコ良いです。

DecoM4

上部にLEDのランプが搭載されていて、この色でDecoM4の状態を出来るようになっています。

LEDの色色の状態DecoM4の状態
黄色点滅再起動中
黄色点灯起動中
点滅設定を行うことが出来る
点灯設定を完了した
緑or白点灯正常動作中
点滅1台目のDecoと接続が切れている
点灯Decoに問題が発生している

上記のとおりです。

 

また背面にはWAN側のイーサネットポートとLAN側のイーサネットポートが1つずつ

どちらも1Gbps対応です。

DecoM4 DecoM4

電源は下部にありますが、隙間があるのでスマートに配線可能です。

DecoM4

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK

 

スポンサーリンク

DecoM4の設定はアプリで簡単【TPLink】

DecoM4ではメッシュWiFiルーター同士の接続をワイヤレスでも可能ですが、有線LANでもOKです。

自宅の場合は各部屋に有線LANを完備しているため、有線LAN接続することにしました!

無線でも有線でも設定は同じなので安心してね!

まずは設定用のアプリをインストールします。

iPhone・iPadの方はAppStoreからですね。

DecoM4

続いてTPLinkのアカウントでログイン

持っていなければ『登録』から進んでいけます。

メールアドレスがあればOKです。

DecoM4

準備ができれば開始です。

DecoM4

アプリに表示された手順でDecoM4を接続していきます。

後は自動的に設定されていくので特に迷うところは無いはず。

DecoM4 DecoM4 DecoM4 DecoM4 DecoM4 DecoM4

続いて設定したDecoM4に名前をつけていきます。

『リビング』や『キッチン』などですね。

DecoM4 DecoM4 DecoM4

これをきちんと分けておくと後ほど『どのルーターにつながっているかな?』なんて時に確認がラクになります。

またインターネットの接続タイプについてですが『ルーター』として使う時にはプロバイダの情報を入力する必要があります。

これは普通のルーターの設定と同じ

 

後述していますがブリッジ接続も可能なので、既存のルーターにアクセスポイントとして接続して使うことも可能です。

その場合はここでのルーター情報は『動的』でも選んで終了し、ブリッジ設定を行いましょう。

プロバイダ情報を入れるだけなので『ルーターモード』で設定すると管理も楽ですよ!

 

ちなみに余談ですが、アプリ・WiFiの設定中に写真の撮り忘れに気づいて、途中で中断したらDecoM4が見つからなくなるトラブルに見舞われましたが、リセットボタンを押して再起動したら問題なく初期化してくれたので助かりました。

 

DecoM4の管理画面

DecoM4の管理画面がこちら。

DecoM4

接続しているデバイスの一覧の表示や、接続しているデバイスがどのメッシュWiFiに接続しているかや通信品質なども確認可能です。

 

ネットワークの名前やパスワードの管理を行えるのと同時に2.4GHzと5.0GHzの使用の有無も自由に設定可能です。

DecoM4

ゲストWiFiの設定も出来るので来客などの時には自分の家のデバイスがウィルス感染などしないように安全なゲストWiFiを提供してあげましょう!

 

また結構細かい設定も可能です。

DecoM4

写真は『ブリッジモード』としての設定後のものになるので少ないですが、ルーターモードの場合はQoSなどの設定も可能です。

QoSとは『クオリティ・オブ・サービス』の略
通信内容によって優先度や帯域幅を変えることで快適な通信を実現する技術

QoSを有効にすると動画の再生も快適になるよ!

詳細設定画面はこちら

DecoM4

ローミング(アクセスポイントを跨ぐ時の接続)の設定や、iPhoneなど特定デバイスへの通信の高速化をになるビームフォーミングなども設定可能です。

この詳細設定からブリッジの設定も可能です。

 

ブリッジモードの設定

前述しましたが、TPLinkのメッシュWiFiルーターDecoM4ではメッシュWiFiルーターでは珍しくブリッジ機能にも対応しています。

つまりルーターは別のメーカー製品や別の機器を使っていたとしてもアクセスポイントだけはメッシュWiFiに出来るわけですね。

私はソフトバンク光のハイブリッドIPv4+IPv6に対応するため、光BBルーターを使っているため助かりました。

またルーター側でポート開放など設定していると、ルーターを変える度に設定し直す必要があるので嬉しいですよね。

ちょっと上級者向けの内容だけど、今のネットワークの設定を変えたくない人にはブリッジモードがオススメです

DecoM4のブリッジモードの切り替えは『詳細設定』から『動作モード』を選択し切り替えます。

DecoM4

簡単です!

もちろん2台目以降のDecoM4は無線でも有線でもどっちでもOK!

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK

 

スポンサーリンク

DecoM4の通信速度計測【TPLink】

TPLinkのメッシュWiFiDecoM4の通信速度を計測してみました。

結果はこちら。

DecoM4

ルーターから離れた別の部屋に設置してあるアクセスポイントに接続した状態で計測してみたのですが、上り下りともに200Mbpsを超えているのでかなり高速

でも通信速度以上に嬉しいのはやっぱり安定性ですね。

擬似メッシュWiFiの状態よりも確実に通信の安定性は増し、動画の再生中に途切れたり、通信が切断されたり、移動時のローミングも爆速になりました。

  • メッシュWiFiはどの部屋でも安定した通信ができるのが特徴
  • どの部屋にいてもWiFiが弱くなったりしなくなるよ!

WiFiルーターはメッシュWiFiがオススメですよ!

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK

 

スポンサーリンク

【TPLink】DecoM4レビューまとめ:設定も簡単でおすすめな1台

DecoM4

Bufalloの無線LANルーターからTPLinkのDecoM4に切り替えたことで、驚くほどに通信が安定するようになりました。

速度に関しては平均200Mbpsくらい出ているので通信が止まったりすることはほぼ無いですね。

また一つのアプリから複数のアクセスポイントを管理できるのでネットワーク障害の特定などは簡単で助かります

とはいえ今のところ障害は一切発生していないので快適そのものですが笑

安定して高速なWiFiが欲しい人にはメッシュWiFiがオススメですよ!

ちなみにTPLinkのメッシュWiFiなら設定も簡単なので、パソコン苦手な人も安心です!

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム 無線LANルータ― AC1200 867 + 300 Mbps デュアルバンド Deco M4 2ユニット ホワイト
TP-LINK
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、400記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 毎日更新を実行し、365日連続更新を達成! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!