ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットとは?【製品選びの注意点あり:音質重視なら有線】

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットまとめ記事のアイキャッチ

どうも!イヤホンにはうるさい@gudaogudaoです。

皆さんイヤホンは使っていますか?

私は『カスタムIEM』っていう自分の耳型に合わせて制作するイヤホンを持っているほどイヤホンにはこだわりがあります。

当時購入価格で15万くらいしました笑

そんな私も最近では一番使用頻度が高いのがワイヤレスイヤホン

AirPodsPro

ということで今回はワイヤレスイヤホンのメリットデメリットとは?【音質優先なら有線一択】というテーマでお話していきます

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットを全て解説していくよ!

 

ワイヤレスイヤホンが欲しいけど、何を買えばいいかわからない人や、メリットはわかるけど、デメリットは、、、って人に向けてまとめました

意外と知らない『ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット』を中心に解説していきます。

イヤホン選びは妥協しない方が幸せになれますよ!

ワイヤレスイヤホンにも種類がある

AirPods

ワイヤレスイヤホンにはいくつか種類がありますが、大きく分けると2つです。

ワイヤレスイヤホンの種類
  • 完全分離型ワイヤレスイヤホン
  • ネックバンド型ワイヤレスイヤホン
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン

順番に解説していきます。

 

完全分離型ワイヤレスイヤホン

完全分離型ワイヤレスイヤホンというのはAppleのAirPodsのような一切ケーブルのないタイプです

この完全ワイヤレスイヤホンは『トゥルーワイヤレスイヤホン』とも呼ばれたりします。

 

一番の特徴はやはりケーブルが一切ないこと。

ケーブルというのは干渉するとノイズの原因になったり、断線する恐れがあったりもします。

ケーブルレスなのでスポーツする時に邪魔にならないのが良いですよね!

 

トゥルーイヤホンで一番有名なのがAppleのAirPodsですね

ノイズキャンセリング付きの高機能なAirPodsProに関しては記事にまとめているのでよかったらどうぞ

【AirPosPro レビュー】ノイズキャンセリングは耳栓レベル!空間オーディオで映画やドラマを楽しむのに最適なワイヤレスイヤホン

 

そして激安のAirPodsの類似品がなかなかハイクオリティなのでよかったらご覧ください

【SOUNDPEATS TrueAirレビュー】まるで激安なAirPods!ケースを開けるだけでペアリングされる快適さがグッド

 

ネックバンド型ワイヤレスイヤホン

ネックバンド型は左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプで、首にかかる部分が若干太くなっています。

この首の部分にバッテリーやアンプなどを内蔵しています。

首で緩やかに支えているので安定しますし、見た目もおしゃれ

それでいて大容量のバッテリーなども搭載できるのがメリットですね

イヤホンを耳から離しても無くさないのがイイ!

 

ちなみにネックバンドイヤホンならBeats製品が有名どころ

Beatsの親会社はAppleでアメリカでは1/2がBeats製品と言われるくらいに人気

 

左右一体型ワイヤレスイヤホン

これはネックバンド型に近いですが、左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプです。

ネックバンド型のように首の部分だけ太いということもなく、ケーブル全体がしなやかなのが特徴

反面バッテリーの容量は小さくなるので連続動作時間は期待できないのがデメリット

ただししなやかなケーブルなので持ち運びに負担がないのがメリット

また既存のイヤホンを左右一体型のワイヤレスイヤホンにするためのケーブルも専用に販売されています

ケーブルの交換可能なイヤホンならお気に入りの有線イヤホンもワイヤレス化できるのが特徴

個人的には左右一体型ワイヤレスイヤホンが音質が良くて好き!

 

ワイヤレスイヤホンの違いについて解説してきました。

この後はワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットについてまとめていきます

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンのメリットは5つ

赤ちゃんとヘッドホン

ワイヤレスイヤホンのメリットはこちら

ワイヤレスイヤホンのメリット
  1. ケーブルがないのでスッキリ
  2. ケーブルが絡まることがない
  3. ケーブルが物に引っかかってのノイズが無い
  4. 断線の心配なし
  5. 持ち運びの簡単さと運動中にも邪魔にならない

どれも些細なことではありますが、実際にワイヤレスイヤホンを持ってみると予想していたよりも大きな感動があります

 

ケーブルが絡まないからストレスフリー

AirPodsPro

イヤホンにありがちなケーブルの絡まり

ワイヤレスイヤホンなら絡まったケーブルをほどく面倒は無くなります!

有線イヤホンで取り出すたびにケーブルの絡まりを直すのはなかなか面倒臭い。。。
ワイヤレスイヤホンならそもそもケーブルがないから悩みはゼロになるよ!

 

ケーブルが無い(少ない)から断線しない

しかも有線ケーブルでありがちなのが断線

有線イヤホンだと思わぬところで引っかかるんだよね

断線するたびにイヤホンを買い直すのも面倒ですよね

ワイヤレスイヤホンはiPhoneなどに接続する必要もないから、断線リスクはめちゃくちゃ下がりますよ!

AirPodsとかの完全ワイヤレスならそもそもケーブルがありませんしね

ネックバンド型などの場合、仮に断線してもイヤホンの交換が可能なモデルもあります

参考:SE215SPE-B+BT2-A

 

運動する時にも持ち運びにも邪魔にならない

AirPodsPro

他にも運動するときもイヤホンのケーブルと再生するiPhoneが接続されているのはハッキリいうと邪魔

そしてケーブルが無い(少ない)だけで、驚くほどに持ち運びが快適

ポケットに忍ばせておくだけでも良いですしね

 

ノイズの原因を除去

有線ケーブルは体などに触れるたびに音にノイズが入ります

ですがワイヤレスイヤホンであれば再生機(iPhoneなど)との間にケーブルがないので触れることは当然ないためノイズの原因になるものはありません

ネックバンド型などの首にかかっているケーブルからはノイズは入りにくいのでご安心を

だからこそワイヤレスイヤホンというものの最大のメリットはシンプルに『ケーブルと再生機がワイヤレス』という部分ですね!

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンのデメリット(注意点)4つ

ヘッドホンと女性

ワイヤレスイヤホンにも残念ながらデメリットはいくつか存在します

それがこちら

ワイヤレスイヤホンのデメリット
  1. 充電が必要で面倒臭い
  2. 音質が良くない
  3. 音飛びの可能性あり
  4. 紛失リスクが高い

順番に見ていきましょう

 

充電が必要

AirPodsPro

デジタル機器の宿命です

充電が必要なのは少し面倒

とはいえ電源を切っておけば放電するまでかなり時間がかかるので、フル充電しておけば普段使いで困ることはないですよ!

 

シンプルだからこその紛失リスク

紛失リスクは有線イヤホンに比べれば高くなりがち

特に完全ワイヤレスイヤホンだと耳から外れるとそのまま落ちてしまいますからね

ケーブル付きのネックバンド型や左右一体型なら耳から外れても首に引っかかりますから対策になりますね

 

音質は製品と規格による

AirPodsPro

多くの人が一番気になるのが音質

ぶっちゃけ製品と規格によって異なります

そのため選び方はしっかり覚えておいた方が良いですね

ワイヤレスイヤホン(Bluetooth)の選び方とは?4つのポイントを解説

ワイヤレスイヤホン(Bluetooth)の選び方とは?4つのポイントを解説

 

そんなこたぁいいからオススメのイヤホンを教えやがれ!』って方はこちらをどうぞ

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】アイキャッチ

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

 

ハッキリ言うとワイヤレスイヤホンは製品選びを間違えると、ノイズが酷すぎて聞けたものじゃありません

以前友人の安物ワイヤレスイヤホンを視聴しましたが、『ラジオかな?』と思ったほどにノイズがひどくてすぐに手放しました

ワイヤレスイヤホン選びは慎重に!

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンはメリットもデメリットを把握して音質の良いものを選びましょう!

TrueAir

以上でワイヤレスイヤホンのメリットやデメリットについてまとめてきましたが音質にこだわる人は有線にした方が絶対いいです!

とはいえワイヤレスの良さは有線では絶対に得られない部分なのも事実

ということで私は有線イヤホンとワイヤレスイヤホンの2台持ち(正確にいうと3台持ち)にして状況に合わせて使い分けています

ふだん使ってないものも入れれば家にイヤホンが10本以上あります笑

もちろんワイヤレスイヤホンでもそんじゃそこらの有線イヤホンより音質の良いものもたくさんあります

おすすめのワイヤレスイヤホンは別の記事でまとめているのでよかったらご覧ください

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】アイキャッチ

ワイヤレスイヤホンのおすすめ10選【用途別に解説】

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です