ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットとは?【音質優先なら有線一択】

ワイヤレスイヤホンのメリットデメリットとは?【音質優先なら有線一択】アイキャッチ

どうも!イヤホンにはうるさい@gudaogudaoです。

今回はワイヤレスイヤホンのメリットデメリットとは?【音質優先なら有線一択】というテーマでお話します。

 

皆さんイヤホンは使っていますか?

私は『カスタムIEM』っていう自分の耳型に合わせて制作するイヤホンを持っているほどイヤホンにはこだわりがあります。

当時購入価格で15万くらいしました笑

そんな私も最近では一番使用頻度が高いのがワイヤレスイヤホンになりつつあります。

 

最近では完全ワイヤレスイヤホン(ケーブルレスのタイプ)とかも流行ってますよね。

ただワイヤレスイヤホンにはメリットデメリットが存在するのを知っていますか?

 

今回はワイヤレスイヤホンが欲しいけど、どれを買えばいいかわからない人向けです!

意外と知らない『ワイヤレスイヤホンのメリットデメリット』を中心に解説していきます。

イヤホン選びは妥協しない方が幸せになれますよ!

ワイヤレスイヤホンにも種類がある

AirPods

ワイヤレスイヤホンにはいくつか種類がありますが、大きく分けると2つです。

ワイヤレスイヤホンの種類
  • 完全分離型ワイヤレスイヤホン
  • ネックバンド型ワイヤレスイヤホン
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホン

順番に解説していきます。

 

完全分離型ワイヤレスイヤホン

完全分離型ワイヤレスイヤホンというのはAppleのAirPodsのような一切ケーブルのないタイプですね。

この完全ワイヤレスイヤホンは『トゥルーワイヤレスイヤホン』とも呼ばれたりします。

 

一番の特徴はやはりケーブルが一切ないこと。

ケーブルというのは干渉するとノイズの原因になったり、断線する恐れがあったりもします。

またケーブルレスなのでスポーツする時などにも邪魔にならないのはメリットですね。

 

トゥルーイヤホンで一番有名なのがAppleのAirPodsですね

ノイズキャンセリング付きの高機能なAirPodsProに関しては記事にまとめているのでよかったらどうぞ

AirPods Proを徹底解説!良いところ(メリット)も悪いところ(デメリット)もまとめていくよ!

 

ネックバンド型ワイヤレスイヤホン

ネックバンド型は左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプで、首にかかる部分が若干太くなっています。

この首の部分にバッテリーやアンプなどを内蔵しています。

首で緩やかに支えていることもあり安定しますし、見た目もおしゃれ。

それでいて大容量のバッテリーなども搭載できるのがメリットですね。

 

ちなみにネックバンドイヤホンならBeats製品がおすすめです。

親会社はApple、アメリカでは1/2がBeats製品と言われるくらいに人気の製品です。

 

左右一体型ワイヤレスイヤホン

これはネックバンド型に近いですが、左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプです。

ネックバンド型のように首の部分だけ太いということもなく、ケーブル全体がしなやかなのが特徴です。

しなやかなケーブルなので持ち運びが簡単ですが、反面バッテリーの容量は小さくなるので連続動作時間は期待できません。

ただ個人的にはこの左右一体型ワイヤレスイヤホンが一番好きですね!

 

ワイヤレスイヤホンの違いについて解説してきました。

この後はワイヤレスイヤホン全般のメリットデメリットについてです。

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンのメリットは5つある

赤ちゃんとヘッドホン

 

ワイヤレスイヤホンのメリットはシンプルにこんな感じです。

ワイヤレスイヤホンのメリット
  1. ケーブルがないのでスッキリ
  2. ケーブルが絡まることがない
  3. ケーブルが物に引っかかってのノイズが無い
  4. 断線の心配なし
  5. 持ち運びの簡単さと運動中にも邪魔にならない

どれも些細なことではありますが、実際に持ってみると予想していたよりも大きな感動があります。

例えばイヤホンにありがちなケーブルの絡まり。

イヤホンをつけるたびにこの絡まりを直すのはなかなか面倒臭いです。

しかも断線するたびにイヤホンを買い直すのも面倒。

 

ただこの二つを解消する手段は色々あるのでそれは最後に書いていきます。

 

他にも運動するときもイヤホンのケーブルと再生するiPhoneなどと接続されているのはハッキリいうと邪魔です。

しかもケーブルが体などに触れるたびにノイズが入ります。

だからこそワイヤレスイヤホンというものの最大のメリットはシンプルに『ケーブルと再生機がワイヤレス』という部分ですね!

 

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンのデメリット(注意点)4つ

ヘッドホンと女性

 

ワイヤレスイヤホンのデメリットは残念ながらいくつか存在します。

ワイヤレスイヤホンのデメリット
  1. 充電が必要で面倒臭い
  2. 音質が良くない
  3. 音飛びの可能性あり
  4. 紛失リスクが高い

充電が必要なのは少し面倒な部分かと思います。

とはいえ電源を切っておけば放電するまでかなりの時間がかかるのでフル充電しておけば普段使いで困ることはないかと。

 

また紛失リスクは高いです。

ケーブル付きであれば耳から外れても首に引っかかりますが、完全ワイヤレスイヤホンではそのまま落ちてしまいます。

そのため落ちて壊れる可能性もあるし、気づかずそのまま紛失する可能性もあります。

 

ただ多くの人が一番気にするのが音質ではないでしょうか?

これに関しては長くなるので別の記事で解説していきます。

Bluetoothで音質が悪いのは規格を知らないから【知らないと損!】

とはいえiPhoneならAAC規格に対応していてイヤホン自体の性能が高い製品であれば文句なしです。

例えばShureのSE215のBTモデルなんかは手頃な価格で高音質なので音質の良いイヤホンが欲しい人にはおすすめです。

 

ハッキリ言うとワイヤレスイヤホンは製品選びを間違えると、ノイズが酷すぎて聞けたものじゃありません。

以前安物ワイヤレスイヤホンを視聴しましたが、『ラジオかな?』と思ったほどにノイズがひどくてすぐに手放しました。

ですのでワイヤレスイヤホン選びは慎重に!

 

スポンサーリンク

まとめ:ワイヤレスイヤホンはメリットもデメリットを把握して音質の良いものを選びましょう!

ヘッドホン マーシャル

 

最初にタイトルを書いた段階で『シャレみたいになってしまった』と思っていましたが笑

音質をこだわる人は有線にした方が絶対いいです!

 

ただワイヤレスの良さは有線では絶対に得られない部分なので私は有線とワイヤレスの2台持ち(正確にいうと3台持ち)にして状況に合わせて使い分けています。

個人的には左右一体型のワイヤレスイヤホンがワイヤレスの良さを楽しみながら音も良いのでオススメです。

 

私のオススメのワイヤレスイヤホンはこちらSHUREのワイヤレスイヤホン SE215SPE-B-BT2

名機と名高いSE215のBluetooth版です。

高級イヤホンのエントリー機なので低価格なのにこの音質はすごいですよ!

 

最高峰の音質を追求するならSE535のBluetooth版のSE535LTD+BT2かSE846のBluetooth版のSE846-CL+BT2ですね。

小さなイヤホンの中に3つ以上のスピーカーを搭載しているので解像度は高く、迫力のある音楽を楽しむことが出来ますよー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で300日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!