複数の無線LANのアクセスポイントのSSIDを同じにすることで擬似的にメッシュWifiを実現する


前回中継機能を使う について書いた

無線LANルーターで中継機能を活かす

今回はSSIDを同じにすることで擬似的にメッシュWifiを実現するをテーマに書いていきたいと思う

SSIDを同じにすることの良さとは

私の家では前回書いたように中継機能を有効にさせるためにあえてSSIDは別のものを利用して使用している。

ただ実際このような使用シーンは少なく、多くの場合家や事務所の中全てがwifiを問題なく使いたい、いちいち接続先を変えたくないという意見の方が一般的であろう。

しかし現実はわからないながらに無線LANルーターを置いて繋げているため、ネットワークがどうだ、もっと言えばSSIDってなに?(この記事の元も子もない)ってなことの方が大半だと思う。

少しでもわかりやすく書ければと思うが、ネットワーク機器はただでさえ英文字の羅列でわかりづらい。

その辺りはご了承いただきたい。

ちなみに我が家の状況を一例として

Buffalo-AAA
Buffalo-AAB
Buffalo-AAC

とする。

このような場合下記イメージのように各SSIDごとに対してナワバリを持つことになる。

そのため例えばBuffalo-AAAにスマホやPCが繋がっていると、たとえ壁一枚隔てた違う部屋に行った時でも同じSSIDとの接続を維持しようとするため、必然的に電波の強度は落ちる。

俗に言うwifiのアンテナの本数が少ないといった現象だ。

これでは部屋を移り変わるたびに、その場所から一番近くの無線LANルーターにつなぐ必要性が生じ面倒くさい。

そこでオススメするのがSSIDを同一にすることだ(パスワードもね)

イメージは下記である。

あえて全ての無線LANルーターを同じSSID・パスワードにすることで電波の死角をなくすことが可能になる。

また全て同じSSID・パスワードのため、スマホやPCが勝手に近くの無線LANにつなぎ直すため個別のSSID(特別に設定を変更していない状態)で設置した時のように繋ぎ直しなどの作業もなくシームレスに使うことが可能だ。

複数のアクセスポイントをお使いの方はぜひこの設定を試してもらえればと思う。

ただし無線のチャンネルは同じものを設定してはダメなので要注意!

スポンサーリンク

まとめ

最近の無線LANルーターは速度は早くなっているが、強度は下がっているのは体感的に感じる。

そのため家中どこでもや、事務所中の死角をなくすように無線LANを構築したい場合は上記の方法が有効である。

出力の大きな機械を一台置くよりも、安価な無線LANルーターを複数台置いたほうが圧倒的に利便性は高い。

最近では似たような技術をメッシュwifiとして開発していると聞くが、たかだか数千円の無線LANルーターを複数台置くだけで似たようなことができるのだから、家中wifiが繋がらないと気持ち悪い私のような電波ジャッキーとわからないながらに社内のネットワークを担当しているなんちゃってネットワーク担当者は是非メッシュwifiを構築してもらいたい。

きっとわからない者たちから尊敬の眼差しで見つめられるでしょう。

ちなみに個人的にはBuffaloの無線LANが設定しやすいのでおすすめかな〜

そこそこ電波も強いし安いから個人的にはこれがオススメ!

バッファロー AirStation WXR-1750DHP2 [WLAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mb]

created by Rinker

無線LANルーターで中継機能を活かす

スポンサーリンク

2019/3追記

最近ではメッシュWifiも一般化してきていることもあり製品もかなり安価になりつつあるので、設定が面倒くさい人や不安な人は最初からメッシュWifi対応端末を買う方が楽かもしれない。

下にオススメのメッシュWifi機器のリンクを貼っておきます。

話題の“メッシュWi-Fi”セキュリティ搭載でどこよりも便利に TP-Link Deco M5 WiFi 無線LANルーター 11ac/n/a/b/g 3ユニットセット【Amazon Alexa対応製品】

created by Rinker

WRM-D2133HP/E1S バッファロー AirStation connect デュアルバンド無線LANルーター + 専用中継機1台セットモデル (スターターキット) (デュアルバンド:1733Mbps+400Mbps)

created by Rinker

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

2 件のコメント

  • 私も同じように設定していますが、電波の強い方に自動的に切り替わるわけではなく、掴んでるwifiが切れると電波の強いのに切り替わるという感じですね。
    対策調べてたら、パソコンのデバイスマネージャから「ローミングの積極性」の値を変更した方がよいというのも見つけました

    • まこりん様
      コメントありがとうございます!
      ローミングの積極性はOSによって扱いが異なるようでMacやiOSなどでは基本的には電波の強い方に自動に切り替わりやすいです。
      ただWindowsやアンドロイドは切れるまでは弱い電波につなぎ続ける傾向があるみたいです。
      Windowsユーザーはおっしゃっていただけたように『ローミングの積極性』の値を変えて頂いたほうが快適に使えそうですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です