【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い換え!購入したポイントや理由まとめ

EOS7Dmark2からEOSRP買い替えアイキャッチ

どうも!一眼レフ好きの もとゆき(@gudaogudao)です!

一眼レフは【EOS 7D Mark2】を使用していたのですが【EOS RP】に買い替えました! (正確には買い増し)

そこで今回はなぜ【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い替えたのか、についてまとめていきます

似たようなケースで【EOS RP】を購入検討中の人の参考になれば幸いです

 

ちなみに【EOS RP】の詳細なレビューはこちらにもまとめています

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

EOSRPレビュー記事アイキャッチ

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

【EOS 7D Mark2】を使用していた理由

EOSRP

EOS 7D Mark2】は4〜5年ほど使用しました

そもそもなぜ【EOS 7D Mark2】を使っていたのかというとこんな理由からでした

  • 動物の動体撮影を楽しみたかった(犬とか鳥)
  • 圧倒的な連写性能
  • 防塵・防滴
  • ASP-Cのフラッグシップが欲しかった

EOS 7D Mark2】といえばキャノンのAPS-C機のフラッグシップモデル

APS-C:フルサイズよりも小さいセンサー

そのスペックたるや圧倒的でした

  • 連続連写10枚/秒
  • AIサーボAF3の追従性能
  • 最大65点クロス測距
  • CPU 2基搭載
  • SD・CFカードの2枚挿し

手の届く価格なのにAIサーボ3による圧倒的な追従性能を誇るAFに最大65点クロス測距

それに付け加えて10枚/秒の連写性能は動物などの動きの速いものを撮るには最高でした

EOS 7D Mark2】を購入した当時所有していた一眼レフは【EOS KissX5】でしたので、かなり大きなスペックアップでした

ちなみに初めて購入した一眼レフが【EOS KissX5】でした!懐かしい、、、

 

またCPUを2基搭載していることで画像処理を高速化しており、SDカードとCFカードの2枚挿しができるのでRAWデータとJPEGデータを同時に保存できるもの嬉しいポイント

APS-C機としてはまさにフラッグシップ

最近ではエントリークラスの機種でも肉薄するレベルで性能向上しているのは嬉しいような残念なような複雑な気持ちですがw

 

スポンサーリンク

【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い換えた理由

EOSRP

ではなぜそんな【EOS 7D Mark2】を買い換えることにしたのか

それを語るために【EOS 7D Mark2】のイマイチなポイントもまとめていきます

 

【EOS 7D Mark2】のイマイチなところ

EOS 7D Mark2】のイマイチなポイントはこちら

  • デカく・重たい
  • バリアングルモニターがない
  • タッチ非対応
  • 描写力がイマイチ
  • やっぱりAPS-C

一番イマイチなのはデカく・重たいことですね

子供が生まれてからというものカメラを持ち運びたいけど、動き回り、抱っこしてくれとせがみ、時に暴れ狂う子供の相手をしながら担ぐには本体だけで910gある【EOS 7D Mark2】は重いしデカすぎました

また結婚し・子供が生まれたことでライフスタイルも変化し、撮影対象がほとんど子供になったことも【EOS 7D Mark2】の本来持つべき良さを活かせなくなったのも事実

 

ちなみに重くてデカいのがしんどくて小型・軽量なミラーレス【EOS M3】を楽しんだ時期もありました

ブツ撮りは問題なかったのですが、AFの遅さや動体の弱さはやはり実用的ではありませんでしたね

 

他にも高速性やAF性能は今でも文句なしですが【EOS 7D Mark2】は描写力には少し欠けるところがありました

また良くも悪くもAPS-Cだな、というところもあって画角の狭さや暗所性能はフルサイズには及びません

 

他にはバリアングルモニターが不在・タッチ非対応というのも地味に不便でした

購入時には気にならなかったことがライフスタイルの変化でイマイチに変わりました

 

これらのことを総合して【EOS 7D Mark2】からフルサイズミラーレスに切り替えすることに決めました

ちなみに当ブログでの用途でいえば【EOS 7D Mark2】の性能は全く必要なく、むしろブツ撮りしやすい【EOS RP】の方がぴったりです

 

EOS RPの購入ポイント

EOSRP

そこで【EOS RP】の購入を検討したわけですが、購入する時にポイントにした部分がこちら

メインの用途:ブツ撮り・スナップ

  • 軽い・小さい
  • AFが速い
  • USB-C充電
  • ファインダーが光学ファインダー並み
  • バリアングルモニター・タッチ対応
  • 描写力が高い(フルサイズならOK)
  • 暗所に強い(フルサイズならOK)

EOS 7D Mark2】の購入用途から考えると真逆をいってますw

別にキャノンに限定していたわけではないのでSONYでもニコンでも要望に合えばOKでしたが、上記全てのポイントを満たしつつ、価格も圧倒的に安かったこともあり【EOS RP】に決めました
ちなみに【EOS R】とも悩みましたが、用途的にそこまでの描画性能・スペックは必要なかったのと【EOS RP】に比べると重たいのが微妙だな、というのが【EOS RP】を選んだ理由です

 

スポンサーリンク

【EOS RP】を買ってよかったこと

EOSRP

上記では【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に替える時のポイントをまとめましたが、実際買い換えてどうだったかもまとめていきます

EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い換えてよかったことがこちら

  • 軽い・小さい
  • AFが速い
  • ファインダーが光学並み
  • USB-C給電が便利
  • 暗所つよし

順番にまとめていきます

 

ちなみに詳細なレビューはこちらでまとめてますのでよろしければどうぞ

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

EOSRPレビュー記事アイキャッチ

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

 

軽い・小さい

『軽くて小さい』って正義です

EOS 7D Mark2】と【EOS RP】を比較したのがこちら、まずは正面から

【EOS 7D Mark2】&【EOS RP】

1周りどころか2〜3周り小さくなっています

 

続いて上から比較

【EOS 7D Mark2】&【EOS RP】

子供と大人の違いくらいハッキリ違いますね

 

続いては左右からです

【EOS 7D Mark2】&【EOS RP】 【EOS 7D Mark2】&【EOS RP】

左グリップ側から見れば半分ほどのサイズ感

スペック以上に小さく感じます

 

EOS 7D Mark2】と【EOS RP】の本体重量の違いがこちら

ほぼ半分

EOS 7D Mark2】から比べると身につけてるの忘れるレベルで軽いです(大袈裟)

 

ちなみに『あつまれ どうぶつの森』のパッケージと比較してみました

【EOS RP】&どうぶつの森 【EOS RP】&どうぶつの森

小さいですよねー

 

AFが速い

EOS RP】のAFは驚くほどの爆速

その速度たるや世界最速の0.05秒

悩むことなく狙ったところに瞬時にバシッとフォーカスを合わせてくれます

 

また上部の動画で紹介されているようにファームアップで瞳オートフォーカスも強力

かなり離れた位置にいる被写体の瞳もしっかり捉えて外れないので、動き回る子供の写真や動画でも大活躍!

 

ファインダーが光学並み

EOSRPファインダー

正直ずっと一眼レフを使ってきてると電子ファインダーって抵抗あったんですよね。。

というのも初めて電子ファインダーを試して見たときにボケてるわ・遅延はひどいわで『こりゃダメだ』と感じた印象をひきづっていたためです

 

それから電子ファインダーを触らないまま来てたのですが、【EOS RP】の購入に先立って試して見たら『ほとんど光学ファインダー』な性能でビビりました

正直これだけ精度高いなら光学にこだわる意味はないな、、と

おかげで小さく軽くなりましたし、ファインダーでできることもモニター並みに多いので満足

 

USB-C給電が便利

EOSRP-USB

今まではバッテリーを外して純正の充電器でしか充電できませんでした

これがコンセントは1つ潰すし、何より面倒臭かったんですよね

 

そのためUSB経由、しかもMacbookやiPadProとも共用で使えるようにUSB-Cで充電できるものを選び【EOS RP】となりました

おかげでUSB充電器は元より、MacbookやiPadProはもちろんモバイルバッテリーやカーチャージャーからも充電できるので常にフル充電を保てるのが最高です

EOS RP】買ってから一回も純正の充電器はつかってませんw

 

暗所つよし

EOSRP暗所撮影
公式サイトより引用

EOS RP】の低輝度合焦限界はEV-5

暗闇に近い状態でも撮影可能です

 

EOS 7D Mark2】はAPS-Cということもあり、暗所だと合掌しにくいところもあってのでコレには満足

そしてフルサイズの良さでもあるのですが、室内でもISO感度は低くても明るくシャッター速度も早く撮影できるところも相まって、室内での子供の撮影が捗っています

暗所に強いのは室内撮影するものには嬉しい!

詳細なレビューはこちらにまとめています

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

EOSRPレビュー記事アイキャッチ

【EOS RP レビュー】フルサイズなのに超小型ミラーレス!毎日持ち運びたくなる初心者向け一眼レフ【ゴールド・レンズ・マウントアダプターキット】

 

スポンサーリンク

【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い換えた理由まとめ:こんな人にオススメ

EOS RP

以上で【EOS 7D Mark2】から【EOS RP】に買い換えた理由と、買い換えてよかったことをまとめてきました

欲しいものは調べ尽くしてすぐに買っちゃう私ですが、今回は結構悩みぬいて時間をかけての購入となりましたが、正直もっと早く買えばよかったと後悔しているほど気に入ってますw

 

もちろん【EOS 7D Mark2】は今でも良いカメラですし、動体撮影にはピカイチの性能です

ですがライフスタイルが変化し、ブツ撮りや子供の撮影がメインならEOSRPのコスパはピカイチです!

 

フルサイズ機ならではの描写・表現力、爆速AFに追従性バツグンの瞳オートフォーカス

光学ファインダーと見紛うほどクリアで鮮明な電子ファインダー

USB-C給電や各種機能・アプリによる操作性の高さと盛り沢山

 

何よりも軽くて小さいのでちょっとした散歩やお出かけなんかにもフッと持って出てしまうほどの気軽さが愛おしいです

価格もフルサイズミラーレスの中では最も安く、コスパが高いのも魅力

フルサイズ入門機・一眼レフの買い替えを検討している人にはオススメの一台ですよ!

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です