【激安】Amazon5日間のビックセール開催中【27日〜】

【TaoTronics SoundLiberty 77レビュー】片耳モードにIPX7:高コスパの完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics SoundLiberty 77

どうも!イヤホンを30本購入してきたもとゆき(@gudaogudao)です

完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけど音質が良くて、機能豊富でコスパの良いイヤホンはないの?

こんな欲張りな方にもおすすめなのは【TaoTronics SoundLiberty 77】です

特徴はこちら

  • AACコーデックでiPhoneでも高音質
  • MCSync対応で左右同時転送
  • 1.5〜2時間の充電で約20時間使える
  • 10分の充電で1時間使用可能なラピッドチャージ
  • タッチセンサー搭載でイヤホンのみで操作できる
  • オートペアリング
  • 片耳モードに対応
  • 完全防水のIPX7

SoundLiberty 77】を実機レビューしていきます!

低価格なのに高音質で多機能なのでコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンですよ!
本記事はメーカー様から商品提供いただき作成しています

【TaoTronics】SoundLiberty 77の外観と付属品

SoundLiberty 77

SoundLiberty 77】の仕様はこちらです

TaoTronics SoundLiberty 77の仕様

BluetoothのバージョンBluetooth5.0
BluetoothプロファイルA2DP,AVRCP,HFP,HSP
BluetoothコーデックSBC,AAC
連続再生時間5時間
合計再生時間20時間
充電時間1.5〜2時間
重量約44g
防水等級IPX7
ドライバー6mmダイナミック型ドライバー

押さえるべきところは押さえた!って感じの死角のない仕様です

それでは外観から見ていきましょう

SoundLiberty 77

シンプルでカッコいい

オレンジの部分を引き出して中身を取り出していきます

 

付属品はこちら

SoundLiberty 77

イヤーピースは本体に装着している分も含めて3パターン

充電ケーブルはUSBA-マイクロUSBでした

SoundLiberty 77

USB-Cじゃないのは少し残念

 

ケースがこちら

SoundLiberty 77 SoundLiberty 77

ご開帳!

SoundLiberty 77

小さなボディにキレイにイヤホンが詰まっているのでかなりコンパクトで良い感じです

そしてイヤホン本体がこちら

SoundLiberty 77

耳に入らない部分は大きめですが、耳に入る部分はかなりスリムに作ってあります

SoundLiberty 77 SoundLiberty 77

イヤホンの内側には『L・R』が書いてあるので左右のつけ間違いはなさそうで良きです

では実機レビューや特徴をまとめていきますね

 

スポンサーリンク

【TaoTronics】SoundLiberty 77の特徴

SoundLiberty 77

SoundLiberty 77】の特徴はこちらです

  • AACコーデックでiPhoneでも高音質
  • MCSync対応で左右同時転送
  • 1.5〜2時間の充電で約20時間使える
  • 10分の充電で1時間使用可能なラピッドチャージ
  • タッチセンサー搭載でイヤホンのみで操作できる
  • オートペアリング
  • 片耳モードに対応
  • 完全防水のIPX7

順番に解説していきます

 

AACコーデックでiPhoneでも高音質

SoundLiberty 77】はコーデックにSBCとAACに対応しています

コーデックとはデータ転送の方法のこと

コーデックの中でもAACというのはiPhoneなどAppleデバイスに対応した高音質コーデックです

SoundLiberty 77】ではこの高音質コーデックAACに対応しているのでAppleデバイスでも安心

 

※コーデックについてはこちらで詳しく解説しています

Bluetoothで音質が悪いのは規格を知らないから【SBCでも良音の製品もあるよ!知らないと損!】

 

MCSync対応で左右同時転送

SoundLiberty 77

完全ワイヤレスイヤホンにはデバイスからイヤホンへ転送する時に2つの方法があります

安価なワイヤレスイヤホンだと下記の通り

リレー伝送:Lのイヤホンに転送して、LのイヤホンからRのイヤホンに転送

リレー伝送は音飛びや音切れの原因になり、遅延にも繋がりやすいです

対して【SoundLiberty 77】では『MCSync』という左右同時転送に対応しています

MCSync:左右のイヤホンに同時にデータ転送する

MCSyncの特徴がこちら

  • リレー転送に比べて音飛びや音切れ、遅延の軽減にもなり、データ転送量が増えることで高解像度化にもつながります
  • リレーで発生する無駄な電力消費もなくなるため省電力化にもつながる

通信が効率化されるため音飛びや音の途切れ、省電力にもなるからワイヤレスイヤホンとしての性能が飛躍的に安定します

良いこと尽くしだよね!

 

1.5〜2時間の充電で約20時間使える

本体は最大5時間の連続再生に対応

そしてケースにおさめることで充電もできますが、その場合は最大で20時間の使用が可能になります

 

10分の充電で1時間使用可能なラピッドチャージ

あっイヤホンの充電が切れちゃった。。。使えないのは困る

こんな時に便利なのがラピッドチャージです

イヤホンの充電が切れてもケースに10分いれれば1時間の使用が可能になります

10分間充電するだけで1時間の使用が可能になるので外出先で万が一電池切れになっても安心!

 

タッチセンサー搭載でイヤホンのみで操作できる

SoundLiberty 77
満員電車などで曲送りや音量調整するのは大変。。。

こんな時に便利なのがタッチセンサー

SoundLiberty 77】はタッチ操作に対応しているのでイヤホンに触れるだけで操作可能です!

  • 再生・一時停止
  • 音量の調節
  • 曲送り
  • 通話応答
  • 通話を切る
  • 通話拒否
  • 音声コントロール(Siriなど)

 

オートペアリング

SoundLiberty 77】はオートペアリングに対応

1度ペアリングしておけば、次回以降はケースからイヤホンを取り出すだけで勝手にペアリングされます!

電源ON・OFFもペアリングも全自動なのは利便性たかいよね!

 

片耳モードに対応

個人的にうれしいのがこれ!

片耳のイヤホンだけ取り出すと自動的に片耳モードになります

ケースから取り出すだけで運転中のハンズフリーフォンとしても活用できるのがめっちゃ便利!

 

完全防水のIPX7

防水にはいくつかの規格がありますが【SoundLiberty 77】はIPX7を採用しています

IPX7ってどれくらいの防水性能なの?
IPX7は30分間水の中に入れておいても大丈夫な防水性能だよ!

IPX7の試験方法は下記です

水面下:15cm~1m、30分間

つまり30分間水につけていても大丈夫な防水性能ということです!

汗や突然の雨なら全く問題ないし、水洗いしてもOK!

キレイ好きにはたまらないね!

 

スポンサーリンク

【TaoTronics】SoundLiberty 77実機レビュー

SoundLiberty 77

では実機レビューです

完全ワイヤレスイヤホンをなめていました、、、正直この価格でここまで高性能な製品が出てくるなんて、、、

必要な機能や、あったら良いな、という機能を全部盛りにしたら【SoundLiberty 77】になる感じです

 

音質

SoundLiberty 77

コーデックはAAC対応なのでiPhoneユーザーにおすすめ

ダイナミックドライバーらしい、迫力のあるサウンドですが思ったよりも解像度は高い

いわゆるドンシャリ系の音作りで、低域はフラットな印象もだしながらベースラインはキレイめ

ただ曲やボリュームによってはちょっとボケる感じも

 

中音や高音域はよく出ていて、特にボーカルは聴きとりやすいです

高音はかなり強めな味付けでハイトーンなボーカル曲やエレキギターでは一気に強くなるのでいきなりだとびっくりするかも

そしてドラムのシンバルなんかはかなり際立ちます

東京事変の『ブラックアウト』を再生してみると最初のドラムソロがしびれます!

複数の音が絡まると解像度は下がりがちなのはダイナミックドライバーなのでしょうがない部分かな〜と思いますが、モニター的な聴き方をしないなら特に問題なし

 

もちろん高級なイヤホンと比べるとデティールが甘い部分もあるが、逆にいえば7000円ほどの価格でこれ以上の音質の完全ワイヤレスイヤホンはなかなか無いですね

コスパを考えると『この価格で完全ワイヤレス、しかもこれだけ多機能なのにこの音質はすごい』と素直に感動するレベルですよ!

 

音切れ・遅延

iPhoneで視聴しましたが音切れや遅延に関してはほぼ感じることはありませんでした

AACコーデックがうまく働いているのかな?

音楽や動画を見るのに文句なしです

 

つけ心地

SoundLiberty 77

つけ心地はかなりよくて、小さい耳にもかなりキレイに収まります

独特な形状ですが、うまく耳の形にフィットしますね

 

当然歩いても走っても落ちないので散歩や運動の音もにちょうど良いです

イヤーピースも3種類あるので自分の耳のサイズに合わせてつけ心地を調整できるのでどんな耳でも安心

 

片耳モード便利すぎる

個人的に結構気に入っているのが『片耳モード』ですね

ケースから片耳だけ取り出すだけで自動的に片耳モードになるので、ふだんは音楽や動画を楽しみ、車ではハンズフリーフォンとして使う、みたいな使い分けができるのが最高

 

汗をかいてもじゃぶじゃぶ洗える

移動中や運動中にイヤホンを使う人に嬉しいのが防水機能

特に【SoundLiberty 77】はIPX7に対応している雨どころか水没させても大丈夫

つまり汗をかいて汚くなったイヤホンもジャブジャブ水で洗えます!

個人的にはふだん使い以外にも、ジムなどでそのまま使用できるのは嬉しすぎる

今まではジム用にイヤホンを持ち歩いていたので今後はイヤホン1つで大丈夫そうです

 

めっちゃ軽いから持ち運びが楽

SoundLiberty 77

実際持ってみるとiPhoneの1/4ほどなので重量はほぼ感じません

しかもケースもスリムで小さいのでポケットに入れておいても邪魔にならないし、持ち運びのストレスがないのが良いですね

とはいえ軽すぎてポケットに入っていることも忘れるほどなので紛失には気をつけようね

 

スポンサーリンク

【TaoTronics】SoundLiberty 77レビューまとめ

SoundLiberty 77

ぶっちゃけ低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンはあまり信用してなかったのですが【SoundLiberty 77】のクオリティには驚きました

7000円ほどの低価格でここまでの音質と機能を追求しているのは凄い

また思わず使いたくなる絶妙なユーザーエクスペリエンスをもたらしてくれるんですよ

  • カバーを開けるだけですぐにペアリング(片耳モードにもなる)
  • 軽くてコンパクトだから持ち運びしやすい
  • 連続再生時間も長いので充電を忘れるほど
  • 独特な形状で耳への収まりが良い
  • 防水性能バツグン

こんなところがほんとに素晴らしくて、思わず手にとっちゃう気軽さがたまらないですね

どうも、もとゆき(@gudaogudao)でした

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です