【後悔なし!】おすすめプロジェクター5選!徹底比較!【ホームシアター初心者向け】

どうも!プロジェクターでの映画視聴を愛する@gudaogudaoです。

今回は大画面で映画を見たい人に向けてホームシアター初心者におすすめのプロジェクター5選です。

こんな人におすすめの記事です。

  1. 大画面で映画が見たい!
  2. プロジェクターに興味はあるけど何を買えばいいの?
  3. おすすめのプロジェクターは?

それでは見ていきましょう。

ホームシアター初心者におすすめのプロジェクターの選び方とは?

シアター

『ホームシアター用にプロジェクター』といってもピンからキリで選ぶのが難しい。

そこでプロジェクター選びをする時に気をつけるべきことを紹介します。

それがこちら。

プロジェクター選びのポイント
  • メーカー
  • 解像度
  • 投写距離とサイズ
  • ルーメン
  • コントラスト比

上記に気をつけながら選んでいくと自分の要望にぴったりのプロジェクターを選ぶことができます。

 

メーカー

EPSONやBenQ、AcerやSONYなどが有名どころです。

最近はポーダブルのプロジェクターなども選択肢は豊富です。

ポータブル分野ではモバイルバッテリーで有名なAnkerが参入し、高品質な製品を販売してるんだよ

 

解像度

解像度は投影サイズにもよりますが最低でもフルHDが欲しいのが本音

ポータブル機などではモバイル性と引き換えに解像度が低いものもあります。

本当にフルHDの解像度が必要かどうかは用途に応じて選択する必要があります。

解像度を取るのか、モバイル性を取るのかがポイント!

 

投写距離とサイズ

投写距離と写したいサイズもプロジェクターにより異なります。

例えばEPSONの『EPSON EH-TW650』では2.3mの距離から100インチの投写が可能ですが、上位機種の『EH-TW5650』では3m必要になります。

写したいサイズとプロジェクターの設置位置によっては、望みのサイズで写せない可能性もあるので注意しましょう!

 

ルーメン

ルーメンとは明るさの単位のことです。

周囲が暗ければ低めのルーメンでも大丈夫ですが、明るい日中にみるなら高めのルーメンが必要になります。

また最近はANSIルーメンという新しい単位もあります。

一例として400ANSIルーメンと従来の1200ルーメンだと400ANSIルーメンの方が明るいです。

ご参考までに

 

コントラスト比

画面の鮮やかさを決めるのがこのコントラスト比。

ただしコントラスト比の数値だけでは測れないのですが、基本的には高ければ高いほど良いです。

コントラスト比が高いほど色鮮やかでハッキリした絵作りが楽しめるよ!

 

以上でプロジェクターの選び方について簡単にまとめてきました

詳細は下記記事でまとめているのでよろしければご覧ください。

プロジェクター選びのポイントやおすすめのプロジェクターを解説するよ!

プロジェクター選びのポイントやおすすめのプロジェクターを解説するよ!アイキャッチ

プロジェクター選びのポイントやおすすめのプロジェクターを解説するよ!

 

スポンサーリンク

【後悔なし】おすすめのプロジェクター5選【ホームシアター初心者向け】

projector

ホームシアター初心者におすすめのプロジェクター5選はこちら

  • Anker:Nebula Capsule
  • Anker:Nebula Capsule2
  • EPSON:EH-TW650
  • EPSON:EH-TW5650
  • BenQ:TK800M

順番に見ていきます

それぞれ特徴があるから自分に必要なポイントは何か見極めていこう!

 

Anker:Nebula Capsuleシリーズ

Ankerの『Nebula Capsule』シリーズは持ち運びに便利なサイズと軽量さ、そしてバッテリー内蔵なところが特徴です。

本体サイズは350mlの空き缶ほど

まるでApple製品のような継ぎ目のないアルミニウムボディで出来ており、優れた耐久性のおかげで気軽に持ち運びできます

もちろんスピーカーも内蔵しているので持ち運びするのはこれ一台で大丈夫ですよ!

手軽さはピカイチなのでポータブル機・入門機としてはぴったりですね

 

本体にはAndroidOSを搭載しており、これ一台でNETFLIXやYoutubeなども楽しめます

 

EPSON:EH-TW650

EPSONのフルHD対応のプロジェクターで短焦点モデルのエントリー機がEH-TW650

短い距離で100インチを投写でき、3100lmの明るさが特徴的です

こちらも据え置きプロジェクターの入門機としてオススメ。

本体にはスピーカーも内蔵しているのでこれ一台でも映画やドラマを楽しめます

WiFi対応なのでワイヤレスでのスマホやタブレットの映像もプロジェクターで映写可能です

 

個別にレビュー記事も書いているのでよかったら見てね!

EH-TW650のレビュー記事はこちら

【EPSON EH-TW650をレビュー】ホームシアター用プロジェクター同等機種と比較【短焦点モデル 】

短焦点モデル ホームシアター用プロジェクターEPSON EH-TW650を購入レビュー!同等機種と比較しました!アイキャッチ

【EPSON EH-TW650をレビュー】ホームシアター用プロジェクター同等機種と比較【短焦点モデル 】

 

EPSON:EH-TW5650

EH-TW5650』はEH-TW650よりも圧倒的に優れたコントラスト比が特徴です。

そのコントラスト比はなんと1:60000と他の追随を許しません

高いコントラスト比は明暗をはっきりと映し出し、色乗りがくっきり

特に暗部の引き締めに優れており没入感が高まります

エントリー機よりも高画質なモデルが欲しい人にオススメだよ!

 

BenQ:TK800M

TK800M』はBenQの4Kモデルですが、価格は『EH-TW5650』とほぼ同等なのが特徴。

8.3MピクセルのTrue 4K UHDでリーズナブルなのにHDR10にも対応したプロジェクターです

ルーメンも高輝度3000lmで明るい部屋でも大画面を楽しむことが可能です

圧倒的な精細さはスポーツ観戦にはもってこいですね

ハイスペックなのに安いので1ワンク上の4Kプロジェクターが欲しい人にオススメ

 

スポンサーリンク

ホームシアター初心者におすすめのプロジェクター5選を徹底比較!

projector BenQ

それでは上記で紹介したプロジェクターを比較していきます。

性能比較はこちら。

AnkerEPSONBenQ
Nebula CapsuleNebula Capsule2EH-TW650EH-TW5650TK800
最大投写サイズ100インチ300インチ
100インチ投写時の距離3.08m2.3m3m3.3m
ルーメン100ANSIルーメン200ANSIルーメン3100lm2500lm3000lm
コントラスト比記載なし15,000:160,000:110,000:1
最大解像度854 x 4801280 x 7201920×10803840 x 2160
ビデオフォーマット1080p2160p
スピーカー5w×18w×12w×110w×15w×1
OSAndroid TV 7.1Android TV 9.0×
ポータブル性

何を重視するかによって購入すべきプロジェクターは変わるのでポイントごとに解説していきたいと思います。

 

ポータブル性を重視

ポータブル性を重視するのであれば間違いなくAnkerの『Nebula Capsule』がオススメですね。

空き缶ほどのサイズで重量もわずか470g

Nebula Capsule2』でも740gと軽量です。

 

またスピーカーも内蔵しており、バッテリーも映画を4時間見れるだけ搭載しているのでポータブル性は抜群です。

しかもAndroidOSを内蔵していて、NETFLIXやHuluといったVODサービスをこれ一台で楽しめるのもポイントだよ!

解像度は控えめなので、家でじっくり映画を見る用途には向きませんが、価格も安いので持ち運びのできるエントリー機には良いですね。

個人的にはルーメン・コントラスト比共に優れている『Nebula Capsule2』の方がおすすめです。

 

自宅のホームシアターで映画を見る用途

自宅のホームシアターで映画を見たい、でもホームシアター初心者だから何を買えば良いのか・・・

エントリー機で十分満足できます!

そんなエントリー機をお求めの方にはEPSONの『EH-TW650』がオススメです。

エントリー機ながら他の追随を許さない3100lmの高ルーメン

なおかつ同等機種よりも高いコントラスト比15,000:1を誇ります。

 

また短焦点モデルのため、他の製品よりも短い距離で最大300インチの投写ができるのは圧巻です。

もちろんフルHD対応なので映画もゲームも大画面で綺麗に楽しめるよ!

スピーカーも搭載しているのでこれ一台でもOK。

 

高品質なフルHD機が欲しい

フルHD機ながら高コントラストの美しい映像を楽しめるのがEPSONの『EH-TW5650

コントラスト比は圧巻の60,000:1です。

ルーメンも2500lmなので昼間などの外光の入るシーンでも映画を楽しむことが可能。

また『EH-TW5650』もスピーカーも内蔵しているのでこれ一台で映画を楽しめますよ。

 

最安の4K対応プロジェクターが欲しい

フルHD機の『EH-TW5650』と同じ価格帯でありながら4K対応のプロジェクターが欲しいならBenQの『TK800M』です。

基本性能は上の表にも書いてあるように折り紙つき。

この価格帯で4K対応なのは激安!

初めてのホームシアターでも4K解像度の美しい映像を楽しみたい人にオススメの一台です。

 

スポンサーリンク

まとめ:ホームシアター初心者は後悔のないプロジェクター選びを!

プロジェクター

いかがでしたか?

個人的にはポータブル性を求めるならAnkerの『Nebula Capsule』シリーズが良いと思いますし、据え置きならエントリー機の『EH-TW650』がオススメです。

設置距離と予算に余裕があるなら『EH-TW5650』か『TK800M』を購入すれば間違いなし!

 

ちなみにNebula Capsuleシリーズ以外でVODコンテンツを楽しむならAmazonのFire TV Stickがオススメですよ。

4Kモデルならこちら

オススメの理由は下記記事で確認ください。

Fire Stick TVとは何?できることは?Amazonプライム会員じゃなくても大丈夫?4Kとの違いを解説!

Fire Stick TVとは何?できることや4Kとの違いを解説!アイキャッチ

Fire TV Stickとは何?できることや4Kとの違いを解説!

 

あとガッツリ映画を見るならVODサービスがオススメです

月額制で映画が見放題になりますから

VODについてはこちらの記事がわかりやすいのでよろしければご覧くださいね!

動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です