動画配信サービス(VOD)とは?メリット・デメリットをまとめてみた!

どうも!VODサービス大好きな@gudaogudaoです。

 

動画配信(VOD)サービスとは何?ということをまとめてみました!

メリットやデメリットや選び方なども公開していきます!

動画配信サービス(VOD)とは何か?

NETFLIX

 

さらっと紹介です。

もうわかってるよ!という人は飛ばしてもらって大丈夫です。

 

動画配信サービスとはスマホやタブレット・パソコンなどの対応機種でインターネットを通じて、映画やドラマ・アニメなどの動画を楽しむことのできるサービスです。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも言われています。

多くの場合は月額定額制を採用しており、配信作品は見放題のものが多いですね。

有名どころだとこんな感じ。

 

VODサービス一覧
  • プライムビデオ
  • Hulu
  • NETFLIX
  • U-NEXT
  • dTV
  • ビデオパス

 

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今回はそんな動画配信サービス(VOD)のメリットやデメリットをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

動画配信サービス(VOD)のメリットとは?

Macbook コーヒー

 

まずはメリットから見ていきましょう。

下記にまとめてみました。

動画配信サービス(VOD)のメリット
  • 映画以外にもドラマやアニメ・ドキュメンタリーなど豊富な作品を楽しめる
  • 動画を何本みても定額・見放題で楽しめる
  • 借りに行く・返しに行く手間が無い
  • 『貸出中』で見れないことがない
  • 放送中ドラマの見逃し配信などもある
  • いつでもどこでも楽しむことが出来る
  • 対応端末が豊富

個別に見ていきます。

 

映画以外にもドラマやアニメ・ドキュメンタリーなど豊富な作品を楽しめる

配信作品は映画に限定されているわけではありません。

ドラマやアニメ・ドキュメンタリーなども配信されていますしバラエティ番組や経済番組なんかもあります。

また各サービスのオリジナルコンテンツなども配信されていて、オリジナルコンテンツ目当てに利用する人も多いですよ!

 

動画を何本みても定額・見放題で楽しめる

動画配信サービスは定額制で見放題であることが多いため、何本見てもOKです。

借りてきた映画が面白くなかった時に『お金無駄にしたな』と絶望する時ないですか?

定額・見放題なのでこんな時もダメージは軽いですよ!

 

また単純にDVDやBDをレンタルする料金を考えると、映画好きやドラマ好きにしたら安いですしね。

 

借りに行く・返しに行く手間が無い

動画配信サービスはインターネットを利用したサービスです。

そのためレンタルビデオ店のように『借りに行く』『返しに行く』は不要です。

レンタルビデオ店に行く移動時間も交通費も不要です。

『返し忘れた!』で延滞金が発生しないのも嬉しいですよね。

 

『貸出中』で見れないことがない

DVDなどのように『物』を貸し出すわけではないので『貸出中』で見れないということはありません。

配信作品であれば『見たい!』と思ったタイミングにすぐに見ることができます。

DVDとかだと借りてきて家に着くともう見たく無くなってる時とかありますしね笑

 

放送中ドラマの見逃し配信などもある

ドラマ配信に強いVODサービスもあります。

日テレ系ならHulu、TBS系ならParaviとかですね。

このドラマ配信に強い動画配信サービスなどでは、リアルタイムで放送中のドラマの見逃し配信などもしています。

またVODサービス用にドラマのオリジナルストーリーを配信していたりもするので、ドラマ好きは必見ですよ。

 

いつでもどこでも楽しむことが出来る

インターネットの接続できるところであればいつでもどこでも楽しむことができます。

また多くの動画配信サービスがオフライン再生にも対応しています。

自宅のインターネット回線で事前に映画をダウンロードしていけば移動中にもモバイル回線を使わなくても楽しめますよ。

 

対応端末が豊富

VODサービスの視聴には多くの端末が対応しています。

スマホやタブレット・パソコンはもちろんのこと、ゲーム機やテレビ本体、Fire TV StickやAppleTVなどの外部出力機器にも対応しています。

やっぱり映画はテレビの大画面で楽しみたいですよね!

個人的にはFire TV Stickが激安なのに機能豊富でオススメです。

詳しくは比較記事をどうぞ。

Amazonプライムビデオをテレビで見るなら何がおすすめ?『Fire TV Stick』『Chrome cast』『AppleTV』完全比較!

Amazon-Prime-what-View

【コスパ最強はFireTVStick】Amazonプライムビデオをテレビで見るには何がおすすめ?『Chrome cast』『AppleTV』と比較!

 

スポンサーリンク

動画配信サービス(VOD)のデメリットとは?

PCと黒人

 

メリット豊富な動画配信サービスですが、デメリットはないのでしょうか?

まとめてみました。

動画配信サービス(VOD)のデメリット
  • 動画配信サービスによって作品数に違いがある
  • 永久に配信されているわけではない
  • 最新作は少なめ
  • ネット環境が必要
  • 動画を見なくても月額料金がかかる
  • 支払いはクレジットカードの場合が多い

順番に見ていきます。

 

動画配信サービスによって作品数に違いがある

これはデメリットというよりもサービスごとの違いですが、配信作品はサービスによって異なります。

多いものだと12万本、少ないものだと数千本です。

 

後述しますが必ずしも配信作品が多ければ良いというものでもないです。

『本当に自分が見たい作品が配信されているかどうか』が重要です。

ぜひ後半に選び方もまとめたのでご覧ください。

 

永久に配信されているわけではない

レンタルビデオとの違いですね。

配信作品は各サービスが独自に契約し、配信されます。

そのため契約期間の満了などにより配信が終了になることもあります。

利用しているVODサービスで見たい作品が配信されていたら配信中止になる前には見ておきたいですよね。

 

最新作は少なめ

定額制の動画配信サービスは最新作は少ない傾向にあります。

これはDVDなどのレンタルに比べるとデメリットですね。

とはいえ最新作などの定額配信に対応していない商品もスポットで料金を払えば配信作品として見れるものもあります。

 

例えばAmazonでいえばAmazonビデオですね。

誤解を招かないように言うとAmazonの定額制の動画配信サービスは『プライムビデオ』です。

詳しくはこちらをどうぞ

Amazonプライムビデオとは何?メリット・デメリット10選!解約の方法まで徹底解説!絶対おすすめのVODサービスですよ!

Amazonプライムビデオとは何?メリット・デメリット10選!解約の方法まで徹底解説!絶対おすすめのVODサービスですよ!アイキャッチ

Amazonプライムビデオとは何?メリット・デメリット10選!解約の方法まで徹底解説!絶対おすすめのVODサービスですよ!

 

ネット環境が必要

インターネットを利用した動画配信なのですから当然ですが、ネット環境が必要です。

ネット環境はモバイルでも良いですし、固定回線でも大丈夫。

また多くのVODサービスはオフライン再生にも対応しているので、自宅のネット回線で映画をダウンロードして外出先で楽しむ、なんてことも可能ですよ。

とはいえ一度は必ずネットに繋ぐ必要はありますね。

家に固定回線が無くて、モバイル回線も持っていないならポケットWiFiがオススメですよ。

ポケットWifiとは何?メリット・デメリットを徹底解説!

ポケットWifiとは何?メリット・デメリットを徹底解説!アイキャッチ

ポケットWifiとは何?メリット・デメリットを徹底解説!

 

動画を見なくても月額料金がかかる

これは定額サービスならではのデメリットですね。

定額制ですから見ても見なくても料金はかかります。

そのため長期間見る機会が無さそうならいっそのこと解約した方が良いかも。

そうじゃないならガンガン活用しましょう!

 

支払いはクレジットカードの場合が多い

VODサービスの支払い方法は多くの場合『クレジットカード』を採用していいます。

もちろん全てのサービスというわけではないです。

しかしクレジットカードを持たないよ!という人にはデメリットかも。。。

 

でもクレジットカードでキャッシュレス生活するとメリット沢山ありますよ!

ポイントもガンガンたまるし、現金生活するメリットはほぼありません。

詳しくはこちら。

キャッシュレス生活のメリット・デメリットとは何か?【メリットは4つ・得をするのはキャッシュレス生活】

キャッシュレス生活のメリット・デメリットとは何か?【メリットは4つ・得をするのはキャッシュレス生活】

 

スポンサーリンク

動画配信サービス(VOD)の選び方とは?

iPad&child

 

上記で動画配信(VOD)サービスのメリット・デメリットをまとめてきました。

ではこのメリット・デメリットを踏まえてどのように自分に合う動画配信(VOD)サービスを選べば良いのでしょうか?

選び方は下記です。

動画配信サービスの選び方
  • 配信本数で選ぶ
  • 配信作品で選ぶ
  • 月額料金で選ぶ
  • 無料期間の長さで選ぶ
  • 機能やサービス内容で選ぶ

価格だけで選んでもダメですし、配信作品数だけで選ぶのも良くないですね。

『自分にあった動画配信(VOD)サービス』を選ぶことが大事なので十分に吟味しましょう!

詳しくは下記の記事で解説しているのでよかったらご覧ください。

動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

 

スポンサーリンク

まとめ:動画配信サービス(VOD)は映画・ドラマ好きにはオススメ!

赤ちゃんとヘッドホン

 

いかがでしたか?

動画配信サービス(VOD)は映画好き・ドラマ好きにオススメですよ!

もちろんバラエティやアニメなども豊富なので自分の好きな作品が豊富なサービスを選んでもらえれば幸いです。

また多くのサービスでは無料期間を設けているので一度試してみて、よければ継続・イマイチなら無料期間だけ使って解約もOKです。

素敵な動画ライフをお楽しみください!

無料体験はこちらから
Amazon Prime Video
Hulu
U-NEXT
au ビデオパス
 NETFLIX
 dTV
DMM見放題chライト
FODプレミアム

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

映画を無料で見る方法はないかな?

VODサービスって何を選べばいいの?

映画は好きだけどVODの支払いで損をしたくない

VODサービスはしっかり比較して検討しましょう!

無料体験も豊富に用意されているのでタダで半年映画を見放題なんてことも可能です!

 

\\\詳細はこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です