AppleWatchはGPSモデル(Wifiモデル)ではなくCellularモデルを買うべき6つの理由

AppleWatchはGPSモデル(Wifiモデル)ではなくCellularモデルを買うべき6つの理由アイキャッチ

どうも!AppleWatchはCellularモデル派の@gudaogudaoです。

 

今回のテーマはAppleWatchはGPSモデルではなくCellularモデルを買うべき!です。

色々理由はあるのですが、一番の理由は『AppleWatchで単独通信が出来る』という点です。

逆にこれがないとAppleWatchを買う意味なんてほぼ無いですね。

 

深掘りしていきます。

AppleWatchはGPSモデルではなくCellularモデルを買うべき理由とは?

applewatch

 

先日こんなツイートをしました。

まぁAppleWatchに限った話ではないのですが、個人的にはモバイル端末はモバイル通信が出来るものじゃないと意味がないと思っています。

特にAppleWatchは絶対Cellular版ですね。

iPadやAppleWatchなどのモバイル端末はセルラー通信が出来るものじゃないと意味が無いと思う。

iPadやAppleWatchなどのモバイル端末はセルラー通信が出来るものじゃないと意味が無いと思う。アイキャッチ

iPadやAppleWatchなどのモバイル端末はセルラー通信が出来るものじゃないと意味が無いと思う。

 

GPSモデル(Wifiモデル)だと制限が多すぎます。

というよりも最近は通信回線の進化によりクラウドで物事を進めていくことが一般的です。

そのため外部通信できることを前提とした考え方に基づく設計なのに対して、GPSモデル(Wifiモデル)では本来の用途を想定した使い方に対応しないのです。

 

GPSモデル(Wifiモデル)は基本的にはiPhoneとセットで持ち運んでいることが利用の条件ですね。

とはいえ腕時計は常に身につけていますが、iPhoneは常に持ち運ぶか?と言われると必ずしもそうではないですよね?

ですから当然AppleWatchも単独で使うことが想定されます。

 

では具体的にどんなことでGPSモデルとCellularモデルで違うのかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

GPSモデルとCellularモデルとの違い
GPSモデルに出来ないこと

Applewatch

 

まずはAppleWatchの活用法です。

AppleWatchの活用方法
  • 目覚まし時計
  • タイマー
  • スケジュール確認
  • 電話
  • メールの送受信
  • リマインダーやアプリの通知
  • 道案内機能
  • ヘルスケア管理
  • 電子マネー端末としての活用

ただこの中でも目覚ましやタイマー以外はほぼGPSモデル(Wifiモデル)では単独で使用できません。

詳しくは別の記事でまとめているのでよければご覧ください。

 

ではGPSモデル(Wifiモデル)でiPhoneが無いと出来ないことを書いていきます。

まとめてみるとこちら。

GPSモデル(Wifiモデル)で出来ないこと
  1. 電話の通知が来ない・電話が出来ない
  2. メール(LINE)の通知が来ない・メールが送れない
  3. ナビゲーションが使えない
  4. AppleMusicでストリーミングで音楽再生したい
  5. カレンダーの確認
  6. 天気の確認

結構ありますね。

 

つまりこれが『GPSモデル(Wifiモデル)ではなくCellularモデルを買うべき理由』になります。

 

AppleWatch最大の利点は『自分しか気付かないが、確実に通知が来たことがわかる』ことです。

ですがモバイル通信に対応していないGPSモデル(Wifiモデル)の場合はiPhoneが身近に無いと、この通知すらも受け取ることが出来ません。

これは欠点です。

 

外部通信することが前提でもある電話やメールはもちろんのこと、AppleMusicのストリーミング再生やナビゲーション、iCloud上のカレンダーの参照なども出来ません。

 

基本的には持ち歩くiPhoneですが、必ずしも手元にあるとは限りません。

しかもそんな時に限って重要な連絡が入ったりするんですよね、、、

そんな時でもCellular対応のAppleWatchなら大丈夫。

モバイル通信に対応しているのでiPhone同様に通知は届くし、電話やメールなどの通信も可能です。

 

スポンサーリンク

残念ながらデメリットもあります【デメリットは2つ】

 

AppleWatchはCellularモデル一択だと思っていますが、残念ながらデメリットも存在しています。

デメリットは2つです。

AppleWatchセルラーモデルのデメリット
  • 月額費用がかかる
  • 格安SIMが使えない

この2つです。

順番に見ていきます。

 

月額費用がかかる

これはモバイル回線の宿命ですが、当然のように月額の利用料が発生します。

ドコモは月額500円、auとソフトバンクは月額350円です。

まぁ月額費用はかかるといいながら一回のランチ代以下なのでそこまでのデメリットでは無いでしょう。

 

格安SIMが使えない

これは結構ひっかかる人が多そうです。

実はAppleWatchのモバイル契約は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアしか出来ません。

ですので格安SIMを使っているユーザーは対象外となります。

これは痛い。

 

ちなみにモバイルの契約は本体をキャリアとは別に購入してからでも可能です。

というよりもAppleWatchの場合はキャリアで購入しても定価なのでAmazonなど別で購入した方が安いです。

また楽天やYahoo!ショッピングで買えばポイントも大きいので、そちらで購入することをオススメしますね。

他の記事でも解説していますが、ソフトバンクユーザーだったらYahoo!ショッピングでポイント最大12倍ですよ。

『Yahoo!プレミアム会員』お得な13の特典!メリット・デメリットを徹底解説!月会費も余裕で取り戻せる高ポイント還元ですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ:AppleWatchはCellularモデルを購入すべき!

run girl

 

いかがでしたか?

AppleWatchは基本的にはCellularモデルがオススメです。

とはいえ上記のような使い方をしないよ!という方や、常にiPhone持ち歩いているよ!という人はGPSモデルでも良いです。

むしろそっちのほうが安いから良いかも。

でも個人的にはセルラーモデル一択ですね。

iPadもWifiモデルだと使うたびにテザリングでつなぐのが面倒で使わなくなりましたし。

AppleWatchも単独で使う機会も多いですしね。

 

あと個人的にはAppleWatchはCellular対応になっていれば良いので旧式のSeiries3でも十分です。

Series4になってからも上記の用途で使用する分には何も変化ないですからね。

旧式の方が安いのは世の常ですよ。

 

あと最後にフィルムだけは忘れずに!

iPhoneと違い常に露出している状態なので結構簡単に傷つきますからね。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です