iOSから独立したiPadOS爆誕!遂に本格パソコン化へ【WWDC2019】

iOSから独立したiPadOS爆誕!遂に本格パソコン化へ【WWDC2019】アイキャッチ

 

どうも!iPad大好き@gudaogudaoです。

WWDC2019が開幕され、今回も多くの製品・サービスが発表となりました。

 

その中でも最大の発表がこれ!

iPad専用OSの発表!

 

長らくiPadはiPhoneやiPodTouchと同じiOSを搭載してきました。

それがついにiPad単独の独立したOSに進化したのです!

 

本記事ではiOSからiPadOSに変わることでの変化をまとめていきます!

これを読んだらiPad購入すること間違いなし!

ほとんどパソコン!iPadOSの変更点とは?

 

ついに発表されたiPadの独立したOS、iPad OS!

iPadのためだけに作られたことにより今までのiOSとは大きく異なり、パソコンライクに使えるようになりました。

 

今まで以上の情報量!全く新しいホーム画面!

iOSではiPhoneもiPadも同じデザインのホーム画面を採用していました。

しかし今回のiPadOSからはiPadの画面サイズを生かして多くの情報を一度に表示できるデザインに変更されています。

iPadOSホーム画面

Apple公式サイトより引用

今まで以上に多くのアプリケーションとヘッドラインや天気、カレンダー、イベントなどの情報も一度に表示します。

 

目に優しく電池の消耗も抑えられるダークモードに対応!

画面が黒基調になるダークモードにも対応したことにより電池の消耗を抑え、暗いところでの使用の際の目への負担を減らすことが可能になりました。

iPad OS ダークモード

Apple公式サイトより引用

またサードパーティーのアプリにもダークモードは対応しており、特定の時間帯で自動にダークモードへ変更されるということも可能になりました。

 

ApplePencilとの連携も強化!さらに遅延が少なくなる!

iPadOS ApplePencil

Apple公式サイトより引用

ApplePencilとiPadの連携もさらに強化されます!

ApplePencilでiPadの画面の隅からスワイプするだけでWebページや書類、そしてメールにも注釈を加えることが可能になります。

全体をまとめて送信することもでき、さらにApplePencilの活用が広がりそうです!

 

新しいツールパレットでは図形やカラーパレットに今まで以上に素早くアクセス可能になります。

またレイテンシ(反応速度)も業界最高水準となる約9ミリ秒まで低減するなど、ますます紙と鉛筆との違いが無くなっていきますね!

 

パソコン並みのファイルアプリケーションを実現!USBメモリにも対応!

iPadOS ファイル管理

Apple公式サイトより引用

iPadOSではパソコン並みのファイルアプリケーションを搭載します。

今までも便利に活用していたiCloudDriveに共有フォルダ機能を追加し、アクセス権のあるユーザーなら誰でも最新ファイルにアクセス可能。

また待望の外部ストレージでもあるUSBメモリやSDカードへの接続を可能にした。

これで容量不足は完全に解決ですね!

 

パソコンのようにSMBファイルサーバーにアクセスすることも可能になりましたよ。

でもiPadに接続するUSBメモリやSDリーダーは必須ですよ!

 

iPadのテキスト編集機能が大幅アップデート!

iPad OS フローティングキーボード

Apple公式サイトより引用

iPadのテキスト編集機能が大幅にアップデートされます!

いままでは少々使いにくかったテキストの選択なども、ポイント操作が簡単になり、スワイプだけでテキスト選択が可能になった。

画面の長押しでしか対応していなかったカットやコピー、ペーストなどもジェスチャーで可能になったことでさらに便利になった。

 

またソフトウェアキーボードも『フローティングキーボード』の採用により省スペースでかつアプリケーションを表示できる範囲を拡大します。

このキーボードはドラッグでどこにでも移動できるのが嬉しいですね。

 

遂にSafariでデスクトップ版のブラウザ体験!

個人的に今まで残念だった部分はこのブラウザの部分。

せっかくiPhoneとは異なり大きな画面を持っているにも関わらず同じiOSであることからブラウザを利用した時にiPhoneとほぼ同じ量の情報しか一度に表示することが出来なかった。

しかし新生iPadOSからはデスクトップ版のWebサイズを表示することが可能になり、iPadのディスプレイに自動的に調整され、タッチの操作に最適化される。

少々使いにくかったiPadでのWordpressもMacbook並みに使えると思うとワクワクする。

またSafariにはデスクトップ版のように多くのキーボードショートカットやダウンロードマネージャーの搭載など盛り沢山!

 

Split ViewとSide Overの機能を強化して更に便利に!

Split ViewやSide Overの機能

Apple公式サイトより引用

iPadは以前よりSplit ViewやSide Overの機能により複数のアプリケーションを同時に使用することが出来た。

とはいえ制限も多くPCライクに使えるわけではなかったのだが、今回iPadOSになることでかなりパソコンに近づいたマルチタスクが行えるようになる。

一番の特徴は同じアプリケーションを二つ並べることができる点だ。

メールを作成しながら、他のメールを表示するなんてこともできる。

またスワイプだけで他のアプリケーションにアクセスすることもできるのでほとんどパソコンといっても差し支えない。

 

AppleIDを利用して他のアプリケーションにアクセス可能に!

Sign In with Apple

Apple公式サイトより引用

これは個人的に嬉しかったりする。

新機能Sign In with AppleによりAppleIDを利用して他のアプリケーションやWebサイトなどにサインインできるようになった。

よくアプリを利用する時に『Googleアカウントを利用』や『Twitterアカウントを利用』などないだろうか?

これのApple版。

これで無駄に沢山のアカウントを作らなくて良いと思うと本当に嬉しい。

 

ついに『Duet』が不要に!?iPadがMacのサブディスプレイに!

Sidecar

Apple公式サイトより引用

逆に今まで出来なかったのが不思議なくらいなのだが、ついにiPadが公式でMacのサブディスプレイになる機能を搭載することになる。

その名も『Sidecar』

iPadがMacの拡張ディスプレイになります。

また液タブとしても活用できるのでApplepencilと組み合わせることによりMacに描画やスケッチなどを直接行うことが出来ます。

とはいえDuetで出来ていたようなマルチディスプレイ化できるだけでめちゃくちゃ便利ですね。

有線だけではなくワイヤレス対応しているのも嬉しいところ。

Windowsユーザーは引き続きduetをどうぞ!

 

ついにマウス対応!?完全なるパソコンへの進化!

こちらはまだ公式発表はありませんが、ついにiPadもマウスに対応するようです。

これは開発者がベータ版で発見した模様。

なんでも有線でもBluetoothでもどちらにも対応だそうだ。

これはMagicmouseの持ち運びでほとんどノートパソコンになりそうな予感。。。

ちなみにiPadに合わせるMagicmouseなら黒一択でしょ!

 

スポンサーリンク

まとめ:感想

iPadと女性

 

いかがでしたか?

今回のWWDC2019はあまり期待していなかったこともあり、朝起きてニュースで知ったのですが、iPadOSにはかなり驚きました。

正直ここまで進化したのであればもはやパソコンは不要なのでは?とマジで思います。

というかほとんどの人にパソコンは必要ないのかも。。。

パソコンライクにも使えるiPad。

私もiPadPro11インチに機種変更したくなってまいりました笑

 

外部ストレージも正式サポートするし、今後は最小構成の64GBで良いかもなー

気になる配信日は2019年秋頃ですよー

ちなみに事前にパブリックベータテストも開催するかも!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です