USB-PDって知ってる?Macbookの充電スピードが高速になるよ?

USB-PDって知ってる?Macbookの充電スピードが高速になるよ?アイキャッチ

充電スピードが遅いことには耐えられない@gudaogudaoです。

最近『USB-PD』という言葉を聞くことはありませんか?

今回はこの

『USB-PD』が何かわからないよ!

という人向けにまとめていきます。

これを知っておけば手持ちのMacbookもニンテンドースイッチも高速充電可能になるので、この記事を見て充電器を選べば幸せになれますよ

※以前ニンテンドースイッチと12インチMacbook用に購入した充電機レビューもよかったらどうぞ!

USB-PDって知ってる?Macbookの充電スピードが高速になるよ?

モバイルバッテリーから充電

 

『USB-PD』って何か知ってますか?

『USBの新しい規格でしょ?前の規格より早いんでしょ?』と思ったあなた!

 

全然違います!

 

USB-PDのPDとは何か?

 

USB-PDとは何か

USB-PDの『PD』とは『Power Delivery』の略称です。

つまり『USB-PD』というのはUSB規格を使用する新しい充電規格のことです。

 

以前の記事でも解説しましたがUSB-TypeAやUSB-TypeCというのはUSBのコネクタの形状のことを指した規格です。

対してUSB2.0やUSB3.0というのは通信速度を表す規格になります。

つまり『USB3.0のUSB TypeC』というのが正しい表現になります。

詳しくは過去記事をどうぞ!:USB TypeCだけど遅い!は当たり前。TypeCってコネクタの形状のことだよ

 

話は戻りますが、『USB-PD』というのはUSB規格を使用する新しい充電規格のことです。

では今までUSBケーブル経由で充電や電力供給ができなかったですか?

出来ていましたよね?

 

では何が新しいのか。

簡単な違いが充電スピードです。

 

USB-PDの給電スピードはUSB3.0の20倍!

 

USB-PDでは今までのUSBの給電に比べてかなり大容量の給電が可能になっています。

 

一覧がこちら

USB充電スピード一覧
  • USB2.0 : 2.5w
  • USB3.0 : 4.5w
  • USB-PD : 15w 36w 60w 100w

こんな感じです。

 

USB-PDだと最大で100w給電が可能になります!

USB3.0から見ればなんと20倍のスピードになってます!

圧倒的な高速性ですよね!

 

最新のiPadProはこのUSB-PD対応になっているので、対応充電器で充電すると恐ろしいほど早く充電完了しますよ!

 

また以前の記事でも少し紹介しましたが、オルタネイトモードによりHDMIの信号も流すことができるので例えば外部ディスプレイにUSBケーブル一本で映像・音声出力と電源供給がおこなえます。

ちなみにノートパソコンから外部ディスプレイにUSBケーブルで接続、そこから更に外部ディスプレイから外部ディスプレイにUSBケーブルで接続といった数珠つなぎでの接続ができる。

ケーブル一本で数珠つなぎで映像出力と電源供給できるのは凄すぎる!

USB TypeCだけど遅い!は当たり前。TypeCってコネクタの形状のことだよ

 

スポンサーリンク

USB-PD対応の製品でも全て100w給電できるわけではないよ!

USB-TypeC充電器

 

USB-PDはUSB-PD対応している製品のみが使用できる給電規格です。

そのためUSB3.1のケーブル・充電器を使用していたとしてもUSB-PDに対応しているわけではないです。

 

またUSB-PDでも全ての製品が100wまでの充電に対応しているわけでもないです。

そのため自分の持っているデバイスに合わせたUSB-PD規格の充電器などを購入するのがベストです。

 

ただし当然下位互換はあるので100w給電のできる充電器を使って36wまでしか受けれないデバイスに対しても充電可能なのでご安心ください。

 

100w給電可能な充電器も最近ではラインナップも揃ってきました。

Ankerの『PowerPort Atom PD 4』が最大100w給電可能で、USB Type-Cポートが二つとUSB Type-Aポートを二つ備えているので非常に便利です。

あまり出力の弱い充電器を使うと、例えばMacbookとiPhoneを同時に充電するとMacbookが充電されないよ、、、ということも発生しがちなので注意が必要ですよ。

このAnkerの『PowerPort Atom PD 4』ならMacbookとiPadPro iPhoneなどを同時に充電してもびくともしないのでご安心ください。

https://amzn.to/2VtE7i7

 

スポンサーリンク

まとめ:買うべき充電器はUSB-PD対応製品で決まり!

ブロガー必需品

 

いかがだっただろうか?

今後間違いなくUSB-PD対応製品は増えていくし、ディスプレイなどの接続にもHDMIを使わない未来は近い。

充電スピードを考えればUSB-PD対応機器には絶対にUSB-PD対応充電器を使用した方が良い!

先ほどは100w給電可能な充電器のリンクを貼らせてもらったが、実際はまだ100w給電に対応したデバイスはほとんど発売されていないので個人的には45w〜60wも出ればしばらくは良いかな〜と思っています。

これくらいの性能であれば価格も安いし、ポート数もType-CとType-Aの両方を搭載していて使いがってもいいしおすすめです。

【タイプC iPhone/アイフォン用充電ケーブル付属】充電器 QC3.0 USB-PD(Power Delivery)対応 USB Type-Cポート搭載のACアダプター 合計出力41Wの高出力 急速充電 自動変圧 iPhone、XPERIA Android対応 Type-Aポート 2口搭載 NUARL(ヌアール)

created by Rinker

※以前ニンテンドースイッチと12インチMacbook用に購入した充電機レビューもよかったらどうぞ!

Macbookもスイッチも充電可能!おすすめのUSB-TypeC USB-PD充電器レビュー!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です