Softbank光のルーター、光BBユニットが壊れた。切り分け方法と対応策とは?

Softbank光のルーター、光BBユニットが壊れた。切り分け方法と対応策とは?アイキャッチ

自宅のネット回線にSoftbank光を使っている@gudaogudaoです。

 

Softbank光を使っているのですが、ルーターにはSoftbank光の光BBユニット使っています。

 

そんな我が家のインターネット環境が急につながらなくなった。

こんな現象もありました:インターネットが繋がらない!原因(解決策)がわからない時に試していきたいこと。

調べていくとSoftbank光のルーターでもある光BBユニットの故障であることが判明。

この記事ではSoftbank光のBBユニットの故障の切り分けとその後の対応についてまとめました。

同じようなことでお困りの方は是非ご覧ください。



Softbank光のルーター、光BBユニットが壊れた?
インターネットが急に繋がらなくなった!

パソコンの前でなくあかちゃん

 

激おこである。

調べていくと後にわかるのだが、使えないのはwifiではなくインターネットの接続なのだが。。。

家に帰ると嫁の「wifi使えないんだけどなんで?」の声掛けがあった。

 

嫁のインターネットの大海へアクセスする手段は手持ちのiPhoneしかないためiPhoneの不良も疑った。

そのためiPhoneのwifiのONOFFも行うも状況変わらず。

私のiPhoneも同様に接続確認してみるも繋がらず。

 

CTU(光ファイバーの線が入る機械)が悪いのかな?と思い、再起動するもダメ。

問題を確認するためiPhoneのwifi設定のネットワーク設定を確認してみると169から始まる謎のIPアドレスになっている。

だいたい私の自宅はDHCP(IPアドレスの自動割り当て)を有効にしてあることもあり、192〜から割り振られないのは明らかにおかしい。

 

そもそも169から始まるIPアドレスはネットワークに接続されない時に割り振られるIPである。

 

スポンサーリンク

ルーター(光BBユニット)が壊れているのか?
問題の切り分けと検証。

ネットワークイメージ図

 

とりあえず異常自体なので問題の切り分けを進めていくことにする。

こういう時はどこから手をつければいいのかな?

 

無難にルーターの電源をオンオフ

 

現在ソフトバンク光のルーターをルーターとして機能させているため、まずはこちらもONOFF。

全く状況変わらず。

 

DHCP(IP自動割り当て機能)の不良を疑う

 

iPhoneのIPを固定にし、アクセスポイントまで接続し、ルーターのIPアドレスを叩いてみるも接続できない。

 

残念なことに自宅には有線LANでルーターに接続できるPCもない。

ソフトバンク光のルーターのwifi機能もオフにしていただけに直接ソフトバンクルーターの中をみることもできなくなった。

 

少なくともルーター配下のアクセスポイントまでは固定IPにすることでつながるためアクセスポイントの故障の可能性はないということがわかった。

 

またソフトバンク光のルーターに固定IPの端末から接続できないことから、DHCPの機能だけ死んでしまったことも考えにくい。

となると考えられるのはソフトバンク光のルーターの故障か。

もしくはその前のCTUの原因を疑うのが筋であろう。

 

ルーターの設定をリセット&別の機器をルーターにしてみる

 

まずはルーター(光BBユニット)のリセットを試してみるもリセットはかからない。

そしてアクセスできないのも変わらず。

 

次は切り分けのため手持ちの余っている無線ルーター(Buffalo)にPPPoE情報(プロバイダ情報)を入力し、ルーターとして使用してみた。

そうすることでなんなくインターネットへ接続できた。

 

これも一行で書いているが実際は有線LANを使用できる機器がない。

そのため一度無線ルーターのwifiに接続し、固定でIPを割り振り、PPPoEを入力後、固定IPをDHCPに戻して疏通確認をするという非常に面倒臭い手順をひいているのだ。

 

文頭の「激おこ」の意味をご理解いただけたであろうか?

 

設定一つ取ってもいちいちそれぞれのアクセスポイントに接続する必要のある非常に面倒臭いネットワークになっているのである。

まぁそんなネットワークを構築した自分が悪いのだけど。

 

スポンサーリンク

Softbank光のルーターを交換依頼&交換する

コールセンター

 

激おこ事件も原因が光BBユニットの故障だとわかり、さっそくSoftbannkルーターを交換することにした。

下記のURLにサポートセンターへの電話番号が記載されていたため、電話をすることに。

 

ソフトバンク光問い合わせ

 

電話がつながると素敵な声のお姉さんが、「まずは電源のオンオフを〜」などとマニュアル通りの順番を説明してもらった。

しかしこちとら試せるものは全て試してある。

 

ただそれを伝えても理解できないだろうなと思いつつも初歩的なやりとりに時間の無駄を感じて、

「電源のオンオフは試したがダメ、PCを固定IPに設定しても接続できないためDHCPが死んでいるだけでも無し、ルーターの再起動もダメ、他のルーターにPPPoE情報を入力したら繋がったので十中八九ソフトバンクさんのルーターの故障だと思います。」

と伝えると「それではすぐに新品をお送りさせていただきます」と非常にスムーズに交換手順に進めたw

実際の手順は新品のルーターが送られてきて、受け取りと同時に故障品を渡すという流れ。

無事受け取りも終了し、再度元々設定してある状態まで設定して完了。

ちなみに届いた段階でPPPoE情報の入力とハイブリッドIPv6の設定は終了してあったので、一般の方は交換してもらえればすぐに使用可能かと思う。

ちなみにIPv6やBBユニットの設定の仕方は以前の記事のこちらをご参考に

Softbank光のハイブリッドIPv6速すぎ!

Softbankルーターをルーターとして使う

Softbank光のハイブリッドIPv6速すぎ!2

 

スポンサーリンク

まとめ

 

結構大変ではあったものの、以上で終了。

今回は私の家の非常に面倒くさいネットワークなどのせいでこれだけの時間を要したが、ソフトバンクは交換して発送してくれるルーターに最初から設定して送ってくれたのはGood。

わからない人はただ線を差し替えるだけで元どおりなので、ソフトバンク光も悪くないですよ笑

 

今回の試した順番はこちら

 

検証の順番
  1. iPhoneのwifiのONOFF
  2. ルーターの再起動
  3. デバイスのIPを固定にし疏通確認(アクセスポイントまでの接続確認)
  4. ルーターの再設定(リセットできず)
  5. PPPoE情報を別のルーターに設定して外部通信できるか確認
  6. BBフォンの交換対応
  7. 新品のBBフォンにネットワーク情報の書き込み

 

文字にしてみると長くてゲンナリ・・・

 

しかもなんども言うが、有線LANを接続できるデバイスがないため全てwifiを駆使する必要がある。

ルーターごとの設定確認はそれぞれの無線ルーターにwifiで直結する必要がある。

 

本当に面倒くさかった。

もう二度としたくない。

 

ただいつも思うのは仕事柄こんなことはそんな珍しいことでもないので、自分で解決できるので面倒臭いが悩むことはないのだが、ネットワークに詳しく無い人はこんな時どうするのだろうか・・・

疑問である。

とはいえさっきも言ったが、わからない人はただ線を差し替えるだけで元どおりの形でルーターを送ってくれるからソフトバンク光はネットワークわからない人にはオススメかもしれない。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、200記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で100日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新!