『ナイブズ・アウト』評価・感想まとめ:クラシックなミステリー映画なのにユーモラス爆発

どうも!映画大好きもとゆき(@gudaogudao)です

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』を見てきたので評価や感想なんかをまとめていこうかと思います

実は『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は公開をかなり楽しみにしていたので初日に見てきたのですが、今更になって感想をまとめてます笑

一言でいえば2020年最高のミステリー映画だったよ!

『ナイブズ・アウト』の評価

knivesout

『ナイブズ・アウト』は2019年にアメリカで公開されると同時に批評家からも高い評価をあつめました

  • 『超最高』:The Hollywood Reporter
  • 『楽しすぎてぶっ飛んだ』:DEADLINE

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督を務めたJ・Aバヨナも『今年1番楽しく、面白い映画。ライアンは優れた仕事をしているし、キャストも見事。観て!』とPRしています

第92回アカデミー賞にも脚本賞でノミネートされ、ゴールデングローブ賞3部門ノミネートされた世界的にも評価の高い作品

日本でもすでに『2020年最高のミステリー映画』と言われているよ

 

まずは『ナイブズ・アウト』の評価をTwitterから集めてみました

SNSでも大絶賛の嵐ですね!

『ナイブズ・アウト』の絶賛の理由を私なりにまとめていきます!

 

スポンサーリンク

『ナイブズ・アウト』の感想

knivesout

いや〜面白かった(語彙力

監督が『スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』で世界中のスターウォーズファンの中で物議を醸した『ライアン・ジョンソン』なので一筋縄ではいかないだろうなと思っていたんですが、予想を超えてきました

本作では『最後のジェダイ』の公開後のSNSなどのオンラインの反応を参考に制作したとのことですが、『最後のジェダイ』とは正反対のポジティブな反応が目立ちますね

 

ダニエル・クレイグのチョイスが最高

主演にダニエル・クレイグを選ぶのも絶妙

ダニエル・クレイグといえば『007シリーズ』がお馴染みになっていますが、初めて007に抜擢が発表された時は『こんな金髪で青い瞳は007じゃない!』と批判が多かった

ですが第1作の『バトルロワイヤル』が公開されるや否や、圧倒的にクールでスタイリッシュなジェームズ・ボンドがそこにいて、『007=ダニエル・クレイグ』を決定づけました

それはダニエル・クレイグの演技力のなせる技ですね

個人的には『ドラゴンタトゥー』のちょっと頼りない感じのダニエルクレイグの演技も大好きですが

本作『ナイブズ・アウト』では切れモノなのにそれを感じさせないちょっと天然な感じの名探偵を好演

シリアスでありながらユーモアたっぷりな探偵が見事

物語に深みを出しています

 

前半・中盤・後半で印象が違う

物語の前半はキャストの関係性が中心に謎を追う形で進みます

ここまではいたって普通のミステリー映画

ただテンポの良さとダニエルクレイグの天然めいた演技によりユーモラスに描かれていて、見やすくグイグイと引き込まれます

 

てっきり『真犯人を追うミステリー作品』の形で進んでいく作品かと思わせると前半〜中盤で『倒叙物』のようなテイストに物語が変わります

そこからが『ナイブズ・アウト』の真骨頂

『倒叙物』のように物語は進行していくが、その合間にもところどころに新しい謎が散りばめられていく

 

そしてラストに向かって一気に駆け抜けていく後半では張り巡らせた全ての伏線を回収するかのごとく怒涛の勢いで物語が加速します

この展開の妙がたまらなく『誰も結末を予想できないミステリー』に仕上がってるよ!

ぶっちゃけ途中までは『ミステリー?』という感じもしますが、中盤から終盤にかけて一気にワクワクさせる展開が待っています

そして見終わった感想は『クラシックなミステリー映画に満足』って感じです

 

オーソドックスなミステリー映画なのに、、、

話自体は簡単に言えば『密室殺人』

全体的にはオーソドックスなミステリー映画でクラシックな印象

トリックや謎に目新しさはないのに、面白くワクワクできるのは場面転回の仕方のおかげかなと

 

『ナイブズ・アウト』の前半・中盤・後半とストーリーを切り替えていくことで『いったいどうなるんだ?』と結末を予測させない

個人的には『ラスト〇〇分に騙される!』みたいな映画は好きじゃないですが『ナイブズ・アウト』は結末ももちろん、そこに至るまでのユーモラスなストーリー展開が面白いので、ずっと飽きずに楽しめました

オーソドックスでクラシックなミステリー映画なのに、同時に新しさも感じる素晴らしい脚本でした!

 

スポンサーリンク

『ナイブズ・アウト』のあらすじ・キャスト・スタッフ

NY郊外の館で、巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。
名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。
パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。
調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。

公式ページより引用

ハイテンションでノンストップに連続するミステリー映画なので飽きずに最後まで楽しめますよ!

 

『ナイブズ・アウト』のキャスト

  • ブノワ・ブラン:ダニエル・クレイグ
  • ランサム・ドライズデール:クリス・エバンス
  • マルタ・カブレラ:アナ・デ・アルマス
  • リンダ・ドライズデール:ジェイミー・リー・カーティス
  • ウォルト・スロンビー:マイケル・シャノン
  • リチャード・ドライズデール:ドン・ジョンソン
  • ジョニー・スロンビー:トニ・コレット
  • エリオット警部補:ラキース・スタンフィールド
  • メグ・スロンビー:キャサリン・ラングフォールド
  • ジェイコブ・スロンビー:ジェイデン・マーテル
  • アラン・スティーブンス:フランク・オズ
  • ドナ・スロンビー:リキ・リンドホーム
  • フラン:エディ・パターソン
  • グレート・ナナ・ワネッタ:K・カラン
  • ワグナー巡査:ノア・セガン
  • ハーラン・スロンビー:クリストファー・プラマー

ちなみに『スターウォーズ』のヨーダの声でお馴染みの『フランク・オズ』も出演してますよ!

実写作品への登場は珍しいですね

 

『ナイブズ・アウト』のスタッフ

  • 監督:ライアン・ジョンソン
  • 脚本:ライアン・ジョンソン
  • 音楽:ネイサン・ジョンソン

スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』ではファンから辛辣なコメントの多かったライアン・ジョンソン監督ですが、『ナイブズ・アウト』で見事に全世界的に評価を得ました

 

スポンサーリンク

『ナイブズ・アウト』の感想・評価まとめ

knivesout

世間的には評価の高いとはいえない『スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』ですが、独創性という意味で嫌いではなかったので、個人的には『ナイブズ・アウト』にもかなり期待していました

ふたを開けてみれば久しぶりに良質なミステリー映画をみた、という感想です

クラシックでありながらユーモラスで意外性あふれる結末はさすがの一言!

『アガサクリスティに捧げる』をテーマにしているオリジナル脚本だけあってアガサクリスティ作品のようなオマージュの効いた雰囲気が最高

ミステリー映画ですが、スリラーやホラーのような恐ろしさはなくポップな感じなので誰でも楽しめますよー!

ライアン・ジョンソン監督の作品を見たい人はこちらをどうぞ

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

映画を無料で見る方法はないかな?

VODサービスって何を選べばいいの?

映画は好きだけどVODの支払いで損をしたくない

VODサービスはしっかり比較して検討しましょう!

無料体験も豊富に用意されているのでタダで半年映画を見放題なんてことも可能です!

 

\\\詳細はこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です