【Apple好きは手に入れるべし】AppleTVとは何?できること4つをまとめてみた

【Apple好きは手に入れるべし】AppleTVとは何?できること4つをまとめてみたアイキャッチ

どうも!もとゆき(@gudaogudao)です。

  • AppleTVって何?
  • 何ができるの?
  • Fire TVとの違いは?

こんな疑問をまとめてみました

iPhoneやiPadは持っているし『AppleTV』は知らない、って人はけっこう多いかもしれません

でもこの『AppleTV』iPhone・iPadを持っている人が手に入れるとめちゃくちゃ便利に運用できますよ

AppleTVとは何?

AppleTV

AppleTV』とは何かを簡単に説明すると『テレビに接続し動画や音楽を楽しむデバイス』です

テレビとの接続はHDMIで繋ぐだけ

あとはインターネットにつながればU-NEXTHuluといった動画配信サービスをテレビで楽しむことができます

もちろんHDMIを搭載したモニターやプロジェクターなら何でもOKです

 

AppleTV』で楽しめる動画配信(VOD)サービスの一部を抜粋しました

  • Amazonプライムビデオ
  • FOD
  • NETFLIX
  • Hulu
  • Paravi
  • テレビ東京ビジネスオンデマンド
  • dTV
  • au ビデオパス
  • バンダイ アニメ チャンネル
  • GYAO!
  • U-NEXT
  • DAZN
  • NHK World TV
  • Rakuten TV
  • Google Playムービー
  • AbemaTV
  • Youtube
  • Disney DELUXE
  • niconicoTV

かなり種類は豊富です

 

それ以外にも『AirPlay』という機能が便利!

iPhoneやiPad、Macの画面をテレビに移して、みんなで写真を見たり動画を見たりすることも可能

我が家ではテレビに5.1chのシステムをぶら下げているので、iPhoneの音楽再生も『AppleTV』を使ってテレビに接続したスピーカーから5.1chで再生することもできます

こんな感じでできることは豊富にあるので、後述していきます

 

ちなみに操作は専用のリモコン、もしくはiPhoneやiPadのアプリでもOKです

 

スポンサーリンク

AppleTVの種類は?

apple

AppleTVにはフルHDと4Kの2つのモデルが存在します

それぞれの違いはこちら

  4K フルHD
容量&価格
  • 32GB(19,800円/税別)
  • 64GB(21,800円/税別)
32GB(15,800円/税別)
ビデオ出力
  • 2160p(4K)
  • Dolby Vision
  • HDR10
1080p(フルHD)
オーディオ出力 Dolby Atmos
360度シネマサウンド
Dolby Digital Plus
7.1サラウンド
プロセッサ A10X Fusion A8
有線ネットワーク ギガビットEthernet 10/100BASE-T Ethernet
無線ネットワーク
  • MIMO対応 802.11ac(WiFi5)
  • Bluetooth5.0
  • 802.11ac(WiFi5)
  • Bluetooth5.0
ポート HDMI2.0a HDMI1.43

 

フルHDか4Kか以外にもネットワークの高速性や、オーディオ性能なども違います

また容量も4Kは32GB・64GBの2つから選べるのに対し、フルHDモデルは32GBのみです

 

AppleTV』を選ぶ時は下記の3点から選択するのがベストです

  • 容量:アプリをたくさんインストールするか(ほとんどの場合は32GBでOK)
  • フルHDか4Kか
  • DolbyAtomsが必要か

容量に関してはよほど大量にアプリを入れない限りは32GBでOK

あとはビデオ出力とDolbyAtomsの有無くらいです

正直フルHDモデルは4Kに比べたら通信速度も遅いしプロセッサも古いですが、フルHDの動画を見る分には問題なしのスペック

ですから4K動画を現時点で見たいわけでなければフルHDでOKかと

 

ちなみにDolbyAtomsとは『天井から降り注ぐ音』を楽しめる音声フォーマットですが、再生するためには対応したスピーカーが必要になります

テレビで手軽にDolbyAtomsを楽しむならサウンドバーの利用をオススメします

詳しくはこちらをご覧ください

サウンドバーとは何?メリット・デメリットを解説します!

サウンドバーとは何?メリット・デメリットを解説します!

2019年8月24日

 

スポンサーリンク

AppleTVでできることは4つある

NETFLIX

AppleTV』でできることは大きく分けて4つです

  • 動画配信サービスを視聴する
  • iPhone・iPadなどのApple製品の画面をテレビに写す
  • iCloudの写真や音楽を見る・聴く
  • AppleTV対応アプリを楽しむ

メインは動画配信サービスを楽しむことですが、一番の特徴は『AirPlay』が使えることです

これによりiPhone・iPadを使う人はテレビに繋げたスピーカーで音楽を再生したり、iPhoneでしか見れないよう動画もテレビで楽しむことができます。

順番に解説します

 

動画配信サービスを視聴する

AppleTV』のメインの使い方が『動画配信サービスを視聴する』ですね

AppleTV』で楽しめる動画配信(VOD)サービスの一部を抜粋しました

  • Amazonプライムビデオ
  • FOD
  • NETFLIX
  • Hulu
  • Paravi
  • テレビ東京ビジネスオンデマンド
  • dTV
  • au ビデオパス
  • バンダイ アニメ チャンネル
  • GYAO!
  • U-NEXT
  • DAZN
  • NHK World TV
  • Rakuten TV
  • Google Playムービー
  • AbemaTV
  • Youtube
  • Disney DELUXE
  • niconicoTV

かなり種類は豊富です

他にもAppleの配信しているPPV(レンタル作品)も楽しむことができますし、2019年秋からは『AppleTV+』というAppleの動画配信サービスも開始しました

動画配信には興味はあるけど有料なのはちょっと、、、

こんな人には朗報です!

どのVODサービスも無料で試せる体験サービスがあるよ!
もちろん無料期間だけ利用して解約してもOK!

どのVODサービスも1ヶ月無料で試せる体験サービスなどを開催しているので是非無料体験を申し込んで楽しみましょう!

ちなみに全サービスの無料体験をフルで楽しんだら1年間くらいタダで映画・ドラマ見放題でいけますよ笑

代表的な5社を比較した記事はこちらです

【何がおすすめ?】動画配信サービス主要5社比較!映画もドラマもバラエティも見放題!【2019最新版】

【何がおすすめ?】動画配信サービス主要5社比較!映画もドラマもバラエティも見放題!【2019最新版】アイキャッチ

【何がおすすめ?】動画配信サービス主要5社比較!映画もドラマもバラエティも見放題!【2020最新版】

2019年10月9日

 

iPhone・iPadなどのApple製品の画面をテレビに写す

あと個人的に一番おすすめなのがこの『AirPlay』という機能

iPhoneやiPad・MacなどApple製品からAppleTVに画面を表示したり、音楽を転送したりできます

我が家では5.1chのホームシアターを構築してありますが、iPhoneに入っている曲を『AppleTV』に転送しホームシアターのスピーカーで再生したりもしてます

これがなかなか便利でAppleTVから離れられないんですよね

 

あと子供が『Youtubeを見たい!』って騒いだ時もiPhoneやiPadをそのまま渡すのではなく、テレビに転送し視聴させたりもしてます

操作を手元のMacやiPadなどのデバイスで出来るのが気に入ってます

 

iCloudの写真や音楽を見る・聴く

先ほどは『AirPlay』を使ってiPhoneなどから写真や音楽をテレビに表示する方法を書きましたが、iCloudに入っている写真や音楽であれば『AppleTV』から直接再生することが可能です

大人数で旅行の写真を振り返ったり、テレビからBGMとして音楽を流したい時なんかに便利です

 

AppleTV対応アプリを楽しむ

AppleTV』では専用のApp Storeでアプリのダウンロードに対応しました

アプリは動画だけではなくて、ゲームやAmazon Musicなどの音楽ストリーミングサービスなんかも楽しめます

ゲームでは『Apple Arcade』で定額制で遊び放題のサービスもありますからね

しかもPS4やXboxOneなどのコントローラーにも対応したので本格ゲーム機顔負けですよ!

 

スポンサーリンク

AppleTVはこんな人にオススメ

AppleTV

AppleTV』はこんな人にオススメです

  • iPhoneを持っている
  • iPadを持っている
  • Macを持っている
  • 動画配信サービスをテレビで楽しみたい
  • AppleTV+がテレビで見たい
  • AppleArcadeでゲームをテレビで遊びたい

 

Appleの動画配信サービスやゲームの定額サービスをテレビで楽しめるのは『AppleTV』だけです

またiPhoneやiPadからテレビに画面を移したり、写真や動画、音楽を転送できるのはAirPlayを使える『AppleTV』があってこそです

iPhoneやiPadを利用している人はぜひ『AppleTV』で、テレビでもAppleデバイスのエンターテイメントを楽しみましょう!

 

とはいえ『AppleTV』はAppleTV+やAppleArcadeなどのサービス、iPhoneやiPadからのAirPlayを使わない人

『動画配信サービスをテレビで楽しみたいよ!』ということだけを目的にした人には不向きです

そんな方はAmazonのFire TV Stickがオススメなのでこちらの記事も併せてどうぞ!

Fire Stick TVとは何?できることは?Amazonプライム会員じゃなくても大丈夫?4Kとの違いを解説!

Fire Stick TVとは何?できることや4Kとの違いを解説!アイキャッチ

Fire TV Stickとは何?できることや4Kとの違いを解説!

2019年8月13日
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で300日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!