サウンドバーのおすすめ5選!テレビのスピーカーを高音質化しよう!

どうも!テレビのスピーカーに不満を持つもとゆき(@gudaogudao)です!

 

  • テレビの音が聞こえにくい
  • テレビの音が小さい
  • テレビの音が悪い

 

テレビのスピーカーって音が小さいし、こもった感じで聞き取り辛いですよね?

でもこれってスピーカーの特性を考えるとしょうがないんです。

 

こんな悩みをお持ちの方はサウンドバーを使えばお手軽に手持ちのテレビの音質をアップグレード出来ますよ!

この記事ではテレビのスピーカーを高音質化するための『サウンドバーのおすすめ5選』をお届けします!

サウンドバーとは?

speaker

サウンドバーとはバータイプのスピーカーシステムのことです。

主に薄型テレビなどに接続して使用します。

音質が物足りないテレビのスピーカーを簡単にアップグレードするのに便利だよ

 

サラウンドバーの特徴(メリット)はこちら。

サウンドバーの特徴(メリット)
  1. テレビの音より圧倒的に良音
  2. 設置がラク
  3. 1本でホームシアターサウンドを実現できる
  4. 1本でバーチャルサラウンドに対応
  5. Bluetooth対応でリビングスピーカーとしても使える
  6. 同じ数スピーカーを揃えるより安い

一番のメリットは何よりも音が良くなること。

そしてホームシアターシステムに比べてスピーカーの配置などもテレビの前に1つのサウンドバーを置くだけなのでラクです。

バーチャルサラウンドにも対応しているのでたった1本のスピーカーでまるで映画館のような音場を楽しめますよ!

サウンドバーのメリットやデメリットについて詳しくはこちらの記事でまとめてあるのでよろしければご覧ください。

サウンドバーとは何?メリット・デメリットを解説します!

サウンドバーとは何?メリット・デメリットを解説します!

 

またサウンドバーの選び方にはポイントがあります。

それがこちら。

サウンドバーの選び方
  1. メーカーで選ぶ
  2. 音質(スペック)・サイズで選ぶ
  3. バーチャルサラウンドの有無で選ぶ
  4. サブウーハーの有無で選ぶ
  5. 機能で選ぶ
  6. 設置のラクさで選ぶ
  7. 価格で選ぶ

サウンドバーを選ぶ時に重要なのは『自分が何に使いたいのか』です。

ドラマを見たいならステレオタイプのもので良いし、映画を見るならサブウーハー付きでバーチャルサラウンド対応がオススメ!

サウンドバーの選び方も詳細は別の記事にてまとめてあります。

よければご覧ください。

サウンドバーの失敗しない選び方のポイント7つを解説するよ!

サウンドバーの失敗しない選び方のポイント7つを解説するよ!アイキャッチ

サウンドバーの失敗しない選び方のポイント7つを解説するよ!【7.1ch対応がオススメ】

 

スポンサーリンク

サウンドバーのおすすめ5選!

イヤホンで音楽を聴く女

それではサウンドバーのおすすめ製品を紹介していきます!

サウンドバーごとに特徴を解説していくね!

 

ヤマハ YAS-109

まず最初はヤマハの最安サウンドバーYAS-109

  • ワンボディ型でウーハー内蔵タイプ
  • バーチャルサラウンドに対応(DolbyAtoms対応)
  • AmazonAlexa対応
  • SpotifyやAmazonMusicに対応
  • WiFi対応

YAS-109価格はサウンドバーの中でもかなり安価な方ですが、性能は凄まじいです。

バーチャルサラウンド技術の『DTS Virtual:X』に対応しており、音源が2.1chでも最大7.1.4chに擬似的に拡張したバーチャルサラウンドを楽しむことが出来ます

また『DTS Virtual:X』では壁の反射を利用していないバーチャルサラウンドなので部屋の形状などにも左右されずに安定したサラウンド環境を得れるところがポイントですよ。

YAS-109なら2万円前半で手軽に高音質を手に入れられますよ!

 

ヤマハ YAS-209

先ほど紹介したヤマハのYAS-109の上位機種がYAS-209

  • ワイヤレスサブウーハー付属
  • バーチャルサラウンドに対応(DolbyAtoms対応)
  • AmazonAlexa対応
  • SpotifyやAmazonMusicに対応
  • WiFi対応

YAS-209ではサウンドバー自体の構成も少し変わってYAS-109より更に高音質を追求しています。

また最大の特徴はワイヤレスサブウーハーが付属していること

ワイヤレスなので設置も簡単で、サウンドバーと離れた場所に設置しても大丈夫!

 

もちろんバーチャルサラウンドの『DTS Virtual:X』に対応

サブウーハーのおかげで低音が強化されているので映画や音楽などを聞いた時の深みはハンパじゃないですよ!

Amazonアレクサにも対応しているので「アレクサ、ボリュームを上げて」「アレクサ、ジャズをかけて」などボリュームの調整や音楽の再生なんかに便利

映画を楽しみたい人には迫力の低音を楽しめるサブウーハー付きのYAS-209がオススメ!

 

ソニー HT-Z9F

ソニーの低価格帯なのに高性能なサウンドバーHT-Z9F

  • ワイヤレスサブウーハー付属
  • バーチャルサラウンドに対応(DolbyAtoms対応)
  • ハイレゾ音源に対応
  • 別売のワイヤレスリアスピーカーでリアル5.1chへアップグレード可

価格は安いが性能は非常に高く、ハイレゾ音源にも対応

BluetoothのコーデックはLDACにも対応しているのでスマホやタブレットからでの音楽再生でもほとんど圧縮無しの高音質を楽しむことができます。

スピーカーの数は3.1chの構成ですが、バーチャルサラウンドにも対応し『Dolby Atoms』や『DTS:X』もカバー

バーチャルサラウンドで『DolbyAtoms』のような包まれるような音楽を楽しめるよ!

 

また『4Kパススルー』や『HDR10』にも対応した最新のフォーマットにも対応。

そして最大の特徴はワイヤレスのサブウーハーに付け加え、別売りのワイヤレスリアスピーカーの増設が可能なところです。

ワイヤレスリアスピーカーの増設でリアル5.1chへアップグレード可能なので1段上の映画体験を楽しめますよ!

将来的にリアル5.1chに拡張していきたい人にオススメです!

 

ソニー HT-X8500

1本で3次元の立体音響を楽しめるソニーの2.1chサウンドバーHT-X8500

  • ワンボディ型でデュアルサブウーハー内蔵
  • バーチャルサラウンドに対応(DolbyAtoms対応)
  • 奥行き96mmのスリムサイズ
  • Bluetooth対応でスマホの音楽を転送可能

内臓型になりますが、デュアルサブウーハー内臓で臨場感あふれる低音を楽しむことができます

もちろんバーチャルサラウンドに対応しており『Dolby Atoms』や『DTS:X』もカバー

『4Kパススルー』や『HDR10』にも対応した最新のフォーマットにも対応しています。

YAS-209YAS-109HT-Z9Fと同様にバーチャルサラウンドに壁や天井を利用しないので部屋の形状や環境の影響を受けずにバーチャルサラウンドを楽しめますよ!

1本で包み込まれるような音場を楽しみたい人にオススメ!

 

パナソニック SC-HTB200

コンパクトなサウンドバーが欲しいならこのSC-HTB200-Kがオススメ!

  • サウンドバーが欲しいけどテレビの前のスペースに余裕がない
  • サイズの小さなサウンドバーはないの?

特にこんな人にオススメのサウンドバー

  • ワンボディ型
  • 小型なのに80wの出力
  • 高さ510mmのスリムサイズ

コンパクトですが、最大出力80wとテレビのスピーカーとは雲泥の差

幅もわずか45cm、高さも5.1cmと超薄型です

サウンドバー の設置場所が無くてお困りの方にぴったりの1本

 

スポンサーリンク

おすすめ5選まとめ:サウンドバーは用途に合わせて比較しよう

シアター

サウンドバーのおすすめ5選を紹介してきました

紹介してきたサウンドバーは全てでテレビの音を圧倒的に高音質化することが可能です

設置も簡単なのでだれでも手軽にテレビの音質をアップグレードできますよ!

映画やドラマは音が変わるだけで印象が劇的に変わります

バーチャルサラウンドで映画やドラマを楽しみましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です