パソコンは『CPU・メモリ・ストレージ』で選ぼう!違いや優先順位も解説!

パソコン選びやメモリ・ストレージの違いを解説記事アイキャッチ

どうも!パソコン選びにうるさいもとゆき(@gudaogudao)です。

  • パソコンを購入する時に選ぶべきポイントは何?
  • スペックなんて見てもわからない!
  • 何を買えばいいの?
  • CPU・メモリ・ストレージって何?
  • 違いは何?
  • SSDって何?

こんな方におすすめの記事です。

結論としてパソコン選びは『CPU・メモリ・通信手段・ストレージ』これだけ押さえとけばOKだよ

理由を解説していきます。

この記事を読めばパソコン選びで必要なものを安く手に入れることのできる知識が付きますよ!

パソコンは『CPU・メモリ・ストレージ』で選ぼう!
それぞれの違いも解説していきます!

ソフトバンクの創業社長でもある孫正義さんも講演でこのようにお話ししています。

『パソコンの進化を語るにはCPU・RAM・通信速度 この3つの要素が何よりも重要』

『ほかの要素は誤差のようなもの、この3つが重要だ』

CPUはなんとなく理解している人が多いかもしれませんが、人間でいうと『脳』にあたるのがCPU

パソコン初心者にありがちな間違いとして『ストレージ』のことを『メモリ』と表現することがあります。

今回の記事で説明する『メモリ』とは動作メモリ、つまり『RAM』のことです。

  • ストレージ:記憶領域のこと
  • メモリ:動作メモリのこと

 

ストレージやCPUなどのことを下記のように表現するのが一般的です

  • HDDやSSDなどの記憶領域(ストレージ)のことを『引き出し』 
  • 動作メモリ(RAM)のことを『机の上(作業スペース)』
  • CPUのことを『脳』

日常の作業と同じうように机の上が広げれば作業が早い=作業が捗るので動作が速くなります。

そのためRAM(動作メモリ)は多く搭載している方が動作速度が速くなりやすいです

CPUのスペックをあげるよりもRAMを増やした方が体感できるほどわかりやすくパソコンのスピードがアップするよ!

これはパソコンに詳しい人なら全力で賛同してもらえることですね

詳しくはこの後の項目で説明していきます。

 

スポンサーリンク

メモリ(RAM)の搭載量はどれくらいがベスト?

Mac mail

先ほどメモリ(RAM)を机の上(天板)に例えました

人間が事務処理するのをイメージしてみると机の上のスペースが広い方が作業をするときに効率よく作業ができますよね?

 

パソコンも同じで『机の広さ=メモリ』が多ければそれだけ効率よく作業ができます

そのためメモリをたくさん搭載している方が、パソコンを使ったときの動作が速くなります

机のスペースが広いと書類も広げれるので作業がしやすいけど、机が狭いと書類を重ねておかないといけないので作業しにくいですよね

 

OSによって推奨メモリは違う

RAM

そしてパソコン選びで最初に悩むのがOS(オペレーティングシステム)

OSとはパソコンを動かす基本ソフトのこと:一般的なのがWindowsやMac

 

ビジネス用途では圧倒的にWindowsユーザーが多いと思いますが、最近はMacの人も増えてきましたね

ちなみにこのブログもMacで書かれているよ!

ここで重要なのはWindowsやMacなどOSによって推奨メモリ数は違うということ

  • Windows10の推奨メモリは4GB
  • Macは最低スペックのものでも最初から8GB

推奨スペックは上記の通りですが、もちろんパソコンで何をするかによって必要になるメモリ数は変わりますし、推奨はあくまで『推奨』にすぎません

 

例えばWindows7だと推奨メモリは1GBとなっていましたが実質4GB無いとかなりストレスを感じます

同様にWindows10も推奨だけみれば4GBですが、8GBくらいないと動きが少し苦しい

長期的に使う前提であれば8GBは選んでおきたいですね

 

ただし軽作業の場合はストレージがSSDだとメモリが4GBでもかなり快適です、つまりSSDはメモリよりも重要

ストレージに関しては後述していきます

 

OSによって最大メモリ数は違う

Mac-OS

またOSには32bitと64bitの2つがあります

Macでは64bitしか販売されていないので気にしなくても大丈夫ですが、Windowsだと今だに32bit版のOSも販売しています

32bitOSだとメモリを後で増設しようにも最大4GBまでしか認識しません

 

なので後ほどメモリを8GBに増量したい場合などは最初から64bit版のOSが必要ですよ

最初から8GB搭載のパソコンであれば間違いなく64bit版OSなので表記が無くても安心です

この8GBというメモリ量は主にメール・ブラウジング(インターネット閲覧)・動画の閲覧などを目安に想定しています

もちろんブログを書いたりofficeソフトを使う場合はメモリ不足になることはまずありません

 

つまり一般的な用途であれば8GBでストレスを感じることはほぼないとみてOKだよ

逆に動画の編集や高度な画像処理などをしたいときは16GB以上搭載した方が良いケースもあるのであしからず(もちろんその場合はCPUなども上位モデルにする必要あり)

 

スポンサーリンク

CPUの選ぶポイント:優先すべきはメモリとストレージ

iMac 横から

先ほどの例えを使えばCPUとはパソコンの脳みそです

先ほど『机のスペースが広い方が効率がいい』と言いましたが、例えば事務処理する人が極端に数字に弱くて計算できないといくら書類を広げれても意味がないですよね

逆に頭が良いと書類を広げての作業は苦手かもですが、複雑な計算などは早くできそうですよね

そういう意味でも『CPU=脳みそ』はパソコン選びで重要な要素

どんなに作業机が低くても頭が悪かったら作業効率は落ちちゃうよね

 

とはいえ『メール・ブラウジング(インターネット閲覧)・動画の閲覧』くらいなら一昔前の低スペックなCPUだったとしても問題なし

それならメモリとストレージを重要視しておいた方が良いです

写真や動画をゴリゴリ編集するわけじゃないならCPUはそこまで気にしなくても良いよ!

 

CPUには世代があるのでCorei〇だけで判断するのは要注意

CPU画像

一般的にCPUといえばintel

intelのCPUといえばcorei3 i5 i7 といったシリーズが有名です

パソコンが苦手な人は『corei5くらいのパソコンで〜』みたいなことを言いがちですがcore iシリーズにも世代があるので要注意

 

大体1年に1回intelは新しいCPUを投入しています

CPUの進化は速く、世代をまたぐと全く別物のCPUになるので注意

大げさにいうと前世代のcorei5と次世代のcorei3は大体同じ性能

1年で全く別物になるの!?
そうなんだよ!だからCPUを選ぶなら世代は気にした方が良いね!とはいえ用途によってはそこまで気にしなくてもOK

ちなみに同じ『corei5』でも低電力版のYシリーズ、ノートPC用のUシリーズなど多岐に渡ります

こちらも注意

 

ただしふだん使うような操作でCPU性能の違いはほとんどわかりません

動画編集や写真編集をする人は気にすべきすが、それ以外の人はそこまで気にする必要はないです

CPUよりもストレージをSSDにした方が圧倒的に体感速度が速くなるよ!

 

スポンサーリンク

パソコン選びでストレージをSSDにするのは優先順位1番

SSDイメージ写真

最近ではストレージも主流がHDDからSSDに変わりつつあります

ストレージはパソコンの動作の中でも体感できるほどの速度の向上にはもっとも重要といえます

SSDにするとパソコンの動作は圧倒的に速くなるよ!理由をHDDとSSDの違いを元に解説していくね

というのはHDDというのは簡単にいうとこんなイメージです

『CDのような円盤』が二枚入っていてモーターで円盤を回転させて、レコードのように針で読み込む

 

対してSSDというのは半導体

こんなイメージになります

これが動作速度に大きな違いをもたらします

 

HDDがモーターを回して物理的に円盤を動かして読み込みをするのに対してSSDは電気を通すだけで使用できます

物理駆動が無い分HDDよりSSDの方が圧倒的に動作が速くなります

ストレージを『SSD』にするだけでパソコンの立ち上げが体感で1/2〜1/3程度になるよ!

ちなみにメールやインターネットの閲覧・動画の視聴くらいならストレージがSSDならメモリは4GBでもびっくりするくらい高速ですよ!

 

スポンサーリンク

WindowsとMacの2つのOSでおすすめのパソコンを紹介

Macbook

上記ではパソコン選びで重要な『メモリ・CPU・ストレージ』について解説してきました

最後にWindowsとMacのそれぞれでおすすめのパソコンを紹介していきますがウルトラブックという言葉をご存知ですか?

簡単にいうと薄い!軽い!速い!の3本揃いのパソコンのことだよ!
ウルトラブックの定義
  • Uシリーズ・Yシリーズのインテル製プロセッサ(CPU)を搭載
  • 厚さ23mm以下
  • 動画(HD画質)の連続再生時間:6時間以上
  • WiFi搭載
  • 休止状態から7秒以内の復帰

ウルトラブックについて詳しくはこちらで解説しています。

ウルトラブックとは何?メリット・デメリットを解説!

 

最近のノートパソコンはこの 薄い!軽い!速い! というのが重要視されて多くの製品がラインナップされています。

ただパソコン初心者の場合は何を買っていいかわからないと思います

そこでおすすめのウルトラブックを紹介していきます!

ウルトラブックは薄くて軽くて速いからノートパソコンがほしい人にはたまらない一品だよ!

 

Windowsのおすすめパソコン

WindowsのウルトラブックでおすすめなのはSurface Laptopシリーズ!

 

こちらはWindowsの開発元Microsoftの販売するノートパソコン(ウルトラブック)

メモリは8GB CPUは第10世代Core i5、SSDを搭載した抜かりのない構成。

OSWindows10 Home 64bit
CPU第10世代 Core i5〜(Uシリーズ)
メモリ8GB〜
ストレージ128GB〜
ディスプレイサイズ13.5インチor15インチ
重量1.25kg(13.5インチ)

ポイントは十分すぎる性能と、『Windows』制作元の『Microsoft』純正の製品であるということ。

しかも純正品は『高い』というのが一般的だが、同じスペックでNECや富士通などの製品に比べると10万円くらい安いので驚く

正直このスペックでこの価格は他社が追随できないレベル

Windowsのノートパソコンを買うならSurface Laptopがぶっちぎりにオススメだよ!

見た目もカッコいいしね笑

 

タブレットとしても使いたいなら2in1のSurfaceProがおすすめです

 

Macのおすすめパソコン

私も大好きなAppleのMacOS!

個人的にはウルトラブックとしての活用であればMacbookAirがオススメ!

OSMacOS
CPU第10世代 Core i3〜(Yシリーズ)
メモリ8GB〜
ストレージ256GB〜
ディスプレイサイズ13.3インチ
重量1.29kg

軽量でコンパクト、そしてSurface Laptop並みの性能

そしてコンパクトなサイズ感なので持ち運びに便利ですよ〜

iPhoneやiPadを使っている人にはMacは親和性が高すぎるので一度手に取ると手放せなくなりますよー!

 

スポンサーリンク

まとめ:パソコン選びで重要なのは『CPU・メモリ・ストレージ』

Macbook斜めから

以上でパソコン選びについてのポイント解説は終わりです

よく法人の社内のパソコンの管理を任せられているレベルの人と話をしていても会社規模が200人以下だとストレージとメモリを混在して話している人も多くいます。

スペックを指定してくる割には『Corei5のパソコンで〜』などという人は意外と多いです。

こんな話をするたびに『世代で全然違うのにな、、、』とやるせない気持ちになりますね。。。

 

パソコン選びは正しい知識を身につけてすれば安くて良い買い物ができるので是非参考にどうぞ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です