ホームシアターにオススメ!ソニー製センタースピーカーSS-CS8購入レビュー!激安でスピーカー欲しい人にはコスパ最強!

ホームシアターにオススメ!ソニー製センタースピーカーSS-CS8購入レビュー!激安でスピーカー欲しい人にはコスパ最強!アイキャッチ

 

どうも!オーディオ大好き@gudaogudaoです。

 

昨年自宅にホームシアターを作りました。

ホームシアター用スクリーン選びはサイズと高さに注意!天井付ならロングマスクタイプがおすすめ!

短焦点モデル ホームシアター用プロジェクターEPSON EH-TW650を購入レビュー!同等機種と比較しました!

 

しかしスピーカーなどのオーディオ関係は基本的にもともと持っていたものを活用しました。

 

そこでセンタースピーカーだけ貧弱だったので新しく買い換えることに決めた。

そこで今回はソニー製のセンタースピーカーSS-CS8を購入することにしました

大きなサイズからは想像出来ない激安の価格設定!

胸を張ってオススメのできるコスパ最強のセンタースピーカーSS-CS8をレビューしていきますよ!

コスパ最強!
ホームシアターのセンタースピーカーにおすすめ!
ソニー製センタースピーカーSS-CS8購入!

 

以前はonkyoのセンタースピーカーD-108Cを使用していました。

※下記リンクは参考に貼りました。

D-108Cの後継機です

音は良いのですが、ボディサイズや音量はフロントスピーカーに比べて貧弱さを感じていました。

ホームシアターのスクリーンとスピーカー

フロントスピーカー大きいでしょ?

 

ちなみにフロントスピーカーにはソニーのSS-F6000を使用しています。

今では絶版なので無駄に高いですが、正式販売当時はマジで激安でした。

この見た目と大きさ!音質もなかなか良いです!それでいて価格は驚き!

2台で19,800円くらいでした笑

 

ちなみに後継機も発売していますが、こちらも激安です!

安いトールボーイ型のフロントスピーカーが欲しい人にはオススメですよ!

 

話は戻りますが、以前使用していたセンタースピーカーD-108C。

音自体は悪くないのだが、出力が弱い感じ。

 

ただ今までの環境では置けるスペースにも限りがあったこともあり我慢していた。

しかし今回は違う!

ホームシアターを作るのにあたって遂に入れ替えすることを決意しました!

 

入れ替えにあたっての条件はこちら

 

センタースピーカー選びのポイント
  1. バナナプラグが使える
  2. 可能なかぎりサイズがデカイ
  3. 安い

 

この3つだ。

 

1.バナナプラグが使える

後ほど詳しく記載するが、バナナプラグに対応していないと音質の優れる太いケーブルは使えないしケーブルの抜き差しが面倒になる。

そのためバナナプラグ対応のスピーカーを探していた。

 

しかしボディサイズの小さなスピーカーはこのバナナプラグには非対応なことが多い。

そしてセンタースピーカー自体、種類が少なくボディサイズは小さいものが大半。

 

しかし今回購入したSS-CS8はバナナプラグを使うことができたため、迷うことなく選択肢に。

2.可能なかぎりサイズがデカイ

オーディオ好きはご存知のとおり、スピーカーは一般的にサイズが大きい方が良い。

簡単にいうと音をスピーカー内で反響させるからなのだが、サイズは大きい方が有利なのだ。

 

ただし置けるスペースにも限界はあるので、予算の中での最大サイズを探していた。

とはいえスピーカーは大きさだけでは語れない。

でもセンタースピーカーというのは高価格帯でも小さめのサイズのものが多い。

大き目のものを買おうと思うととんでもないほどの予算が必要になる。

 

そこで目をつけたのがこのソニー製センタースピーカーSS-CS8になる。

缶と比べてもこんなにデカイ!

SS-CS8正面 缶と

3.『安い』

これは実際のAmazonなどのショップの価格を見てもらえればわかるように驚異的に安い。

 

同サイズ・同スペックの製品を購入するとおよそ10倍の出費は覚悟しなければいけない。

ということでスペックの割に安すぎるこのハイコスパのセンタースピーカーだが、音も良いので侮れないのだ。

 

スポンサーリンク

なぜSS-CS8に決めたのか?
決め手にもなった導入環境を紹介!

ホームシアターのスクリーンとスピーカー

ちなみにアンプはonkyoのBase-V30HDXを使用している。

こちらも現在は販売終了している。

後継機はこちらのBASE-V60(B)

価格も激安なのに5.1chまで対応!

また4K対応でなおかつフロントスピーカー2台とウーハーもついているのでホームシアター初心者にはオススメですよ。

というか『テレビの音悪いな』と感じる人にはオススメできますね。

劇的に変わるから感動しますよ!

 

フロントスピーカーは先ほどおつたえしたがSonySS-F6000を使用していた。

今回購入したSONYのセンタースピーカーもコスパ最強だが、このフロントスピーカーSS-F6000も最強のコスパを誇る。

今は高いけどね。

SS-F6000は驚異のコスパを実現したソニーのホームシアターのベストセラーモデルだったが、今回購入したSS-CS8はこのシリーズのセンタースピーカーの後継機。

 

ちなみにこのSS-F6000の後継機はSS-CS3という。

本当に激安で驚き!

通常10万円以上が基本のトールボーイスピーカーの世界で脅威の一本1万円前後である。

 

以前のSS-F6000シリーズでも驚異的な安さとボディサイズを誇っていたものだが、SS-F6000の時代にはケーブルの差し込みはプッシュ式ターミナルだった。

後継機であるSS-CS8からはバナナプラグ対応になっている。

ついでに実際使用したプッシュ式ターミナル用のピンプラグも以前の記事で紹介しているので是非見てほしい。

Amazonベーシックのスピーカーケーブルは価格以上の価値はあるのか?

 

そんなこともあり、バナナプラグ対応のおかげで太めのケーブルでも使用出来るのが嬉しいポイントである。

一般的にはケーブルは太ければ太いほど力強い音が出る。

ただケーブルの差し込みの形状によっては太いケーブルを使用出来ないのだ。

 

しかしバナナプラグ対応であればどんなケーブルでも接続できるのでこの問題はクリアだ。

ということでより音質の良い太いケーブルを使用出来るのはオーディオ好きには堪らない。

 

スポンサーリンク

スピーカーと合わせて購入したものをご紹介!

今回はスピーカーの購入に合わせてインシュレーターも購入。

インシュレーターというのはスピーカーの下に置き、共振を抑えることで音質を良くするアイテムのことです。

 

またセンタースピーカーの角度を変える目的でもセンタースピーカー用にも別のインシュレーターを導入。

センタースピーカーの配置が視聴位置より下に来るため、少し上向きにしました。

 

そしてプラグ関係もセンタースピーカーはバナナプラグ、フロントやリアスピーカーに関してはピンプラグを採用した。

今回ピンプラグとバナナプラグはこちらの製品を購入しました。

初めての取り付けだったため取り付け方がわからなかったので不安だったが、比較的簡単に取り付けできたし、取り回しも簡単だったので大満足だ。

もし同じことしたいけどやり方がわからない人がいればコメント書いてもらえれば回答しますよ。

フロントスピーカーのインシュレーターはこちらの製品を購入した。

スピーカー1本あたり4つ使用して置いた。

安定感もあるし高級感もある。

メーカーもオーディオテクニカなので信頼性も高い。

 

またフロントスピーカーはホームシアターのスクリーンの関係で床に近いところに配置することに決めた。

音は指向性が高いのでセンタースピーカーだけ下向きだとバランスが悪い。

そのため視聴位置に向けて角度をつけようと思い、角度のあるセンタースピーカースタンドを購入検討した。

ただこのセンタースピーカースタンドはスピーカーの半分くらいの価格。

さすがに高いよな〜

で、少しもったいくて別の製品を導入して角度をつけることに決めた。

 

それがこちら

結果として安い製品ではあるものの、スピーカーの角度を変え、なおかつインシュレーターの役割をさせたいという思いが叶ったので満足している。

スポンサーリンク

SS-CS8を購入して大満足!
ハイコスパのセンタースピーカー界の名機!

SS-CS8斜めから

 

SS-CS8を導入してからかれこれ半年近くになるわけだが、感想としては大満足だ!

やはりサイズが大きくなったことは音の出力には有利に働いており、今まで以上に圧倒的なボリュームで音を聞かせてくれる。

 

またフロントスピーカーとのバランスがよくなったこともデカイ。

バナナプラグ対応になったことでケーブルの抜き差しが容易になったことも精神的な負担として非常に軽くて良い。

 

それでいて安い!というのが最大のポイントだ。

マジで安すぎる

利益出てんの?これ?ってくらい安い(笑)

 

実は現行販売のCS-SS8シリーズにはDolby Atmos対応イネーブルドスピーカーという製品もライナップされている。

 

本来エントリーモデルの位置付けでもある本シリーズであるが、Dolby Atmosまで対応させようとしているのは驚きだ。

こんな低価格でDolbyAtomsの天から降り注ぐような臨場感あふれる音響体験を試せること自体マジで驚き!

 

一体ソニーはどこから利益を出しているのか不思議なほど激安なこのスピーカー達だが、私のようにホームシアターを安価に構築したい人にはピッタリですよ。

 

以前の記事では他にもスクリーンについてやプロジェクターについても紹介しているので是非一度見てもらえると参考にしてもらえると思います。

短焦点モデル ホームシアター用プロジェクターEPSON EH-TW650を購入レビュー!同等機種と比較しました!

ホームシアター用スクリーン選びはサイズと高さに注意!天井付ならロングマスクタイプがおすすめ!

ホームシアターのプロジェクターを激安で天井吊りする時に必要なものと設置方法とは?スクリーンの奥にはテレビを壁掛けにするよ!

 

激安なのにスペックの高いスピーカーをお求めの人はSonyのSSシリーズで決まりですよ!

下記商品で揃えれば激安で5.1.2chを楽しめますよ笑

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です