ニンテンドースイッチ用有線LANアダプター購入!なぜ有線接続がオススメなのか?

そういえば随分前になるがニンテンドースイッチのLAN環境をDock接続時には有線LANに切り替えた。

理由は今でも定期的に楽しんでいるスプラトゥーン2!

PS4やAppleTVなどは有線LANで接続していたのだが、持ち運びすることもありニンテンドースイッチだけは無線のままだった。

ただスプラトゥーン2を楽しんでいるときに限り通信障害を起こすことが多くなり、快適なスプラトゥーンを楽しむために有線化することに決めたのだ。

ニンテンドースイッチ用有線LANアダプター購入!なぜ有線接続がオススメなのか?

正直この理由は簡単。

無線LANに比べて有線LANの方が通信が安定するからだ。

特にFPSなどでは無線LANだとラグが多くて素直に楽しめないためほとんどの人が有線LANでプレイする。

しかしスプラトゥーンは純粋なFPSではないし、ハードもニンテンドースイッチということもあり無線LAN環境でそのまま使用していた。

ただRPGなどとは違い、回線状況が自分の成績に直結することがあり少しでも良い通信環境を構築したい!とおもったのだ。

スプラトゥーンでは回線落ち(回線の不具合により離脱すること)するとペナルティが発生する。

勝負に負けたわけではないのにペナルティがあるのは辛い。

実際無線環境化で遊んでいると何度か通信が途切れたことがあった。

そんなことから少しでも良い環境を!とついに有線化することを決意した。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチにオススメの有線LANアダプタとは!?

LAN環境を有線化したいがニンテンドースイッチには残念ながら有線LANポートは存在しない。

そのため外付けの有線LANアダプタが必要になる。

そこで今回選んだ有線LANアダプタはこちら!

バッファロー LUA4-U3-AGTE-WH Giga USB3.0対応 有線LANアダプター ホワイト 取り寄せ商品

今回この商品を選んだ理由は

  • 安価であること
  • USB3.0対応であること
  • ニンテンドースイッチの動作確認済みであること

この3点である。

一つ目:安価であること

安価であることはそのまま。とにかく安い!

この後でてくるUSB3.0対応なのに安い!

これが理由だ。

二つ目:USB3.0対応であること。

これも理由は簡単なのだが、安価な有線LANアダプタはUSB2.0対応までのものが多い。

今回購入したBuffalo製品でも少し前まではUSB2.0対応のものが主流だった。

ではなぜUSB3.0である必要があるのか。

通常光通信の規格であれば最大1Gbpsの通信が可能だ。

しかしUSB2.0では最大通信速度が480Mbps

およそ半分程度の速度しか出ない。

対してUSB3.0では最大通信速度は5Gbpsである。

ただ有線接続とはいえ、光通信の1Gbpsも理論値に過ぎないので実測の速度は落ちる。

しかしニンテンドースイッチのドックにはUSB3.0ポートが用意してあるので、光回線を使用しているのにわざわざ速度の劣るUSB2.0を使用する必要はない。

ということでUSB3.0の製品を選定することにした。

三つ目:ニンテンドースイッチで動作確認済みであること

通常パソコンなどではUSB機器を接続するとドライバがインストールされ使用可能な状態になる。

ではニンテンドースイッチではどうなのか。

他の製品を試したわけではないので正確なことはわからないが、おそらく相性が悪くてうまくいかない製品もあるはず。

そのためニンテンドースイッチで動作確認してあるということは自分の中でポイントが高かった。

実際使用した感じは全く問題はなく動作に不満はない。

動作確認済みでUSB3.0対応、そして安いと3拍子揃った製品である。

スポンサーリンク

速度はどの程度早くなったのか。

実際に測定したものをご覧いただこう。

無線LAN接続の場合

無線LANで接続した時の状態。

5GHzで接続しており、無線LANルーターの最大通信速度は1750Mbpsだ。

その結果がこちら。

  • ダウンロード 12.3Mbps
  • アップロード 17.6Mbps

PCの感覚だと遅いような気もするけどニンテンドースイッチのゲームをする分には困らないレベル。

有線LAN接続の場合

そしてお待ちかねの有線LAN接続。

その結果はこちらだ。

  • ダウンロード 28.7Mbps
  • アップロード 17.6Mbps

結果としてアップロードは変わらなかったが、ダウンロードに関しては倍以上の速度を実現している。

明らかに有線LANの方が早くなったといっても差し支えないだろう。

実際有線接続に切り替えてからは回線落ちは全くと言っていいほどなくなった。

スポンサーリンク

まとめ

一昔前、光回線のない時代は有線LANといえばADSLかケーブルテレビの二強だった。

その時代オンラインゲームをする人の中では『回線速度よりも安定感』とよく言われたものだ。

ADSLは方式上通信が不安定になりやすい。

その点ケーブルテレビは速度こそ遅いが通信の安定性は高かった。

そんなこともあり多くのゲーマーはケーブルテレビを利用した時代もあった。

今回有線に切り替えたことでダウンロードは早いがアップロードは変わらないという結論になった。

しかし体感として有線LANにしてからは明らかに回線落ちはなくなった。

つまり有線にすることで通信の安定性が確保できたのではないかと思う。

オンラインゲームの場合回線落ちは他の人にも迷惑になるし、自分にとっても無駄なので設置可能な状態であれば有線LANを強くオススメする。

オススメの有線LANアダプタはバッファローが安いしオススメ!

バッファロー LUA4-U3-AGTE-WH Giga USB3.0対応 有線LANアダプター ホワイト 取り寄せ商品

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

現金でチャージするたびにチャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、400記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 毎日更新を実行し、365日連続更新を達成! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!