ダンケルクを視聴した感想!ウィンストンチャーチルを見たら書かずにいられない!

前回の記事では『ウィンストンチャーチル ヒトラーから世界を救った男』の感想を書いたが、その際にクリストファーノーラン監督作品の『ダンケルク』についても触れていたのだが、触れてしまったら書かずにいられなくなってしまいこの記事の執筆に至っている。

最近は自宅にホームシアターを作ったことから映画館に行くこと自体減り、自室で閲覧することが多くなったのだが、このダンケルクはホームシアターを作る前で尚且つどうしても見たいと思える魅力溢れる予告編だったので映画館で見た作品だ。

もう本当に傑作!

『インセプション』以来久しぶりのクリストファーノーラン監督作品であり、ダンケルクで触発され、後日こちらも視聴しようと思いつつ足の遠のいていた『インターステラー』も視聴しがっつりハマることになる。

さて『ダンケルク』とは何か?

あらすじ

第二次世界大戦初期の1940年5月26日から6月4日。イギリス、ベルギー、カナダ、フランスから成る連合軍将兵は、フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され、ダイナモ作戦による撤退を余儀なくされていた。

英国陸軍の兵士であるトミー二等兵はダンケルクの街で、自身の分隊がドイツ軍の銃撃で自分以外全滅し、武器も失った状態で一人、撤退作戦中のダンケルクの砂浜にやってくる。港には英国の救助船がいて、乗船を待つ英国兵が列をなしていた。フランス兵を乗せる余裕はない。トミーは兵士を砂浜に埋葬していたギブスンと名乗る無口な兵士と偶然出会い、行動を共にすることになる。彼は実はフランス兵で、英国の船に乗るために、死亡した英国兵ギブソンの軍服を着ていた。負傷兵は救助を優先されるので、トミーと自称ギブソンは負傷兵を乗せた担架をかつぎ、救助船に乗り込むが、ドイツ軍の攻撃で船は沈没、自称ギブソンの機転でなんとか脱出する。

一方、ダイナモ作戦による民間船徴用で、自身の小型船の徴用命令を国より受けたドーソンは、息子のピーターと、ピーターの知り合いであるジョージと共に、英国兵士たちを母国に運ぶため、ダンケルクに向けて出港していた。

そして、英国空軍のパイロットであるファリアとコリンズらの小隊は、スーパーマリーン スピットファイア戦闘機を駆り、ダンケルクでの撤退行動を阻害するドイツ空軍への阻止攻撃に赴く。息子が空軍で戦死しているドーソンは、自分たちの世代が戦争を決めたことで若者が戦死する状況に心を痛め、転覆したボートに一人生き残っていた将校を救助し、また、海に不時着したパイロットを救出して船に乗せる。

トミー達は、オランダの商船で帰還を試みるも船がドイツ軍の銃撃を受ける。軍用船がことごとく撃沈される中、多数の小型民間船が来航して救助にあたるのだった。

引用元:Wikipedia

『ダンケルク』とは第二次世界大戦初期においてドイツ軍の快進撃により、フランス軍は敗退しイギリス軍をはじめとした連合軍も撤退を余儀なくされ、海にほど近くのダンケルク海岸にて追い詰められた事件を映画化した作品である。

話の大筋は史実に基づくため、この後追い詰められたイギリス軍及び連合軍が民間船の協力によりドーバー海峡を渡り、無事本国イギリスに帰還することが出来たことは多くの方がご存知かと思うが、本作はこのイギリス軍・連合軍が海岸に集合する場面からスタートする。

海岸に追い詰められたイギリス・フランスの両軍は絶望の淵に立たされていた。

迫り来る強力なドイツ軍の戦車部隊、海岸のため隠れるところもないのに頻繁に訪れる爆撃機。

迎えにきた船もドイツ軍の空爆によりあっけなく撃沈する始末。

この限界状況での人間模様やイギリス国民の勇敢さを本作では描いているのだがダンケルクでの民間船や民間人も活用したこの作戦には、以前感想を書いた映画『ウィンストンチャーチル ヒトラーから世界を救った男』の中でも描かれているようにイギリス国民の意思、チャーチルの決断によって実現した奇跡の作戦であった。

また空爆シーンを見ていると現代では戦闘機同士の戦いなども見ていて思うことは特に無いが、やはり当時は空戦を制するものが戦場を制するというロジックの通り、空爆の恐怖や絶望感・優位性を見事に描けていたかと思う。

恐ろしいのは遮蔽物が全く存在しない状態、つまり隠れることも出来ないときの空爆などの空からの攻撃に対して、人は如何に無力かということを思い知らされた。

スポンサーリンク

キャスト

主人公トミーを演じるのはほぼ無名の俳優であるフィン・ホワイトヘッド

またトミーと行動を共にするギブソンを演じたのが、アナイリン・バーナード

そして空軍のエースであるファリアを演じるのが我らが名優トム・ハーディ!

トム・ハーディと言えば個人的にはチャイルド44のイメージが強いわけだが、今作では勇敢な空軍パイロットを演じていて、また痺れるんだなこれが!

驚いたのが主人公トミーを演じるフィン・ホワイトヘッドが無名の俳優であるが、限界状況に置かれた1人の青年としての心情描写を見事にこなしていた。

スポンサーリンク

総評

第二次世界大戦という日本人にとっても大半の人間が知る戦争ではあるが、ダンケルクについては『?』となる人も多くいるのではないかと思う。

戦争映画は時代背景を理解することで楽しみ方が何倍にも何十倍にもなる。

また時代背景を理解することでさらに他の映画にも興味が湧いてくる。

なぜドイツ軍は快進撃を行うことができたのか、これにも精神論だけではなく当時で画期的な暗号化通信を行うことで連合軍側に通信を傍受されたとしても解析されずに遠隔地との通信を行うことができたことが最大の要因と言われている。

逆に第二次世界大戦で連合軍が勝利できたのもこの暗号化された通信を解析できたことにあるとも言われている。

ヒトモノカネに最近では『情報』という4つ目の柱があるように昨今では『情報』の価値が問い出されている。

第二次世界大戦では初めてこの『情報』の持つ重要性を感じさせる出来事だったのだと思う。

ちなみにこの暗号解読についてはシャーロックシリーズで一躍人気者になったベネディクトカンバーバッチが稀代の天才数学者アランチューリング扮する『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』にて映画化されている。

これもかなり良い映画なので興味があれば是非見てほしい。

ちなみにこの『エニグマ』というのが暗号解読に使われた装置のことなのだが、このエニグマが今のコンピューターの基礎になるものというのも非常に面白い。

戦争映画は背景を知れば尚面白いということを周知していきたい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です