【Amazonベーシック】スピーカーケーブルってどう?音質などを実機レビュー

Amazonベーシックのスピーカーケーブルは価格以上の価値はあるのか?アイキャッチ

どうも!スピーカーはケーブルからこだわるもとゆき(@gudaogudao)です

少し前になりますが自宅にホームシアターを作りました!

 

新築ということもあり、配線にはかなりこだわりました5.1chのサラウンド環境を構築しました

電気工事業者には嫌な顔されましたが(笑)

ホームシアターを作る上で問題になるのが配線です

すっきりさせるには隠蔽配線するしかありません

ですがその場合かなり長めのケーブルが必要になります

 

そこで今回購入したのはAmazonベーシックのスピーカーケーブル

長いのに価格も安く音質も満足できるので気に入りました!

そこで今回はAmazonベーシックのスピーカーケーブルをレビューしていきます

買っても後悔の無い素晴らしいケーブルですよ!

Amazonベーシックとは?

Amazon 箱

そもそもAmazonベーシックをご存知ですか?

Amazonベーシックとは高品質の商品を低価格で提供するAmazonのAmazonによるAmazonのためのブランドです

つまりアマゾンのプライベートブランドだよ

低価格なのにAmazonが厳選しただけあって品質が良く、一部の買い物上手のAmazonマニアには御用達のブランド

今回はその『Amazonベーシック』のスピーカーケーブルを2種類購入したのでレビューをしていきます

 

スポンサーリンク

スピーカーケーブルの種類とは?
価格も音質も全然違う

USBケーブル

スピーカーケーブルの値段はピンからキリ

安いものだとメートル換算で数百円のものもあるし、安いものだと100円ショップでも販売しているほど

 

しかし高いものはべらぼうに高いです

1メートルあたり数千円から数万円というのもザラです

値段の差が激し過ぎてどのスピーカーケーブルを選べば良いのかわからない

一般的にオーディオマニア以外はこの『ケーブルなのに高い』ということ自体に抵抗を感じることが多いと思います

気持ちはよくわかります

 

興味ない人からみたら謎の宗教にお布施しているような感じですよね

『この壺を買えばあなたは幸せになりますよ!』

『この数珠を手に入れてからお金持ちになったし、女性にもモテるようになりました』

怪し過ぎますよね笑

 

しかし『ケーブルなんかは何使ってもいっしょだろ!』というのは素人考えです

オーディオ界ではスピーカーやアンプや再生機に次ぐほど音質を大事にする時に重要視されるのが『ケーブル』の面白いところです

 

ちなみにオーディオに本気の人は電力会社にすらこだわります

一説によると関西電力が一番いいらしいです笑

話は戻りますがケーブルを舐めてはいけません

音質を決定づける要素がこのケーブル選びに詰まっているといっても過言ではありません!

 

スピーカーケーブルの種類や選ぶポイント

ケーブル自体は多くのメーカーや多くの素材が存在します

  • 複合型

一般的に銅が最もポピュラーで銅の中でもOFC(無酸素銅)というのが主流

落ち着いて自然な描写が魅力です

銀はより銅よりも高価ですが、高音の再生に優れます

 

他にも種類も豊富です

  • 平行型
  • ツイスト型
  • 4芯型

上記のようにたくさんの選択肢の中からスピーカーなど機材との相性や好きな音色に近づけることなどを考えながら選定していくのがベスト

 

ここまででケーブルの重要性や種類、オーディオ好きの間でのこだわりをご理解いただけましたか?

私自身今まではスッキリとクリアな音が好きでベルデンの高価なケーブルを使用していました

 

ベルデンを使っていたので安いAmazonベーシックのスピーカーケーブルには少し抵抗があったのも事実

でも配管を通してリア側のスピーカーを配線するとなるとどうしてもかなりの長さが必要になる

この長さのベルデンのケーブルは高すぎる

ということで今回はAmazonのスピーカーケーブルを採用することに決めました

 

スポンサーリンク

Amazonベーシックのスピーカーケーブルの音質は?

スマホ画面にAmazon

ちょっと前まではAmazonベーシックからは1種類しかスピーカーケーブルが出ていませんでした

それがこちらのスピーカーケーブル

とても安っぽい見た目

正直使うまではかなり不安でした

ちなみにスピーカーの『ゲージ』とはケーブルの太さのこと

数字が小さくなればなるほど太くなる

太い方が音質が良い

 

見た目も安っぽいが1mあたりで100円もしないのは安過ぎ

かなりしなやかな見た目で取り回しも良いので配管内でもスルスルと施工可能でした

 

でも実際使ってみると元の音源を忠実に再現してくれるし、中音あたりのボリューム感は特に問題なし

音はクリアに聞こえるし解像度も悪くはない

良くも悪くも個性はないけどノーマルな音作りが特徴的だよ

 

ちなみにホームシアターのリアスピーカーは基本的に補助的な役割が多いので高音質は不要です

つまり下記を目当てにケーブルを探している人にはぴったりなスピーカーケーブルです

  • 安い
  • 長い
  • 取り回しが良い
  • リアスピーカーに使いたい

今回はリアスピーカーにこのスピーカーケーブルを利用したのだが、これが正解でしたね。

そして先ほど「Amazonベーシックからは1種類しかスピーカーケーブルが出ていない」と書きましたが、実は今ではもう一種類商品ラインナップがあります

それがこちら

ゲージは2種類

  • 14ゲージ
  • 12ゲージ

先ほどのケーブルの太さ『ゲージ』は16ゲージと14ゲージという2種類でした

新しい白いタイプは14ゲージと12ゲージとさらに太くなっています

 

価格も若干高めですが、茶色のケーブルに比べて99.9%無酸素銅(OFC)製でさらに音質の向上を図っています

我が家のホームシアターのフロント・センタースピーカーにはこの白いスピーカーケーブルを採用しました

ちなみに12ゲージに決定したよ!

 

太さもあるからか、思っていたよりも迫力を感じるサウンド

音質も茶色のケーブルのタイプよりも太くなっています

こちらのケーブルも癖はなく聴きやすいのが特徴

でも高音&低音の広がりはよりクリアで単純にグレードアップ版のスピーカーケーブルという感じ

ただし太くなっているので取り回しはしにくいので長距離の配置の場合は茶色のスピーカーケーブルがおすすめ

 

スポンサーリンク

【Amazonベーシック】スピーカーケーブルの音質に満足!

ヘッドホン

実際Amazonベーシックのスピーカーケーブルを使用してみて、思ったよりも高品質であることがわかりました

価格も他社製品と比べると圧倒的に安く、長いのでいろんなシーンで活躍するし、実験的に付け替えてみるのもOKです

長くて安いスピーカーケーブルを探している人にはおすすめのケーブルですよ

 

ただ注意点として白いタイプのケーブルは、ケーブル自体が太く固いので取り回しも難しい点は注意が必要ですね。

またプッシュピンタイプのスピーカーの場合、ケーブルが太すぎるとうまくプッシュピンに刺すことが困難になる可能性があります

そのためケーブルは太い方が良いけどスピーカーやアンプに刺さらない

こんな恐れのある方はピンプラグを使用することをお勧めします

ケーブルの皮膜を抜いてこのプラグに刺すだけで、太いケーブルでもプッシュ式のスピーカーターミナルに刺すことができるので快適に高音質を追求できますよ!

ついでにスピーカーからの抜き差しも簡単になるのは嬉しいところですね

バナナプラグに関してはこちらの記事にまとめているのでよろしければどうぞ

【SS-CS8レビュー】ホームシアターにおすすめ!激安なソニー製センタースピーカー【コスパ最強】

ホームシアターにオススメ!ソニー製センタースピーカーSS-CS8購入レビュー!激安でスピーカー欲しい人にはコスパ最強!アイキャッチ

【SS-CS8レビュー】ホームシアターにおすすめ!激安なソニー製センタースピーカー【コスパ最強】

2019年3月29日
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

 

現金でチャージするたびに、チャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です