初期型PS4に外付けSSDを接続したらロードが爆速になった!設定を解説!

初期型PS4に外付けSSDを接続したらロードが爆速になった!設定を解説!アイキャッチ

どうも、PS4のロード時間をおとなしく待てない@gudaogudaoです。

ゲームをこよなく愛する私だが、現在使用しているPS4は販売直後の初期型である。

 

今ではスリムタイプやPS4 Proといった商品も登場しているが、如何せん買い替え動機も特になくそのまま初期型を使用している。

しかし一点だけ不満があった。

それはゲームのロードが遅いということだ。

PS3でスカイリムをしていた時代を思えば十分我慢出来るレベルではあるのだが、昨今スマートフォンやタブレットの普及、PCのSSD化が加速していることもあり、PS4のロードに若干イライラしてしまう。

ロードが遅いために中々起動することも面倒になり、起動しなくなることもしばしば。

 

そんなこんなでHDDをSSDに換装してみたくなり、AmazonでSSDを衝動買いした。

結果として初期型PS4をSSD化することでロードが爆速になった!

 

この記事ではPS4のSSD化の手順などを画像をまじえて出来るだけ丁寧に解説していきます!

前半はPS4の種類や世代による購入すべきSSDの注意点、後半にはPS4に外付けSSDを接続する設定方法をまとめてあります!

※PS4のロード時間にお悩みの方はこの記事の通りに進めていくと『待ち時間のストレス』から解放されるのでオススメですよ!

PS4のSSD化する前に確認しておきたいこと

PS4ホワイト横置き

 

まず素人考えでPS4のHDDをSSDに換装すれば、早くなるだろうと思っていたのだが調べてみるとどうやら一概にそうとは言えないらしい。

ここで確認必要なのはまずSSD化したいPS4のシリーズと販売時期である。

 

PS4には3つのシリーズがある。

 

PS4の種類

初期型PS4(CUH-1000番台)

スリムタイプPS4(CUH-2000番台)

PS4 Pro

 

 

この3つであるわけだが、この内PS4 Pro以外の二つに関しては内蔵HDDの接続に「SATA2」という規格を用いている。

SATA2の理論上の最大転送速度は3Gbpsである。

対してPS4 Proに関しては「SATA3」をサポートしているため理論上の最大転送速度は6Gbpsと倍の速度を実現している。

 

また次に確認したいのが、各製品のUSBポートである。

初期型PS4は「USB3.0」を採用しているが、PS4ProとスリムタイプPS4においては「USB3.1(Gen1)」に対応している。

USB3.0とUSB3.1(Gen1)では理論上の最大転送速度は5Gbpsと共に同じである。

 

USBの規格について知りたいひとは過去記事をどうぞ

USB TypeCだけど遅い!は当たり前。TypeCってコネクタの形状のことだよ

 

とりあえずここまでを表にまとめるとこんな違いです。

PS4の種類 内蔵HDD接続規格 USB規格
初期型PS4(CUH-1000番台) SATA2 :(3Gbps) USB3.0 :(5Gbps)
スリムタイプPS4(CUH-2000番台) SATA2 :(3Gbps) USB3.1(Gen1) :(5Gbps)
PS4 Pro SATA3(6Gbps) USB3.1(Gen1) :(5Gbps)

 

 

これが重要なポイントである。

PS4Proにおいては内蔵HDDの読み込み速度の方がUSBポートよりも高速であるため当然SSDに換装した際にも内蔵した方が速度は稼げる。

しかし私も持っている初期型のPS4やスリムタイプのPS4では内蔵HDDよりも外付けになるUSBポートの方が高速で動作する。

そのためSSDを内蔵にするよりも、外付けにした方がSSDの機能を最大限に活かせるのだ。

 

スポンサーリンク

PS4におすすめのSSDとは?

サムスン SSD

 

前項でもお伝えしたように初期型やスリムタイプのPS4の場合は外付けでSSDを接続する方がベストだ。

その場合USB接続することが可能なSSDが必要になる。

用意するには最初からUSB接続可能なSSDでも大丈夫だし、自分でSSDをUSB対応のケースに入れることでも対応可能だ。

 

ちなみに一つ注意点がある。

それは容量が250GB以上のものが必要であるということだ。

なぜかというとPS4では250GB以下のSSDおよびHDDは認識しない。

 

そのため250GB以上のSSDを用意する必要がある。

おすすめは下記のSSDとケースが良さそう。

CT500MX500SSD1JP Crucial Crucial 3D NAND TLC SATA 2.5inch SSD MX500シリーズ 500GB

created by Rinker

このSSDは容量の割に価格が安い。

ケースも比較的簡単に内蔵可能だし、USB3.0にも対応しているためPS4のUSB3.0の5Gbpsをフルで活かせることも出来る。

価格も安いのでこの二つがあれば十分だろう。

 

ちなみにPS4Proなどは内蔵HDDをSSDに換装した方が爆速なので、上記のSSDだけ単品で購入すればOKです。

 

ただ今回は価格も安かったのもありバッファローのUSB接続タイプのSSDを採用した。

それがこちら。

Buffalo製SSD SSD-PL480U3BK/N

SSD-PL480U3-BK/N バッファロー USB3.1(Gen1)対応 外付けポータブルSSD 480GB【簡易パッケージモデル】 WEB限定商品の為、パッケージは簡素化※PS4動作確認済み

created by Rinker

容量は480GBと若干少なめではあるもののUSB接続が出来るSSDとはしては圧倒的に価格が安い。

またPS4での動作確認済みというのも安心ポイントである。

当然USB3.0にも準拠している。

プライム対象商品のため発注後翌日には商品が届いた。

 

梱包は至ってシンプル。

内容物はSSDと接続用のケーブル、あとは説明書と至ってシンプル。

思ったよりも頑丈なケースで丈夫そう。

 

スポンサーリンク

PS4に外付けSSDをストレージとして活用する設定を行う

 

まずはSSDをPS4のUSBポートに接続し、PS4の「設定」を開く。

その中にある「周辺機器」選択する。

次に「USBストレージ機器」を選択。

続いて接続したSSDが表示されるのでこれを選択すると、フォーマット(初期化)を確認してくる。

初回はフォーマットが必要なのでここでフォーマットを進めていく。

フォーマットが終了すると「OK」を押せばとりあえず終了。

次に再度「設定」を開いて「ストレージ」を選択する。

「ストレージ」を開くとHDDと先ほどフォーマットしたSSDが確認出来る。

本体ストレージの中を確認してみるとアプリケーションで267.5GB使用している。これをSSDに移していくことになる。

アプリケーション内を確認すると各ソフトごとのデータ容量を確認することができる。

この画面でOptionボタンを押すと「拡張ストレージへ移動する」を選ぶことができる。

移動するソフトを選択し、「移動」を押す。必要のないものは移さなくてもいいので必要なものだけ移そう。

私の場合はtorneやprime videos huluなどは特に移す必要性もなかったので、ゲームだけ移すことにした。

ゲームだけの容量で250GB程度だが、移動は1時間程度だった。

正直思ったよりも時間がかかったなという印象であったが、無事に終了し一安心。

スポンサーリンク

モンスターハンターワールドにて実測

実際の検証用の動画は山ほどYoutubeに落ちているのでそちらを確認して頂けたらと思う。

実際に私の環境で実証した結果セーブデータのロード時間は以下のように。

 

セーブデータロードの時間

HDD:56秒

SSD:25秒

 

セーブデータのロード時間は見事に半減した。

 

またクエスト開始から出発までの時間も大幅に激減した。

 

クエスト開始から出発までの時間

HDD:72秒

SSD:21秒

 

 

こちらも大幅に激減した。

クエスト出発までの時間に関しては早すぎて感動するレベル。

 

HDDの頃はクエスト開始からベースキャンプにたどり着くまでに飲み物を持ってくるほどに余裕のあったロード時間が今では部屋を出る前には終わるほど早くなった。

21秒というのはあくまで平均値であるが実際は更に早いときもあるのが驚きである。

 

スポンサーリンク

まとめ

PS4コントローラー複数

 

PS4をHDDから外付けSSDにすることでSSDの能力の高さを改めて実感することが出来た。

ロード時間が大幅に激減することで精神的な安定を保つことが出来たと確信している。

個人的には大満足だ。

 

モンスターハンターワールドも来年には次回作とも言える拡張コンテンツも配信される。

※2019年9月6日に発売決定しました!

今回はそれに先立ってSSD化を実現した所もあるが、これで準備はバッチリ。

最近は全く出撃していないモンハンワールドだが素早くなったロード時間を生かしてまた調査拠点アステラの土地を踏みたいと思う。

ちなみに次回記事にはSSD化して気になった配線についてまとめてあるので良かったら見て欲しい

SSD-PL480U3-BK/N バッファロー USB3.1(Gen1)対応 外付けポータブルSSD 480GB【簡易パッケージモデル】 WEB限定商品の為、パッケージは簡素化※PS4動作確認済み

created by Rinker

CT500MX500SSD1JP Crucial Crucial 3D NAND TLC SATA 2.5inch SSD MX500シリーズ 500GB

created by Rinker

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です