任天堂に左Joy-Con(ジョイコン)を修理に出した時の費用や期間など経過まとめ

どうも、ニンテンドー始まって以来の最高傑作ニンテンドースイッチをこよなく愛する@gudaogudaoです。

先日任天堂に左のジョイコンを修理に出していたのだが、今日長い旅を終え私の元に帰ってきた。

ジョイコンが無いときは主にプロコン使ってテーブルモードで遊んでいたために待望であった。

今回は修理の期間や費用などについて体験談をまとめていきたいと思います!

左ジョイコンの故障発生!費用や期間などをまとめていくよ!

 

ゲーム好きな私はニンテンドースイッチのコンセプトが出た時に「これぞ家庭持ちにふさわしいゲーム機である」と勝手に盛り上がり、初期ロットを発売日に購入したのだ。

ところが、初期ロット以降のしばらく販売していた製品は左のジョイコンがTVモードやテーブルモードなど、本体と離して使用した時にBluetoothのアンテナの位置の問題で誤作動を起こすことが問題視されていた。

例に漏れず、私のジョイコンもテーブルモードやTVモードで使用時は頻繁に接続切れや動作不良を起こしていた。

 

これは日本でもネットを中心にかなり有名な話で、多数の被害者が生まれた。

アメリカの任天堂では公式にこの問題を認め謝罪し、リコール対応もしていたのだが日本においては実施されることはなかった。

任天堂、スイッチの左ジョイコンの不具合を認める。「製造レベルで対処した」

 

しかし当時プロコンもほぼ同時購入していたこともあり、テーブルモードやTVモードでジョイコンを使用することも少なかった。

それに加えてほぼ1人で遊んでいるだけなので誰かと長時間ゲームをすることもなく、携帯モードで遊ぶ時にジョイコンが無い方が困るという思いから修理には出していなかった。

また余談ではあるが、最近の型番の製品ではBluetoothのアンテナ部は改良がかかっており、初期ロットなどの不具合が出ている製品も修理に出せば改良して送り返してくれると聞いていた。(嘘か誠かは微妙な感じ)

 

ではなぜ今回修理に出したのか。

それはスマブラの発売が最大の要因だ。

64時代からスマブラを愛する私としては購入しないわけにはいかない。

またスマブラであれば同世代の友人達もこぞってやりたがる。

とにかく楽しい。

キャラクター総勢76人は伊達じゃ無い。

何ならもはやキャラごとの特徴など毎回頭の中からリセットされる勢いなので毎回新鮮味がある。

隠して私のスイッチ&スマブラは私と友人に酷使されることになるのだが、ここでコントローラーの不具合が一層気になるようになってきた。

 

コントローラーの不具合で勝負に負けるなど愚の骨頂である。

我慢の限界に達し、年末年始も終わる1/6に修理に出すことを決意する。

当然保証対象外である。

 

スポンサーリンク

任天堂にどうやって修理依頼するの?

 

修理依頼の方法は色々あるが、一番楽なのはオンライン申し込みである。

ニンテンドーオンライン修理申し込み窓口

なぜかというと

  • 修理依頼表を書く必要が無くなる。
  • メールで進捗状況を教えてくれる
  • 修理代金のオンライン修理申込み割引

 

このような特典を受けることができる。

ただ割引といっても微々たるものなので、特に嬉しかったのが進捗状況の把握である。

センドバック式の修理の場合、進捗状況がわからないというのは中々ストレスだ。

 

今回のオンライン修理申込みでは、

①修理依頼品の到着

②見積もりもしくは見積条件を満たさない旨の連絡・修理開始案内

③修理完了後の出荷連絡

 

以上の連絡がメールで入った。

今回の修理では「修理見積もり金額が3500円以下の場合は見積もり不要」にチェックを入れて修理依頼していた。

最終的な請求金額は2052円だったので、受付から修理、発送まで非常にスムーズに進んだ。

 

スポンサーリンク

任天堂への発送はどうすればいいの?

 

上記のオンライン申込みが完了すると最後に修理依頼表が表示され、修理依頼表が印刷可能になる。

この修理依頼表を印刷し、商品と同封にして送る訳だが、必ずしも印刷が必要な訳ではない。

この修理依頼表が印刷出来ない時は、オンライン修理申し込み完了後に発行される「お申し込み番号」と連絡先の電話番号を記載したメモを同封するだけでOKである。

 

あとは商品自体の梱包が必要だ。

これは任天堂公式サイトにおいても動画で解説しているのでこちらを確認するのが良い。

Nintendo Switchの梱包方法

 

ここで注意すべきは「必ず『箱』に梱包すること」である。

今回の私の修理においてもジョイコン一つだと封筒にいれてでも送れるサイズである。

 

元払い(送り主が支払う)のため少しでも送料をかけない形で送りたいのが本音ではあるが、「必ず『箱』で送る」必要がある。

これを怠ると運送中の破損や不良においても保証適応外となるので保証対応商品でもアウトだし、保証対応外であっても他の故障を発生しかねない。

なんどもいうが必ず箱に梱包することが重要である。

今回私は黒猫ヤマトのコンパクト便を利用して送ることにした。

 

スポンサーリンク

修理の進捗状況は?

 

実際私もジョイコンを修理に出したわけだが、1/6に宅配業者に私郵送したところ1/10頃に受付完了の連絡が登録メールに届いた。

この後の修理においても土曜日日曜日祝日を挟むことで多少の誤差が生まれるとは思うが一つ参考にしていただきたい。

 

この段階で任天堂のサポートからは「今から修理の箇所の特定、および見積もり作成にかかります。3500円以上かかる場合は連絡し、それ以下の場合は修理に入ります。見積もりの作成には5日程度時間を要します」といった内容でメールは入っていた。

意外と時間のかかるものなのだなと思っていた。

しかし次に1/11には見積もり金額が3500円に達していないのでそのまま修理を行い、修理完了し既に発送まで終わったとの案内が届いた。

そして翌1/12には修理代金着払いにて商品は到着した。

通算6日程度と1週間にも満たないスピード感には正直驚いた。

 

スポンサーリンク

思ったより早く届いたジョイコン、丁寧な梱包

 

待ちにまったジョイコンの到着である。

届いた荷物はジョイコン一つしか入ってないとは思わないほどしっかりとした梱包である。

あけてみるとこれまた仰々しく包まれている。

中には更に包まれたジョイコン一つと、修理報告書である。

修理報告書には修理内容の明細が記載してあった。

本書面の上部は依頼者情報などが記載してあるので中段以降をご覧いただければと思う。

症状は、左ジョイコンでテーブルモードもしくはテレビモードを使用した際に使用不可能になることがある。である。

それに対する任天堂の通信欄には「ジョイコン(L)に故障が見られました。今回は以下費用にて交換させていただきました。」である。

修理費用は最終2052円(税別)となったわけだが、修理代金の明細を見てみると

部品代:100
技術料:1900
Web割引:-100
消費税:152
ご請求金額2052円

 

となっていた。

部品代100円とは一体どのパーツなのだろうか、、

しかし今回初めて任天堂に修理を申し込んでみたのだが、対応の早さ、WEB申し込み、や梱包までの流れの説明、進捗報告など素晴らしい対応であった。

さすが、日本が誇る優良企業である。

本体に接続してみると正しくペアリングされ、今まで以上に快適な動作が可能となった。

 

スポンサーリンク

最後に

 

ジョイコンは意外と高い。

新品購入は特段の事情がない限りに中々手を出しにくいところであるとは思うが、不具合があるとそうともいえない。

そんな時は任天堂のこの素晴らしい対応を信じて修理に出してみるといいのかもしれない。

ちなみにジョイコンは片側だけでも購入可能なので複数人で遊ぶ場合は修理と同時に一つ購入するのもいいかも。

プロコンもおすすめだけどね!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です