安いWifiの中継器が欲しいならWifiルーター(親機)の中継機能を有効にするべき!その方法を解説!【Buffalo】

 

どうも!wifiの電波を常に浴びている@gudaogudaoです。

 

※記事執筆当時のため、現在は引っ越し済み。

 

私の現在の住居は2LDKであるが、無線ルーターは3つある。

どうかしていると思う人もいるだろうが、これにはちゃんと意味があるのだ。

 

意外と知られていないがWifiルーターは安いものだと3,000円ほどから購入できる。

だがこの一般的なwifiルーター(親機)を子機(中継器)として利用できる。

中継器としての機能しか持っていない製品を買うよりも安価に中継器として活用できるのでWifiルーターを中継器にした方が得です。

 

ということで今回はBuffalo製のwifiルーターを中継機として使用するときの設定を解説していきます。

安いWifiの中継器が欲しいならWifiルーター(親機)の中継機能を有効にするべき!その方法を解説!

 

どうしても有線LANで接続すべき機器は存在する。

 

しかし家の中に露出でLAN配線をすることは見栄えの問題や単純に邪魔であることが問題となる。

まして子供が小さいと引きちぎられないか心配といった問題も発生しがち。

 

またこれだけ無線LAN技術が進歩したとはいえ、やはり有線LANに比べると速度は落ちるのはしょうがないこと。

ということで有線LANでの接続機器をむやみやたらに家中配線しなくても使用できるようにするために、我が家では無線LANルーターは『中継器としても』使用しているため合計3台稼働中なのです。

 

我が家の構成はこんな感じだ。

 

自宅のネットワーク環境
  • リビング:CTU &ONU—ルーター—AP1
  • リビングから少し離れた地点:AP2—Wii・TV
  • 私の部屋:AP3—iMac・PS4・AppleTV・NASNE

APというのがアクセスポイント。

つまり無線LANルーターになるわけだが、このAPからは個別に有線LANケーブルで各デバイスを接続している。

 

詳しく書くと無線中継機としてAP2・AP3を子機に見立てて、AP1とAP2、AP1とAP3を繋ぎ、AP2とWii・TVを有線LANケーブルで接続。

AP3とPS4・AppleTV・NASNEを有線LANケーブルで接続し、AP3とiMacは無線で繋げている。

 

IEEE802.11acの時代になり、通信速度は理論値で1000Mbpsを超えていても実測では大きく異なる結果となることが多い。

事実当初は私もPS4・AppleTV・NASNEなどはリビングにあるAP1と繋げていたのだが、如何せん速度が遅い。

木製の扉一枚で隔てただけなのに遅い。

 

これはPS4・AppleTVに内臓されている無線のチップの問題もあるのだと思う。

でも早い時で下り速度が10Mbps程度とまったく光通信の良さを活かすことは出来ていなかった。

 

AppleTVで映画を見ようものならOPで止まり、PS4でモンハンでもしようものならモンスターをハントする前に自分がフリーズしモンスターの餌食である。

 

そんなこんなで各部屋では元になっているAP1から出た電波をAP2・AP3で中継した後に有線で接続することにした。

有線にしてからは安定して下りで30Mbpsは叩き出すので結果として正解であった。

 

ということでバッファローの無線LANルーターの中継機能の方法を記載しておきます。

 

スポンサーリンク

無線LANルーターの親機を中継機として活用してみた
設定方法を解説します!

 

バッファロー機の場合、付属のエアーステーション設定ツールを用い目当ての無線LANルーターの設定画面に辿りつく必要がある。

CDがなければ『エアーステーション設定ツール』で検索すればダウンロードサイトにたどり着けます。

 

設定するにはログインするべき無線LANルーターのIPアドレスをブラウザのURLに入力することで可能だ。

ちなみにバッファロー機の初期パスワードは「password」

この時IPがわからないなどの時にこの『エアーステーション設定ツール』を使えば見つけ出すことができる。

 

ログインすると機種によって異なるが最近の機種の場合は詳細設定を開く。

再度になるが、最近の機種は初期値にユーザー名が『admin』パスワードが『password』が設定してあるのでそれを入力する。

つぎに『WDS』の項目をみる。

この『WDS』がバッファロー機の中継機能のONOFFの設定である。

子機になる方の無線LANルーターでこのWDS機能をオンにする必要がある。

このWDSをオンにして接続したいAP(今回の私の場合で言えば親のAP1)の情報を入力して終わり。

PCを無線LANにつなぐ時と同じでSSIDは自動で見つけてくるし、接続パスワードを入れるだけ。

 

このパスワードも初期値であれば大抵無線LANルーター本体に書いてある。

以上で終了だ。

 

スポンサーリンク

まとめ:安いWifiの中継器が欲しいならWifiルーター(親機)の中継機能を有効にするべき!

Macbookとコーヒーとメモ

 

いかがでしたか?

家中の配線取り回しに悩む方には是非試していただきたいです。

事務所などでも配線が困難な場合はよくあるので、その場合はこの中継機能を使うと配線する必要すら無くなります。

 

ただし複数台無線ルーターをもっていると管理も大変だし、接続を切り替えるのも面倒臭い。

そのため中継という用途がなければ全て同じSSIDにすることで家中の電波強度を飛躍的に高めることも可能だ。

これをメッシュWifiというが別の記事で解説しているのでぜひ読んでもらえればWifi環境が劇的に改善するかも?

メッシュWifiルーターとは何?中継機との違いや仕組みやおすすめを解説!

メッシュWifiルーターとは何?中継機との違いや仕組みやおすすめを解説!

2019年4月26日
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です