『出る杭は打たれる』っていうけど出過ぎたら打たれない件について!根拠の無い言葉の暴力をやっつけよう!

『出る杭は打たれる』っていうけど出過ぎたら打たれない件について!根拠の無い言葉の暴力をやっつけよう!アイキャッチ

 

どうも!出てしまっただけに打たれた経験のある@gudaogudaoです。

 

『出る杭は打たれる』っていうけどこれは真実。

でも正直『出すぎたら打たれない』とも思っています。

 

理由はいろいろあるのですが、一番の理由は妬み・僻みから発生する『俺でも出来るかも』感だと思います。

でもそんなものは圧倒的な努力量の前では消えて失われます。

 

ということで解説していきます。

『出る杭は打たれる』っていうけど出過ぎたら打たれない件について

面接

 

『出る杭は打たれる』っていうけどそれって中途半端に出た時だと思っています。

つまり『出すぎると打たれない』

 

なぜなら攻撃するための『理由』が無くなってしまうから。

 

例えば会社の中で『出る杭が打たれる人』ってこんな人じゃないかな?

出て打たれる人の特徴
  • 他の人よりも売れている
  • 他の人よりも効率が良い

 

総じて優秀な人にありがちです。

 

営業マンで『他の人よりも売れている』場合

例えば営業マンで『他の人よりも売れている』場合、恐らく『出る杭を売ってくる人の言い分』『出る杭の打ち方』はこんな感じ

出る杭の打ち方
  • あいつは売上だけを追いかけている
  • 売り方が汚い
  • 営業以外の業務をほとんどしない

 

まぁ大体こんな感じですよね。

ありがちなセリフを並べてみました。

しかもこういうセリフを言うのは役職なり実績が後輩に抜かれた先輩社員(社歴が長いだけ)が多いですね。

 

ハッキリ言ったらこんなものは只の僻みです。

営業マンなんだから売り上げを立てれるのが大正義なのです。

でもこの『僻み』の特徴は突き抜けていないから言われるんですよね。

 

要は『あいつの営業成績が良いのは会社内の〇〇な業務をせずに営業しているからだ』というすり替えです。

この僻みは別に何だっていいのです。

『提出すべき書類を出すのが遅い』

『掃除をしていない』

こんな感じで『〇〇』に当てはめて批判してくる。

 

つまり裏返しに

『同じ時間を営業時間に当てれれば俺だって・・・』

みたいな感情があるからですよね。

 

これが『中途半端に突き抜けた状態』です。

 

これが『同じ時間があっても俺には無理だな・・・』に変われば叩いてくることは無くなります。

 

例えば営業成績が2位の人の3倍売り上げて、ぶっちぎり1位とかですね。

この状態になると『時間さえあれば』という考えが根本的に崩れます。

そして『俺には無理だ』となるわけです。

 

そうなると謎の批判は姿を消します。

 

他の人よりも『効率が良い』場合

これも典型的なパターンです。

本来会社とは売上・利益を追求する集団です。

ですから効率良く働いた方が良いのは当たり前。

 

効率の良さとは『時間当たりの生産性が高い』ことですよね。

だから『定時に出勤して、定時に帰り、人一倍成果を出す人』がもっとも『効率の良い人』なわけです。

にも関わらず『効率が良い人を批判する』残念な人たちがいます。

 

具体的に言うとこんな感じ

効率の良い人に向けた杭を打つ一言
  • 出社時間が遅い!と文句を言う
  • 退社時間が早い!と文句を言う

 

正直最近の雇用状況ではこんなことを言うこと自体、かなりリスキーではありますが中小企業ではいまだにこんなことを言う人が多いように感じます。

この『時間』に異常に執着するのは誤解を恐れずに言えば『終身雇用が当たり前の世代』に多いような気がします。

※もちろん感覚が違う人もいるので誤解の無いように。

 

  • 『会社に滅私奉公せよ!』
  • 『出社時間は30分前が基本!』
  • 『周りの人が帰っていないのに帰るなんて何事だ!』

私も30代で、正直生まれてこのかた不景気しか経験したことがないので『終身雇用』なんて最初からまやかしだと思っています。

会社なんて潰れるし、大体自分が40年以上も同じ仕事をし続ける確証なんてない。

 

でも『時間』に執着している人は存在します。

つまり『8時間働いたから〇〇円もらえる』という考え方です。

 

もうこの考え方自体が根本的に歪んでいると思います。

これは一部の人や一部の仕組みで売上が立つから成立するのであって『ただ8時間会社にいる人』だらけの会社だったらどうですか?

倒産まっしぐらですよね?

 

でもそんな発想がそもそも無いのです。

『サラリーマンだから会社に入れば金が手に入る』

バカかと。

 

つまり感覚がそもそも違うのです。

『会社』という集団に属していることの対価が『給料』だという考え方だから『みんなが働いているのに帰るなんて!』という意見が出るんですね。

つまり会社という環境に属していることが何よりも大事。

環境に属すには周囲の環境に合わせないといけない。

周囲の環境、『会社に時間を切り売りする感覚』と合わせるべきなりますね。

残念ながら。

 

でもこれもズバ抜けて効率がよくなると変わります。

同じ時間で他の人の3倍の資料を処理する。

とかですね。

 

ここまでいくと『掃除なんて俺らでやっとくから書類まとめてよ!』みたいな感じになりますよ。

批判してくる人は大抵『仕事をしている』わけではなくて、『時間を消化』しているだけですから、仕事の時間を極力減らしたいですからね。

 

ということで『出る杭は打たれるけど、ズバ抜けると打たれなくなります』

とはいえ会社員である以上は受け入れないといけないことも多いですよね。。。

 

スポンサーリンク

とはいえ会社員である以上受け入れるしかないこともある

カバンを持ち歩く人

 

会社というのは『組織』です。

村でも町内でも、サークルでも部活でも何でも一緒ですが、組織に所属している異常はそのやり方に従うしかありません。

サラリーマンである以上『人生という貴重な時間を8時間ずつ切り売りしている』のに変わりありませんからね。

 

だからこそそんな環境に嫌気が差したなら抜け出すしかありません。

別に転職でも、独立でも何でも良いと思います。

とりあえず現状を変えること。

でもスキルアップできる形じゃないと『実力』という資産はつかないので、今ないスキルや、今あるスキルをブラッシュアップできる環境に身を置いた方が良いと思う。

ちなみに私はそんな『人生という貴重な時間を8時間ずつ切り売りしている』生活を離脱することに決めました。

勤続10年サラリーマン退職を決定!会社を辞めて独立する理由とは?

勤続10年サラリーマン退社を決定!会社を辞める理由とは?アイキャッチ

勤続10年サラリーマン退職を決定!会社を辞めて独立する理由とは?

2019年5月8日

 

スポンサーリンク

現状に合わないと思ったら抜け出そう!未来は明るい!

run girl

 

ということで結論ですが『現状に合わない』と感じるのなら抜け出した方が良いと思います。

正直『退職する』というのはもの凄い労力のかかることです。

『周りの人に悪いな』とか『会社に悪いな』とか。

 

でも考えてみたら辞めていく環境、しかも辞めた後のことまで心配してあげている時点で『会社』に考え方を支配されているんじゃないかなと思います。

『会社』は自分の人生を死ぬまで保証してくれているわけではありません。

だからこそそこまで義理立てする必要はないのではないかと思います。

 

実際退職してみて感じるのは『思ったよりも未来は明るい』ということ。

日本という国において、飢え死にすることなんてまずありません。

仕事なんて何でもありますからね。

 

それよりも挑戦もせずに現状に甘んじて、取り返しのつかないタイミングで会社が潰れたりする方がよほどリスキーです。

貯金なんて収入以上に出来るわけでは無いですからね。

 

ぶっちゃけ転職サイトに登録するだけでも現状から変わるという意味で『挑戦』ですよ。

私も昔、在職中に登録しましたが登録するだけで気持ちが軽くなったのを思い出しました笑

 

現状に不満があるけど抜け出せない人は是非私の体験も肥やしにしてもらって未来へ向けて明るい環境作りをしてもらえればと思います。

退職代行サービスのありがたさとは?会社を辞めるって大変!仕事を辞めて初めて気づいた体験談とは

退職代行サービスのありがたさとは?会社を辞めるって大変!仕事を辞めて初めて気づいた体験談とはアイキャッチ

退職代行サービスのメリットとは?会社を辞めるって大変!【仕事を辞めて初めて気づいた体験談】

2019年6月21日

退職代行サービスとは何か?メリットやデメリットまとめ8選!『ブラック企業で働いている』気づいたらすぐに辞めよう!

退職代行サービスとは何か?メリットやデメリットまとめ8選!『ブラック企業で働いている』気づいたらすぐに辞めよう!

2019年7月11日



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

会社を辞めたいけど、言い出せない

辞めると言うと、嫌がらせをされるんじゃないか・・・

退職決まったあとの空気が嫌だな・・・

そんな方には退職代行サービスがオススメです!

電話やメールのやり取りだけで、言い出しにくい『退職します!』を代わりに伝えてくれます!

しかも有給消化の交渉もしてくれるし、退職代行サービスに依頼した翌日からはもう会社に行かなくてもOKです!

 

\\\詳細はこちらから///

オススメ記事:2
VODサービスをお探しならこちら!→ 【2019年】動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で250日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!