支払いは電子マネーがおすすめ!でも電子マネーとは何?仮想通貨との違いは?どうやって利用するの?完全解説します!

支払いは電子マネーがおすすめ!でも電子マネーとは何?仮想通貨との違いは?どうやって利用するの?完全解説します!アイキャッチ

 

どうも!電子マネー生活3年の@gudaogudaoです。

 

実は昨日両親に『paypayについて教えてくれ!』と頼まれて電子マネー講座しました笑

『楽天のpaypayってどうやって使うの?』とかもはやメチャクチャ笑

 

使い方を教えるのは簡単です。

ググらなくてもアプリ落とせば書いてあるしね。

 

でも漠然と『使ってみたいけど怖いな』とか『よくわからないから使えない』とかが一番勿体無いと思います。

正しい知識を身につけてサービスごとに使い分けるなど賢く活用していけば、ポイントもガンガンたまるしお得に消費者生活を送ることが出来ます!

 

両親も『使いこなせるかな?』と言っていましたが、使いこなす必要なんてないんです!

自分に便利であれば必要最低限の機能だけ使えば良いんです!

 

ということで昨日は『電子マネーとは何か?仮想通貨とは何が違うの?』ということを講義したので、今回の記事ではその要約編です笑

 

  • 電子マネーって何?
  • 仮想通貨とは何が違うの?
  • AppleWatchって何が良いの?
  • 電子マネーを使う時に便利な方法は?
  • 電子マネーってなんか怖い、、、

こんな方はこの記事を読んで是非『電子マネー』を正しく理解してもらえると嬉しいです。

 

電子マネーはポイントも意識しなくてもガンガン溜まるし、ぴったり払えるから小銭も発生しない。

細かい小銭は募金箱に突っ込むことも無くなったおかげ?で謎の消費もなくなりました!(これは賛否両論あるかもですが)

 

政府主導で消費税アップ後からは電子マネー決済でのポイント付与も始まります。

今後も支払いは電子マネー決済が圧倒的有利な時代ですよ!

 

もう現金払いは卒業すべき!

今回は電子マネーと仮想通貨との違いや、電子マネーとはなにか、お得なサービスとは何かを解説していきます!

そもそも電子マネーとは何?
どんなサービスがあるの?どうやって支払うの?
仮想通貨との違いは?

 

プライベートで『電子マネー使ってます』的な話題になると、ITリテラシーの高い人は理解してくれるんだけど、よくある間違いとして『仮想通貨』と間違われます。

実生活だと正直40代以上の方だとわからない人が圧倒的に多くて驚きます。

 

でも電子マネーと仮想通貨は全くの別物ですよ!

 

仮想通貨とは何か?

先に仮想通貨の説明をしておきます。

『仮想通貨』とは円やドル、中国元やユーロのようにお金の種類のことですね。

有名なものだとビットコインやイーサリアム、リップルなどが有名です。

 

仮想通貨の特徴は国や銀行などの管理・運営するものがいないこと。

また価格変動することが特徴です。

 

というのはあくまで『仮想の通貨』であって円やドルなどと同じように『円ではない別のお金』です。

円やドルでもあるように為替相場があるイメージですね。

 

また仮想通貨の場合はインターネット上でどこでも利用できるのと国や銀行のような管理団体がいないことが最大の特徴です。

『通貨』ではあるのですが、あくまでデータであって『物理的なお金』ではありません。

だからインターネットでやりとりが可能です。

 

データの『お金』って改ざんされるんじゃないの?と怖いですよね。

でも大丈夫。

仮想通貨はブロックチェーンという技術で相互に情報をやり取りしているので『誰がいくら持っているか』『誰から誰に送金されたのか』という情報が全て共有されています。

そのため改ざんするためにはこの仮想通貨を持っている全ての人のデータを同時に書き換えする必要があるため、非常に難しい。

というか不可能です。

 

なかなか理論だけ聞いていてもわからないと思うので一度実践するのが早いですよ。

 

ビットコインだと『1ビットコイン100万!』とかで高いと思いますが、最小取引単位は0.0001BTCなので、1ビットコイン100万だとしても最小100円から取引可能です!

GMOコインなら5種の仮想通貨で取引可能です。

GMOコイン 取り扱い通貨一覧
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • ライトコイン(LTC)

即時入金、出金手数料、口座開設手数料、仮想通貨の送金手数料が全て無料なのが嬉しいですね。

少額から手軽に取引スタート出来ますし、初心者に優しい2way方式での取引が可能なのでまずは初めてみるのが良いかもですね。

もちろん口座開設は無料ですし、今なら口座開設でビットコインプレゼント中ですよ〜

 

お次は『仮想通貨』ではなく、『電子マネー』についてです。

全くわからない人にもわかりやすく電子マネーを簡単に説明していきます。

 

電子マネーとは何か?決済手段のことですよ!

電子マネーとは『決済手段』のことです。

よく仮想通貨と間違える人は『決済手段』『紙幣制度』を間違えているっぽい。

 

『電子マネー』というのは現金決済・クレジットカード決済と同じように『決済』の『手段』の一種です。

決済手段ですからクレジットカードと同じように当然ながら『発行・運営団体』が存在します。

 

電子マネーには『発行・運営団体』が存在する

電子マネーはそれこそかなりの数があります。

有名なものだとSuicaやパスモ、nanacoやWAONなどですね。

最近だとPayPayやLinePayなどもあります。

これらは全て共通の団体・会社が運営しているわけではありません。

 

クレジットカードのように各サービスごとに運営団体もしくは運営会社があります。

一部ですがまとめてみました。

電子マネーサービス 発行・運営会社
Line Pay(ラインペイ) Line
メルペイ メルカリ
PayPay(ペイペイ) PayPay(ソフトバンクグループ)
Suica(スイカ) JR東日本
7Pay(セブンペイ) セブン&アイグループ
PASMO(パスモ) 東京メトロや京王電鉄など
楽天Edy(エディ) 楽天
QUICPay(クイックペイ) JCB
iD(アイディ) NTTドコモ

 

特定の店舗でのみ使える?
店ごとに使える電子マネーは違うので注意が必要!

それぞれ運営会社が違う。と説明しました。

ということは店ごとによって使用できる電子マネーサービスは違います。

 

例えば上の表には出していませんが、セブンイレブンのnanaco。

これはセブンイレブンでしか使えない電子マネーになります。

 

このようにサービスや店ごとに使える電子マネーは違うので、店舗ごとの使いわけが必要になります。

ただし店やサービス独自の電子マネーサービスは当然利用者を増やして、サービスを活用してもらうために存在してますからポイント還元などの魅力は沢山ありますね。

 

『電子マネー』の決済方法とはどんなものがあるのか?

では電子マネーにはどのような種類があるのか。

大きく分けると2つです。

電子マネー 方式
  • 非接触方式(SuicaやiD、QUICPay)
  • QRコード方式(PayPay、Linepay)
  • バーコード方式(PayPay、Linepay)

こういったものがあげられます。

 

最近はこの電子マネーも膨大に増えすぎてますね。

一体何が何やらといったところだけど基本的な仕組みは大体この3つに集約されます。

 

非接触方式とは何か?

非接触型というのはSuicaとかを改札にかざしているイメージですね!

カードとかスマホをかざしたら『ピッ!』って音がなって決済終了するやつです。

画面を見せたりとかする必要がないのでとても便利。

AppleWatchにも対応しているので私はヘビーユーザーです笑

 

QRコード方式とは何か?

QRコード方式というのはPayPayとかで利用されている方式です。

この決済には2つの方法があります。

 

1つは自分のQRコードを表示して相手に読み込んでもらう方法。

これだけで決済終了出来ます。

 

もう1つは相手(店舗など)のQRコードを読み取って決済する方法。

相手のQRコードを読み込むことで支払い先を選択します。

このあとにいくら支払うか金額を入力し、『支払う』ボタンを押せば支払い完了。

 

ただしこの場合は相手にいくらか支払ったかはわからない(正確には店舗側にはメールで通知がいく)

だから支払った画面を見せてあげる必要があります。

 

 

またよく聞かれる質問として『電子マネーは一回換金するの?』みたいなのも多い。

ただこれも仮想通貨と混同した人にありがちな質問ですね。

 

電子マネーとはあくまで『決済手段』のことです。

『円』を『ドル』に変えるわけではないので換金しているわけではないです。

 

デビットカードってわかるかな?

あんなイメージが正しいだけど。

もしくはSuicaのチャージ!

こっちはやったことある人多いかもだから理解しやすいかな?

つまり銭湯で回数券買う感覚ですよ笑

 

バーコード方式とは何か?

これはQRコードの読み取りと同じです。

アプリに表示されたバーコードをピッと読み取られることで決済完了です。

めちゃくちゃ簡単ですね。

 

 

というわけで今度は実際の支払い方法についてです。

 

スポンサーリンク

電子マネーの支払い方法とは?
クレジットカード引き落としが一番おすすめ!

お金 画像

 

支払い方法もいくつかあるがこれも代表的なものがいくつかあります。

電子マネーの支払い方法
  1. Suicaのようにチャージして使用する
  2. デビットカードのように口座から引き落としされる
  3. クレジットカードの利用料として引き落とされる

おおまかに分けるとこんなところではなかろうか。

 

1.Suicaなどのようにチャージして使用する

これは比較的わかりやすいですよね。

お金を『Suica』というサービスにチャージして使用する。

 

先ほども言いましたが、『銭湯で回数券を買って使用する』これとほとんど同じ。

 

特定の銭湯でしか使えない回数券を現金で購入して、銭湯で使う。

特定の店舗でしか使えないSuicaに現金をチャージして、特定の店舗で使う。

 

ね?一緒でしょ?

銭湯と違うのは下記

  • 回数券ではなく、チャージしたお金を支払いに合わせてピッタリ使用していくので端数が出ない
  • 『特定の店舗』というのは『加盟店全て』になるので『コンビニ』でも『ローソン』でも使えれば『ファミマ』でも使える

『加盟店全て』というのが『〇〇銭湯』の回数券とは違うところですね。

加盟店全ての店舗で共通のサービス(QUICPayやSuicaなど)が使えるわけです。

 

2.デビットカードのように口座から引き落としされる

これは比較的わかりやすいですね。

電子マネーで決済したものが、後日にクレジットカードの請求のように銀行口座から引き落としされます。

デビットカード自体に馴染みはないかもしれませんが、使った分を口座から引き落としされるだけなのでわかりやすいと思います。

 

3.クレジットカードの利用料として引き落とされる

支払い方法の中でも最もオススメであり、なおかつ一般的なのがクレジットカードでの引き落としだ。

 

電子マネーで決済すると、クレジットカードの利用分として引き落としがかかるのがこの方式。

つまり普段のクレジットカードの買い物と同じように考えれば良いですね。

 

クレジットカードでの買い物の場合はカードを出すが、この『カードを出す』という行為を『非接触型のデバイスをかざす』に変えてるだけ。

非常に簡単だしメリットも多いです。

 

ということで電子マネーの使用の際はクレジットカード決済が個人的にはオススメですが、一番メリットが大きいのはサービスによって支払い先を変えることです。

後述していきます。

 

スポンサーリンク

電子マネーの利用でクレジットカードのポイントがガンガン溜まる!?
使わないと損!

 

電子マネー独自のキャンペーンとは?

電子マネーでは最近シェア獲得のためにキャンペーンが豊富に行われています。

例えばローソンなどではApplePayで買い物をするとPontaポイント4倍キャンペーンというものをしていました。

これは残念ながら終了してしまったが、結構お世話になっていましたね。笑

 

ちなみにApplePayとはAppleの電子決済サービスだが、中身はQUICPayやiDのことです。

詳しくは他の記事にて解説しています。

支払いは電子マネーがおすすめ!AppleWatchが電子マネー決済に便利すぎる

 

他にもPayPayなどでは『100億円あげちゃうキャンペーン』などで常時20%還元&抽選で100%還元と恐ろしい企画をしていたりします。

PayPayでは今は月替わりで店舗のジャンルごとに20%還元を実施中ですね。

 

このように電子マネー独自のキャンペーンが用意されており、PayPayやLinePayなど電子サービスごとにポイントも設定されています。

その電子マネーごとのポイントも通常使用で貯まる上に、キャンペーンでさらにザクザク貯まります。

 

他にもクレジット決済ならではキャンペーンなどもあります。

 

クレジットカード会社の電子マネー利用キャンペーンとは?

例えばですが『クレジットカードで決済』を設定した電子マネーを利用すると通常のクレジットカードの使用分として扱われます。

クレジット会社から見ればクレジットカードを使ったのと変わりません。

 

だから電子マネーの利用でもクレジットカードを利用時のポイントが付与されます。

例えば『楽天カード』とかだと、どんなお店で使ったとしても請求金額の1%がポイント還元されますね。

 

またクレジットカード会社ごとに電子マネー決済ならではのキャンペーンも用意されています。

その中でもよくあるのが電子マネーを使ってクレジットカードでの支払いになると、クレジットカードのポイントが0.5~2%程度、追加されたポイントが付与される』というものがあります。

 

つまり電子マネーを経由して決済した時だけクレジットカードのポイントを割増してくれるのです。

例えばOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDなどでは年会費で1,950円(税込)かかりますが、カードについているQuicPayもしくはiDを使用した時に使用金額の1.5%がポイント還元されるので大変お得ですね。

ちなみに上記オリコカードだと入会後6ヶ月は最大2%還元ですよ!

 

このようにクレジットカードの引き落としで電子マネーを使うと、電子マネーのサービスとしてのポイントも貯まるし、クレジットカードとしてのポイントも貯まります。

私の経験した中で最強はYAMADA電機でPayPayで商品購入した時ですね。

ポイント最高額の事例
  1. 商品購入金額の20%をPayPayのポイントとして還元(抽選で100%の時も)
  2. クレジットカードの利用分として1%還元
  3. 購入金額の10%をYAMADAポイントとして還元
  4. 購入後のスロットマシーンでポイントゲット

すごすぎませんか?笑

しかもこの時抽選で100%還元が当たったので、欲しいものを買ったのに額返ってきたどころかプラスになって戻ってきましたよ笑

今はYAMADA電機はキャンペーン対象外なのでこの可能性はありませんが、、、残念です。

 

楽天カードだと3つの電子マネーサービスを使うことが出来る

あと個人的には楽天カードがキャンペーンも多いのでオススメです。

楽天カード最大の特徴が『膨大すぎるポイント還元』ですね。

 

例えば『条件を満たしたら抽選で5000ポイント!』とかですね。

こんなのが毎月ゴロゴロありますし、通常ポイントでも支払った金額の1%が還元されます。

しかも楽天市場での買い物だとポイント最大15倍とかのキャンペーンもしょっちゅうやってます。

すごい時だと『お買い物マラソンでポイント最大43倍』ってのもありますね。

なんのこっちゃ笑

 

また楽天では楽天Payや楽天Edyなどの色々な電子マネーサービスがあります。

楽天PayはQR決済方式で、楽天Edyは非接触型を採用しています。

それぞれ『初めての利用で1000ポイントプレゼント!』とか『全ての買い物還元率5%』とかのキャンペーンも頻繁に開催されています。

 

また楽天カード自体をiPhoneなどに登録すると、『QUICPay』として登録されるので、楽天カードだけで実質3つの電子マネーを使えます。

楽天市場で買い物するとそれだけでポイントがザクザク手に入るのでめちゃくちゃ良いですね。

 

あとこれは完全に余談ですが、楽天カードは年会費2,000円払ってゴールド会員になった方が良いです

なぜなら楽天のサービスでふるさと納税もあるからです。

 

ふるさと納税自体、対応しているサイトが少なく、多くの方が楽天を使用します。

その時に楽天カードのゴールドカードを持っているとこの支払い(寄付)に対しても5倍のポイント還元がされます。

その為、ふるさと納税を楽天経由で利用するだけで年会費分くらいポイントで取り戻せるし、ゴールドカードの特権で普段の買い物でも高ポイント還元。

しかもカード作成時にも年会費数年分に相当するポイント(10,000円分など)をもらえます。

 

その上、当然ゴールド会員としての空港ラウンジ無料などの特典も付いてくるので一枚持っていた方が良い。

楽天ゴールドカードはマジで使い道次第でめちゃくちゃオススメで一枚持っていると便利ですよ!

PayPayだったらYahoo!カードが一番お得!

私も大好きなPayPayはソフトバンク資本の電子マネーサービスです。

決済方法はQR方式とバーコード方式の両方が使えます。

また支払い方法は豊富で3つもあります。

PayPayの支払い方法
  1. クレジットカードからの支払い
  2. PayPay残高(銀行口座からのチャージ&PayPayポイントの利用)
  3. Yahoo!マネーからの支払い

 

特にクレジットカード利用するならYahoo!カードがお得!

というかほぼ一択ですね笑

 

PayPayではPayPay残高、Yahoo!マネーもしくはYahoo!カードでのクレジット引き落としの場合は通常利用でも3%のポイント還元!

 

なおかつ20回に1回の確率で当選する『やたら当たるクジ』も継続開催中!

最大1000円相当のPayPayボーナスが当たるのでめちゃくちゃ得です。

私も先日1,100円の買い物して1,000円当たったのでほとんど手出し無し!

しかも翌日コンビニで買い物した時も当たりました!

ただその日は300円ほどしか買い物してなったから、もう少し買い物すべきデシタネ笑

 

ちなみにYahoo!カード以外のクレジットカードでもPayPay利用でPayPayポイント0.5%還元なので、普通にクレジット決済するよりもお得ですよ!

 

でもPayPay利用するならYahoo!カードが一番オススメ!

Yahoo!カード自体にも支払った分のポイントが付くけど、これも支払った分の1%還元!

 

またPayPayには優遇ユーザーと通常ユーザーの2つがあります。

優遇ユーザーというのは下記の3つです。

PayPay優遇ユーザー
  • Softbankユーザー
  • Y!mobileユーザー
  • Yahoo!プレミアム会員

 

優遇ユーザーには月替わりのキャンペーン『いつでもどこでもワクワクペイペイ 』でのポイント還元が通常の倍になります。

6月はドラックストアが対象になりますが、PayPayの残高もしくはYahoo!マネーでの決済だと購入金額の20%還元!

Yahoo!カードでの決済だと19%還元と膨大なポイントが還元されます!

 

ちなみにYahoo!カードはこんな特典付き

Yahoo!カード特徴
  • 年会費永年無料
  • 入会&利用で10,000円分ポイントプレゼント
  • PayPayへのチャージが出来る唯一のカード

PayPayを使うなら持っておいた方が良いですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ:電子マネーは使わないと損!賢く使いましょう!

赤ちゃんとヘッドホン

 

いかがでしたか?

もはやポイントもつかない現金決済なんてする意味がないですよね。

クレジットカードでの買い物さえも、クレジットカードを出すよりも電子マネーを出した方がポイントも大きくてメリットがデカイというね。

 

私は昔はポイントなどは興味ゼロでしたが、結婚を機にやたらと好きになりました笑

 

例えばコンビニでコーヒーを毎日買うとしても1ヶ月でこれだけ違います。

ポイント還元のお得さ
  • クレジットカードの利用分に対するポイントとして

1本100円×30日間=3,000円×ポイント1%=30円のポイント還元

 

  • PayPayの3%ボーナスも合わせると

1本100円×30日間=3,000円×ポイント3%=90円のポイント還元

合計で1ヶ月あたり120円も還元!

しかもクジで当たれば全額キャッシュバックです。

 

12ヶ月続けたらクジの当たりがゼロでも1,440円のポイント還元。

コーヒー1本とってもこれだけ還元される。

 

普段の買い物を全部PayPayにしたとしたらとんでも無いポイントが付きますよね?

我が家でも食費や雑費だけでも毎月5万円は必ず使います。

この支払いの1%+3%が還元されるとしたら年間24,000ポイントは最低戻ってきますからね。

しかもこれに付け加えて20%還元や100%還元もありますからね!

 

 

支払いしても1円のポイント還元にもならない現金支払いが本当に馬鹿らしいです。

ということで電子マネーは上手に活用すれば本当に便利なので、ぜひサービスごとに使いわけて活用していきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です