PayPay参戦して数日

昨今話題のQR決済アプリケーションの新生。

その名もPayPay。

これだけ話題になったからにはみなさんご存じのことだろうが、ソフトバンクグループの手がけたQR決済サービスとなるが、市場の電子決済手段は乱立しており、どのように巻き返しを図るのだろうと思っていた矢先の「100億円あげちゃうキャンペーン」

購入金額に対して最低20%還元、最大で100%還元というとんでもない企画である。

PayPayとはなにか

そもそも電子決済は乱立したとは言いつつもQR決済に関してはいまだ覇者となるサービスは現れていなかった。

しかし中国でのAlipayしかり、導入の気軽さと決済の単純さから日本国内でもQR決済の浸透は予想されており、インバウンド対策もあって来年ではQR決済を導入する企業に対して補助金を支出するとの話も聞く。

そんな中でのソフトバンク資本のQR決済サービスPayPay。

大手コンビニではファミリーマートがいち早く対応しており、家電量販店各店でも次々に決済手段としての追加をしPRしている。

使用方法は単純そのもの。

アプリケーションを立ち上げるとバーコードが表示され、それを読み込ませるだけで決済終了。

事前にチャージしておくことも可能だし、クレジットカード登録することでクレジットからの引き落としにも対応する。

今回のキャンペーンではこの決済時に確率に応じて一部もしくは全額還元されるわけであるが、驚嘆するのは通常時でも高い還元率誇ること以外にも一定の確率で得られる100%還元である。

通常は40回に1回の確率での100%還元とのことだが、ソフトバンクユーザーでありスマートログインを設定しているとなんと10回に1回の確率で100%の還元を受けれるとのことだ。

単純に10回引けば1回当たるわけではないガチャゲー理論なのでいつ当たるかは不透明であったが、ネット上ではちらほら全額還元の声を聞くようになった。

スポンサーリンク

ついに100%還元当選

キャンペーン自体は12/4からスタートしており、何を隠そう私も12/4を心待ちにし使用し続けること数日、せこせことファミリーマートを主に直近の買い物は全てPayPay決済できるところにまとめていたものの、なかなか20%の壁を越えることはできなかった。

使用開始20数回にして本日ついに100%還元を受けることができた。

それがこちらヤマダ電気での買い物である。

ご覧の通り支払額に対して100%還元が当選したのである。

これは何を買ったかというと晩酌用の酒である。

なぜヤマダ電気で購入したのか。

ここには大きな、そしてせこい理由がある。

ヤマダ電気でPayPayを使用することで、

1.PayPayのポイント還元

2.ヤマダで購入したことによるヤマダポイントの付与

3.PayPayをクレジット使用したことでのクレジットでの還元

4.購入後のヤマダスロットマシンによるポイントの付与

この4つが見込めたのである。

いくら100%還元する可能性があるとはいえ、外れると20%還元にしかならない(これでも十分でかいのだが)

しかし日用品であれば購入して困ることはない。

また必ず消化するであろう嗜好品も同様である。

ということで晩酌用の酒を買うことにしたのだが、予期せずして100%還元になり、嬉しさ半分非常に悔しい思いをした。

もっと買っておけばよかったのに・・・

ということで100%還元は喜びと同時に悲しみも引き寄せるという悲しい現実を合わせてお伝えしておきたい。

ちなみに上記の購入に得たポイントは1502円の購入で

1.PayPayにて1502円分

2.ヤマダポイントで65円分

3.クレジット決済による1%還元で15円分

4.購入後スロットで100円

合計1682円となった。

酒を買ってさらに払った以上に金ももらえるとはここは天国か。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です