Macbook 2017 開封の儀

Macbook上から撮影した画像

さんざん悩んだが、Macbook2017を購入した。

心待ちにしていたMacbookは思ったよりも早く私の手元に届いた。

丁寧に運んでくれたヤマト運輸のお兄さんには敬意を評したい。

実はもう数日前に到着していたのだが、まとめるのに遅くなったいたので改めて開封の儀というものをまとめていきたい

ということでようやく手に入れたMacbookだが早速開梱へ

Macbook 開梱

ダンボール芸を見事に生かし、一ミリも中のMacbookの箱が動かないようになっている。

また不燃素材をなくしダンボールのみで梱包してあるところにAppleの環境配慮を感じる。

中箱の確認

以前お伝えしたが今回は整備品を購入した。

Macbookを安く購入するために

そのため外箱は通常購入とはおそらく異なり簡素である。

ただ簡素といいながらもそこはApple。文字だけなのにオシャンティである。

中を開けてみるとおぉ私のスペースグレイちゃんがお目見えではないか。

本体をどかし、付属品を確認していくと説明書とUSB-Cの充電器とケーブルが見える。

Magsefeコネクタが好きだったものには非常に残念なところではあるが、モバイルバッテリーでも充電できる仕様であるところは素直に嬉しい。

USB-Cケーブルはどっしりとした太さがあり、Apple純正品のライトニングケーブルのような貧弱さはない。これはUSB-C(Gen3.1)の規格に寄るところがでかいのだろうけど。

充電器はコンパクトな作りとなっており、持ち運びには不便を感じさせないサイズ感だ。

これを機にUSB-PD(急速充電規格)対応のモバイルバッテリーでも購入しようかしら。

本体確認

この美しさ、そして薄さ、これを待ち望んでいたのだ。

本体は整備品ということもあり、多少の傷などは覚悟もしていたが確認する限り全くわからない。

わからないというよりもほぼ新品だ。

また先んじて書いたが本当に薄い。iPhoneとほぼかわらない薄さだ。

またキーボードもフルサイズで、前評判のあまりよくない第二世代バタフライではあるものも私はこの浅いキーストロークは嫌いではないのだ。

これで15%OFFなのだからたまらない。15%OFFだから16GBのメモリにすればよかったかなという気持ちも未だに少しくすぶっている。

ディスプレイを開けると自動でリンゴマークが表示され、セットアップ画面に。

ほかのApple製品同様の設定を経て、使用環境の構築へ。

今回はサブ機としての購入ということもあり、現在使用中のMacからの設定の移行はせず、まっさらな状態から始めることにした。

まっさらとは言いながらもブックマークやメモなど基本的な情報はiCloud経由で同期されるし、Wifiのパスワードなども共有されるので改めて設定する箇所はほぼない。

初期設定は済み、このあとはBootcampなどによるWindowsの設定が必要になるがこの設定に関しては後日お伝えしたい。

ということで開封の儀は終了となる。

なんだかんだ心配していた箇所はメモリが8GBしかないということとCPUが1.2Ghzというところだが、果たして、、、

次回は使用レビューだ。

Macbook 2017 使用レビュー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

 

現金でチャージするたびに、チャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

オススメ記事:2
VODサービスをお探しならこちら!→ 【2019年】動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で250日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!