Macbook 2017を購入へ

いよいよ我慢できなくなってきた。

以前も記事に書いたのだが、私のメインのPCはiMacでモバイル用途はiPadPro9.7インチで今まで特段の問題がなかったためこの二本立てで運用してきたのだが、ここにきてMacbook熱が冷めなくなった。

というのはiPadでのモバイル運用はiOSという縛りの中でしか使用できないため、ちょっとしたPC的な要素を必要とした時はお手上げだったのだ。

あと単純に客先やソフトに応じてはwindowsを使用したいという瞬間もあったためノートPCという選択肢は外せないものになっていた。

先日行われたWWDC2018ではおそらく第8世代プロセッサ搭載のMacbookでも発売されないかとワクワクしていたのだが、その願望は脆くも崩れ去り現在に至る。

秋口には(第3Q)には新しいMacbookもしくはMacbookAirが出るのは間違いないであろう。

ただし私にはもはや待てないのだ。

そんなにお行儀よく待てるタイプであれば苦労はしない。

ということで物色に入った。

ノートPC購入へ

問題は本当にMacbookでいいのかということ。

ノート型のPCを欲している目的はと3つある。

1.仕事にも使いたい(windowsも使いたい)
2.外出先でもブログを編集などしたい
3.iPadで出来ないことを補完したい

この程度だ。

上記の目的を満たす上での条件として

A:ストレージはSSDで容量はそんなに必要ない
B:外出先でハードな使用方法も予定していないのでCPUスペックは気にしない
C:かっこいい

は前提条件である。

ただ1に関して言えばBootcamp(Mac標準の仮想化アプリケーション)かもしくはParallelsでのwindows運用を検討していた。

Bootcampは無料なのだが、MacOSとWindowsを切り替える時に一旦ログオフしてユーザーの切り替えのようなことをするのが非常に不便だ。
その点ParallelsはMac上でwindowsを仮想化し表示できることからMacの一つのアプリケーションとしてWindowsを使用できるところが良いところだ。
代わりにMacとWindowsを同時に立ち上げることからCPUやメモリに負荷をかけやすい。

スポンサーリンク

Macを買う意味があるのか?

しかしそもそもMacにする必要はあるのかという根本的なところで悩むことになる。

そこで検討素材に入ったのはSurfaceLaptopである。

これはマイクロソフト謹製のウルトラブックであり、調べた時の価格でCorei5,SSD128GB,メモリ8GB,MicrosoftOfficeH&Bがついて税込126,000円ほどとスペックも申し分なく、同スペックのウルトラブックから見ても価格も破格であった。

おそらくWindows10搭載のウルトラブックで一番お買い得であろう。

かくいう私も仕事でPCを納めるとき、お客さんにこだわりや予算の縛りがないときは大体このSurfaceLaptopを納めるくらいお気に入りである。

お客さんの評価も悪かったことがないほど評価は高い。

何よりもカッコいい。

そんなことでSurfaceLaptopも検討材料にはあげていたのだが、如何せん初めてMacbookAirを購入して以来すっかりMacの虜になっている私には踏ん切りがつかなかった。

またiMacで使用しているキーボード操作やジェスチャーなどでもWindows以上の操作性を実感しているだけに、仕事の時にWindowsを使う時間とプライベートも含めてMacを使う時間を天秤にかけて、泣く泣くSurfaceは選考から外すことにした。

正直価格やスペックであればもっといいパソコンはいくらでもある。

それでもMacのOSXを使用できるという優位性には叶わないのだ。

スポンサーリンク

MyベストバイのMacbookとは

ということでMacの中で選定していくことになるのだが、次に悩んだのはMacbookとMacbookAir,そしてMacbookProである。

Macbook

Macbookは使用したことはないのだが、あの薄さと軽さは非常に魅力的である。

当時最薄PCであったMacbookAirを上回る薄さ、また重量も1kgを下回るとモバイルPCとしては最良である。

ただし価格が高い。無駄に高いのである。

それに付け加えて1.2GHz Corem3プロセッサというのがひっかかる。

MacbookAir

その点MacbookAirは近年ではマイナーチェンジのみの対応ではあるものの既存のノート型Macには無いUSB3.0などの汎用インターフェイスも備え、また学生に売れるPCの名前をほしいままにしている事実通り、Macの中でも価格が極端に安い。

またCPUも標準でCorei5,メモリも8GB搭載と申し分ないのである。

ただ唯一欠点として今時にふさわしくない画面の解像度の低さ(1440×900)、また長らく外観をアップデートしていないせいで簡単にいうとダサいのだ。

すこし旧時代的なベゼルであったりするのが残念なポイントだ。

MacbookPro

そして最後に残ったMacbookPro。

これはMacノートブック史上常に最高スペックということもあり仕様は申し分ない。

ただ現状最軽量のMacbookに比べて重たい、太い、高いの三拍子が揃っている。

悪口のようになってしまったが真実なのでしょうがない。

ということでギリギリまで悩んだが、長く使っていく上で重たいというのは悪だ。ということで選択肢から外すことにした。

あとはMacbookAir。

当時私はMacbookAirを使っていたこともあり良い思い出はあるのだが、如何せんダサい。

そしてiPhone,iPad,iMacとRetinaディスプレイに慣れてしまった私にはどうしてもMacbookAirの低解像度は我慢できない。

これは予算がどれだけ安かろうが、我慢ができないのだ。

そんな経緯もありMacbookを購入することを決意するのだが、一体どのような形態で購入するのかは次回にテーマである。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでお得に買い物をするなら、『Amazonギフト券』のチャージがオススメです!

 

現金でチャージするたびに、チャージ額×最大2.5%のポイントが手に入ります。

Amazonギフト チャージ一覧表

『誰でも・何度でも』対象ですよ!

1円単位で購入できて、実質2.5%引きになるのでかなりお得!

しかも今なら初回チャージで1000円分のポイントもキャッシュバック!

めちゃくちゃお得なサービスなので是非活用しましょうね!

Amazonプライム会員なら使わないと損ですよ!

\\\詳細・チャージはこちらから///

オススメ記事:2
VODサービスをお探しならこちら!→ 【2019年】動画配信サービスの選び方5選!失敗しない方法を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で300日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!