電動スクーターnotte V2に試乗してきた

どうも@gudaogudaoです。

タイトルの通りにはなりますが、電動スクーターnotte V2に試乗してきた。

たまたま今年は5月なのに黄砂が酷くGW最終日前日の昨日、車を見るとまだら模様で宛ら希少種・マレーバクであった。(マレーバグがわからない人はggってね!)

さすがに汚いなーと思いながら娘と公園に向かい出発し、ウォッシャー液と共にワイパーを動かすと2/3は拭き取れていない。

まったくワイパーが意味を成していない。

よくよく見ているとワイパーゴムがブレードから離れておりベロンベロンであった。

ふらっとよったオートバックスでnotte V2発見!

ボロボロな車を前にこれではダメだと一念発起し近所のオートバックスへ行くことに決めた。

すると入り口にこんなものが。

EVスクーターだと・・・

しかもV2V1もあったのではないかと予感させるネーミングである。

スクーターといえばホンダのスーパーカブといった旧時代的な発想しか持ち合わせていなかった私には衝撃であった。

詳しく調べてみるとMSソリューションズという会社の製品だそうで電気のみで走行可能・またバッテリーも室内に持ち帰って通常の100Vのコンセントから充電できるそうだ。

https://www.mssjapan.jp/xeam/notte/

重量も軽く、見た目も可愛い、それでいて通常のスクーターが1kmあたりガソリン代で3.4円かかるところをnotte V2では1kmあたり電気代なんと0.5円で走るという。

スーパーカブもびっくりだ。

飛脚も足袋を脱いで走って逃げる。

現在家を計画中で、引っ越した時に近所へのちょっとした用事のためにスーパーカブでも買おうかなとおぼろげながらに考えていたのでドンピシャであった。

たまたま前日に計画中の我が家のオール電化ついでに嫁と電気自動車の話題を語り合っており、GW最終日には思いたったら吉日で電気自動車に試乗してきたくらいのタイミングであったため更にドンピシャである。

ありがたいことに試乗も出来るらしい。

ただなんとなく気恥ずかしさが先立ち、その日は帰宅することにした。

ただ翌日ずっと悶々していたので最終的に再度お邪魔して試乗することにした。

スポンサーリンク

notteV2に試乗してみることにした

気恥ずかしさから店員が話しかけてくれるまでnotteV2の前でウロウロしていた。

完全に不審者である。

数分まつことカモに思われたのか店員が話しかけてくれたことをいいことにまんまと試乗させてもらうことに。

同意書にサインし、notteと同系色のヘルメット装着し、店員のお兄さんに爽やかに促される。

若干の汗を脇に感じながら、右のアクセルペダルを捻る。

おぉ・・・ガソリン車にはないスムーズな走りだし、またエンジンがないので音もない。

久しぶりにスクーターにまたがったことから小学四年生の初めての自転車講習並みにハンドル操作はグラグラであったが、非常に爽快そのもの。

一周程度走り終え、店員に本体を預け逃げるように帰ってきたのは内緒である。

なんとなく気恥ずかしかったのだ。

スポンサーリンク

試乗してみた感想

非常に良いと言わざるを得ない。

スクーター自体にも荷物掛けのフックやUSBポートを装備するなど実際の利用シーンに即した心配りの装備がありがたいところである。

スクーターでのお出かけといえば近所のコンビニへ!といったシーンが多いだろうが、そんな時にこのフックは役にたつし、USBポートでiPhoneも繋げるから充電しながらMapの活用も可能である。

また以前バイクを運転していたものからすると意外と嬉しかったのが、座席下の格納部。

半ヘルメットくらいなら座席したに格納できるそうでそういったところもgoodである。

是非新築時には購入を検討していきたいが、そんなに用途があるかは不明である。

電気スクーターなのでネットで買うのも一つかも!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・VOD・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、350記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で300日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新! ※詳しくは『著者プロフィール』をごらんください!