Apple WacthでMacのロックを解除してみた話

なにか使い道は無いかと購入したApple watch Series3

AppleWatch Series3が発売になり、LTE対応になったことで電話&メールやリマインダーなども手元にiPhoneがなくても連携可能、また電子マネーでsuicaやクイックペイなども使えることから、これさえあればiPhoneを持たずに散歩ができる!と、とりあえず購入!

しかし実際購入してみると主に目覚ましと通知機能(振動で確実に気付ける通知は便利なんだけどね)のみにしか使用していない・・・

電子マネーの決済には結構使っているんだが、この辺については今後綴って行きたいと思う。

※ただし電車の場合左腕に装着していると逆手側に改札がくるため、アクロバティックな動きが必要になる。

上記はさておき、この現状を打破したく色々調べている中でこんな記事を見つけた。

macOS Sierraの「Apple Watchで自動ロック解除」が便利すぎる

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1609/23/news085.html

なんとMacの自動ロックをApple Watchとの連携機能で解除できるというではないか。

なぜ今まで知らなかったのか・・・

情弱とはまさにこのこと・・・

実際私も愛機のiMacは基本的に自宅でしか使用していないので当初はスリープ解除設定はパスワード無しにしていたのだが、気付くと嫁や子供に触られ、めちゃくちゃになることを恐れパスワードロックをかけることにした一人である。

自宅にも関わらず逐次パスワードロックを解除することに少なからず面倒臭さを感じていた中だったので、この情報は寝耳に水、渡りに船であった。

実際に試してみた。

まずはMacの「システム環境設定」を開く。

次に「セキュリティとプライバシー」を開き、

おぉ!確かに「AppleWatchでこのMacを解除できるようにする」の項目がある。

なぜ今まで気づかなかったのか・・・

さっそくこちらをオンに。

試してみた!

Applewatchを装着でスリープを解除。

おお自動的に認証開始し始めたぞ。

ものの2秒でロック解除。

一体今までの苦労はなんだったのか・・・

ちなみに外した状態で近くに置いていた場合当然認識しませんでした。

またApple Watchのロックは解除して、装着せずに近くに置いた状態でも認識はしませんでしたので、あくまで装着していることが一つの条件みたいですね。

AppleWatchの使用用途に物足りなさを感じているMacユーザーはぜひお試しください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

誰が使っても美しいデザイン
グダグダブログでは 『アルバトロス』を使用しています!

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT・ガジェット・ゲームが好きな30代既婚者。 特にApple大好き! 営業マンが本業だが、酒の勢いでブログを開設してしまった結果、200記事を超えて記事を投稿するほどブログにどハマり中。 現在は毎日更新を実行中で100日連続更新を達成! 目指すは365日連続更新!